掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (9月5日  小諸市久保より)
P2250181
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2017年08月14日
とりとめのない散歩  浅間山麓 仏たちと山々と・・・
1
台風一過・・・

最近浅間山を見ていないなと・・・
今回は千曲川でなく、浅間山の方へ坂を登ってみました。

高峰山はよく見えたのですが・・・


2
ブロッコリー畑・・・

小諸はブロッコリーの名産地です。

空は良く晴れているのですが、八ヶ岳は雲のなかでした。

3
でも、不思議に富士山は見えました。

「♪ 頭を雲の上に出し・・・」だったかも・・・

5 (1) 5 (2)
路傍の石仏・・・
蓮をもっている観音さまですから、聖観音ですね。

「文化十一甲戌年 五月吉日」とあります。
私も戌年の五月、私より十一周り先輩、何の関係もないのですが、何か嬉しくなります。

6
石仏の前の道を行ってみます。知らない道というだけで・・・
でも行き止まりというか、藪に阻まれて撤退・・・
よくあることです。

別に用事のない散歩、行けないと分かったことが収穫です。

7
蕎麦が目を出していました。

蕎麦には夏蕎麦と秋蕎麦があります。
しかし、北海道や、このあたりの長野県の高冷地では年一回の単作で夏蕎麦、秋蕎麦の区別はありません。このあたりでは、夏蕎麦は花が咲いても実が、ほとんどつかないそうです。

蕎麦は「蕎麦75日」という、短期間で収穫できる穀物です。種をまいて一週間ほどで芽がでて、1ヶ月で花、そして、2〜3カ月で収穫・・・

今月末には素敵な白い花が咲きます。収穫は十月、そうすると新蕎麦のシーズンです。
本格的な秋も間近です。

8
ミソハギの咲くこの道なら上に行けるかなと・・・

11
正解でした。

大分登って棚田を上から見下ろします。
小諸はこんな坂の町です。

12
この平らな台地のような山は三方ヶ峰・・・

湧きたつ雲・・・

今日は雷があるかな・・・

15
雷は嫌だねとアオサギ・・・

17
小諸市立高原美術館・・・

小諸の町と反対側の菱平地区から見ています。

浅間山の眺望のいいところなので、浅間山がよく見えたらあそこへ行こうかなと来たのですが・・・

遠回りして、同じ高さまで登ってきました。ここは少し下りましたので、上に見えますが・・・

20
浅間山の外輪山は見えるのですが・・・
本体は雲の中・・・

25
今年登った水ノ塔山の火口壁は荒々しく・・・
あそこは涼しいかなと・・・

35(1) 35 (2)
町へ戻ることにしました。
後平集落を通り抜けて、滝原地区・・・

薬師寺という無住の寺が・・・
薬師寺は、江戸末期の嘉永2年、滝原集落の北東のはずれにあった遍照寺の焼失により、この地に建てられたとも言いますが、確証はないようです。
薬師寺は、市内にある成就寺の末寺なのですが、もう廃寺といった感じなのですが・・・
かつては地区の保育所だったこともあるそうです。

このお堂には小諸市重要文化財、鎌倉時代の木彫りの十一面観音がありましたが、今は地区の公民館に移されて保管されているそうです。

でも本堂前の両脇の左右の石造りの金剛力士像(仁王)が好きですので、御挨拶してきました。元禄時代中頃の迫力があるあるとともになんとなく親しみを感じる仁王様です。

37
一寸秋の先取りをしている石碑・・・
之では何の碑か判りませんが・・・

38
諸集落に下り辨天清水で一休み・・・

お盆に来るお客様のための珈琲用に2リットルほどの水を分けて頂きました。

50 (1) 50 (2)
大里の道祖神・・・

昨年はこの後ろに家があったのですが・・・
やはり寂しさを感じます。

余白に一枚
P2230781
今年のお盆の馬と牛・・・
キュウリの馬は、近くの八百屋さんでスーパーなどの規格品でなくて、本来は売れないもの・・・
小さいのですが、U字のものも青森から来た孫がこちらも作るというので作りました。恐竜みたいと喜んでいました。

[ 投稿者:オコジョ at 08:13 | 小諸 風景 自然 | コメント(6) ]

この記事へのコメント
胡瓜
あれだけなった胡瓜も さすがに終わりかけています。枯れた葉 枝を整理して すっきりさせましたが 秋に向けての 地這い胡瓜を 植え忘れています。お盆のお参りは お坊さんが 来てくれる時間がはっきりしないのですが やっと終わりました。これから自分の好きなことができます。
投稿者: 小紋 at 2017-08-14 20:27:24
小紋さんへ
おはようございます。
こちらもキュウリは終りですね。
少し前まではたくさんキュウリを頂くようになりました。
このキュウリが八百屋さんの店頭に並ぶのはお盆だからですね。お盆の馬には貴重です。
一昨日から孫が来て、賑やかです。昨夜は花火で大喜びでした。
あと3日ほど遊んであげようと思っています。
投稿者: オコジョ at 2017-08-15 09:24:03
無題
そちらは良いお天気のようですね〜〜
お孫さんいらして、楽しく賑やかなお盆ですね^^

私たちも孫を連れて、義姉に厄介になりに行きました。相方にすれば、父が居なくても、お盆の里帰りはしたいようです。孫も甥の子どもと花火をして楽しんでました。
もっとも、今年の帰り道は近年まれな、ものすごい渋滞で疲れ果てました^^;
投稿者: われもこう at 2017-08-15 16:17:19
われもこうさんへ
今晩は
この日は、午前中は・・・
古語は雷雨でした。梅雨あけ宣言後はう夏空はほとんどなし・・・
梅雨の時は夏空ばかりだったのに・・・

孫が゜花火を楽しみにしているのですが、今日も雨でした。
明日は花火だと・・・
滞在もあと少し、信州らしい風景を見せたいのですが・・・
神に祈っています。
投稿者: オコジョ at 2017-08-16 07:33:01
こんばんは
お蕎麦って、そんなに早く収穫できるんですか。
それに≪夏蕎麦は花が咲いても実が、ほとんどつかないそうです≫
初めて知りました。
それにしても、美しい景色ですね。
お隣の町なのに、佐久とはずいぶん景色が違います。
坂の町で育ったので、坂がたくさんある小諸は素敵だと思います。
住んでいる方は、上り下りが大変そうですが。そんなものだと思っているので何とも感じないでしょうね。小樽の時には何とも思いませんでしたものね。
投稿者: 万見仙千代 at 2017-08-16 22:05:54
万見仙千代さんへ
おはようございます。
暖かい方だと、夏蕎麦もしっかり実がつきますので、年に2回蕎麦が採れます。ても秋蕎麦の方が美味しいそうですが・・・
佐久平の盆地と浅間山麓では風景はかなり違いまいね。岩村田育ちの妻は小諸は坂ばかりと言います。
気楽にこの辺りまで行けるのは電動自転車のおかげです。
投稿者: オコジョ at 2017-08-17 08:37:51

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000536897.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 5 x 3 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら