掲示板お問い合わせランダムジャンプ

烏帽子岳・夏山 (7月9日 湯ノ丸山より)
P2200011
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2017年05月02日
軽井沢をほんの少し・・・
1
連休初日の軽井沢矢ヶ崎公園からの浅間山・・・

真っ白な山から残雪の山へと春らしい姿となってきました。
でも昨日は雨で、また白くなっていました。この時期の雪はすぐ解けますが・・・


2(1) 2 (2)
軽井沢駅前の欅の木(左)・・・
まだ、寒いよと冬のままです。
軽井沢はこの時期、一日の気温さが大きいのが特徴です。(小諸もですが・・・)

朝は霜が降りたかと思うと、昼間は20度を越えてみたりします。
気温差20度というのも珍しくありません。今日も霜注意報が出ていました。天気は良く、20度近い気温差になりそうです。

右は桂の木・・・
こちらは春が来たよと、芽吹き始めました。
まだ赤味を帯びていますが。すぐ柔らかな緑になりれます。

今年の花は遅めでしたが、芽吹きは例年より、一週間くらい早い感じです。

この日(4/29)から6月5日(月)まで軽井沢の新緑まつりです。

3(1) 3 (2)
旧軽井沢の入口の「駅舎 旧軽井沢」・・・

今は土産物店と蕎麦屋さんですが、大正4年(1915)から昭和35年(1960)まではここは草軽電気鉄道の旧軽井沢駅でした。この裏側に線路がありました。
当時の写真を見ると可愛い列車ですね。

5
草軽電気鉄道は大正4年(1915)にスイスの登山鉄道の真似をして浅間山と草津との2つの高原を結ぶ鉄道として誕生します。はじめは新軽井沢駅・小瀬駅間でしたが徐々に路線を伸ばし、大正15年(1926)には草津温泉駅までの全線55.5kmが開通して、軽井沢は草津の入口になりました。
しかし、終戦直後の昭和21年(1946年)は、46万人という乗客が最高で、戦後はバス路線の開通に加えて、当時の国鉄の長野原線の開通で、乗客は減少をたどり、昭和35年(1960)には台風で橋が流されに新軽井沢〜上州三原間が廃止になり、残る上州三原〜草津温泉間も昭和37年(1962)廃止になりその歴史を閉じました。

この道はその鉄路の跡です。今は軽井沢人気スポットの白糸の滝への道です。

6
旧軽井沢銀座・・・

本場の銀座より凄そうです。

五月の連休や夏の軽井沢というのは行きたくないのです・・・
しかし、この時期は素敵な音楽会があって・・・
この日もそんなコンサートの付録の散歩でした。

7
山菜も売っていました。

でも高いですね。軽井沢価格ですね。地元の人間なら手を出さないでしょうね。

この日、碓氷の山の中で、タラの芽をほんの少し採って天ぷらにしました。たくさんはいらないですね。季節を感じられれば良しとします。

8
少し旧軽井沢銀座を歩きましたが、買うものもなく、さっさと横道へ・・・
銀座から10m入るとこんなです。さっきまでの喧騒が嘘みたいです。

9
諏訪神社・・・

静かな道を選んで大賀ホールに向かいます。

10
諏訪神社の石碑2つ・・・

「道祖神」と「大衝神」・・・

「道祖神」はたくさんありますが、「大衝神」は珍しいですね。私はここでしか見たことがありません。この碑も道祖神の一種でしょうね。

『古事記』では、黄泉の国からイザナギはイザナミに追われて逃げ帰り禊しますが、それまで使っていた杖を捨てると、その杖から衝立船戸神(つきたつふなどのかみ)が産まれたとされています。日本書紀では岐神(ふなど または くなど)となっています。
「くなど」は「来な処」と書きます。「きてはならない所」という意味で。道の分岐点、峠、あるいは村境などに祀られる、集落に悪霊や敵が入らないようという結界の神です。
この岐神が道祖神の原型です。

「大衝神」は「衝立船戸神」のことだと思われます。ということはこの石碑も「道祖神」ということのようです。

11 (1) 11 (2)
諏訪神社の御神木の欅・・・

この諏訪神社の社叢は軽井沢町指定文化財天然記念物として指定されています。13余種の高木があるそうです。

12
上の欅とは違った欅の巨木・・・

小学高の低学年くらいでしょうか・・・
女の子が欅に手を合わせていました。

何を祈っていたのでしょうか。
願いがかなうといいですね。

13 (1) 13 (2)
矢ヶ崎川に沿って矢ヶ崎公園の大賀ホールへ・・・

左の写真の諏訪神社あたりの矢ヶ崎川は水がありませんでした。

矢ケ崎川は水はけのよい浅間山の火山灰のため上流で雨がふらないと途中で流れが地中に潜ってしまい水無川となる場所があります。逆に、大雨の後や、雨が続くと、勢いよく川幅一杯に水が流れます。

上流の大宮橋辺りには水あるか内科は、お天気の気持ち次第と「お気持ちの道」という道と名前になっています。ここも「お気持ちの道」のようです。

左の道は、サナトリウムレーンから二手橋を見ています。

連休の軽井沢駅にも人通りの少ない道はあります。というよりも人の集まるところは決まっているともいえます。
ここも、静かな矢ケ崎川沿いのサナトリウムレーン・・・
この辺りでは水は少ないですが、現れていました。

この道は堀辰雄の「美しい村」に登場するサナトリウムのモデルとなった「軽井沢サナトリウム」のマンロー病院があった道です。堀辰雄の愛したアカシア並木から「アカシアの小径」堀辰雄が恋人とささやきながら歩いたから「恋人達の小径」「ささやきの小径」など、いろいろの別名があるようです。

大賀ホールはもう少し、今日の散歩はここまでです。

[ 投稿者:オコジョ at 08:06 | 軽井沢・御代田 | コメント(2) ]

この記事へのコメント
高ーい!!
さすが軽井沢。
山菜が高いですねぇ。
赤坂の3倍以上しますよ。
確かに土地の人は買わないですね。
サナトリウム
この言葉の響きが、何とも言えずにロマンティックなんですよね。
当時の病人の方々は、そんなことを言っていられない状況だったんですけどね。
不治の病って、お気の毒でしたよね。
投稿者: 万見仙千代 at 2017-05-03 20:54:58
万見仙千代さんへ
昨日は。根曲竹と、タラの芽とコゴミを頂きました。
山菜はこちらでは自分で採る人が多いですから、買うものでないと思っている人が多いですね。
山菜の値段はほとんど場所代なのでしょうね。

サナトリウムというと堀辰雄の 『風立ちぬ』や『菜穂子』など軽井沢ですね。
トーマス・マンの 『魔の山』にも登場していますね。
ジブリの『となりのトトロ』

サツキとメイの母が入院する七国山病院もは、東村山の結核病院がモデルとか・・・
こちらはそうしんこくではないですが・・・
私の父も結核になったことがありました。
そのために退職、転職して東京へ・・・
色々な人の人生を変えていったようです。
投稿者: オコジョ at 2017-05-04 07:53:28

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000530425.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 2 x 4 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら