掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (9月30日  軽井沢 矢ヶ崎公園より)
P2260751
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2017年05月07日
新しい緑   命萌える時・・・  落葉松と白樺の芽吹き
落葉松 
1
柔らかな、本当に優しい緑に、柔らかな朝の柔らかな日が落葉松林に当たって・・・

浅間山麓の初夏を告げる落葉松の芽吹きの季節・・・
そんな清々しい朝でした。


3
標高1000メートルあたりにある温泉で泊まって、朝の散歩・・・

丁度、落葉松の芽吹きの時期・・・
こんな素敵な道でした。

6
冬の樹の幹と枝はじっと冬を耐える色・・・

その中で、こんな鮮やかな緑が春を待ち焦がれている。
毎年同じこと繰り返し・・・

しかし、いつも命、萌える時は新しい季節の輝きに満ちています。

7
それにしても、この葉っぱの軟らかさ・・・

頬ずりをしたくなるような・・・

9
空に向かって 一気に落葉松の木が緑の炎となっているような・・・

やがて淡緑から深い緑へと・・・

初夏が山を登っているようです。


白樺
11
落葉松の尾根の前で、こちらは一人立っている白樺・・・
季節は落葉松にも白樺にも公平にやってきます。

12
暖かな陽を浴びて、空へと新しい命が背伸びをしているようでした。

13
白樺は花盛り・・・・

これが花・・・
実じゃないのと言われそうですが・・・
この垂れ下がっているのは雄花です。雌花は慎ましやかで。この写真では判りません。

やがて、このまま房のまま、散るというか、落ちます。
一つだと虫みたいに見えたりします。

ちゃんとこの花にも花言葉があります。
しかも3つも

「あなたをお待ちします」
「光と豊富」
「忍耐強さ」

[ 投稿者:オコジョ at 07:48 | 花 植物 | コメント(4) ]

この記事へのコメント
美しいですね☆””
おはようございます。
あまりに美しい落葉松の芽吹き。
陰影が詩をかたっているようですね。
白樺も懐かしく~
リンクさせていただきました。ありがとうございました。
投稿者: ルピナス at 2017-05-08 06:36:16
ルピナスさんへ
おはようございます。
朝の斜光線は素敵な芸術家です。
ここは菱野なのですが、日が当たった瞬間に落葉松が輝いたようでした。
直ぐ緑が濃くなりますので、良い時に訪れました。
リンクありがとうございます。
投稿者: オコジョ at 2017-05-08 08:26:12
無題
杏のほんのりピンクも良いですが、落葉松の柔らかい新緑が素敵ですね。
生き生きとした生命力がうれしいです。
投稿者: われもこう at 2017-05-09 16:24:35
われもこうさんへ
それぞれに、それぞれの良さがありますね。
落葉松がこの色になるのは一瞬・・・
直ぐ鮮やかな緑に変わります。
芽吹き、そして花を付け。実をつけて、落葉・・・
忙しい一年を落葉松は駆け抜けるようです。
投稿者: オコジョ at 2017-05-09 20:53:02

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000530778.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 7 x 7 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら