掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (9月5日  小諸市久保より)
P2250181
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2017年04月20日
東京湾を囲む旅5 野島碕灯台 房総半島最南端・・・(千葉)
1
房総半島の最南端の野島崎(のじまさき)に立つ野島埼灯台・・・

「日本の灯台50選」灯台のある場所は野島崎ですが灯台の正式な名称は野島埼です。崎

灯台を管理する海上保安庁は灯台には地名の「崎」でなく「埼」使います。これはすべての灯台をこうしています。
海上保安庁が刊行している海図は「埼」を使っています。
 「埼」と「崎」の違いは、海図では海洋に突出した陸地(平地)が水部へ突出したと陸地の突端部だそうです。これに対して「崎」は山の様子のけわしいという意味で、本来は平野に尾根が飛び出した「山地の鼻」だそうです。灯台は海に飛び出した地形として「埼」なのだそうです。漢字というのは外国の人から見ると不思議な世界なのかもしれませんね。ローマ字なら「SAKI」です。海図も「SAKI」だそうです。


2
野島埼灯台が見えてきました。・・・

やはり「日本の灯台50選」は違いますね。
「日本の灯台50選」は海上保安庁が「 あなたが選ぶ日本の灯台50選」として一般の投票に募って選ばれた灯台です。

義父が疲れる前について良かったと・・・

でも大変なのはこまーの後だとは考えなかったオコジョの愚かさ・・・

3
スコットランド民謡にロッホ・ローモンドという歌があります。私意図が好きな曲なのですが・・・

そのリフレインは
「あなたは、高い道を行くがいい、僕は低い道をたどる。そして僕が先スコットランドのロッホ・ローモンド(湖)につくだろう。そして愛しい人にもう一度逢うことはないだろう・・・」

この歌には歴史に基づく意味があるのですが、それは割愛します。

孝歌と反対に僕は高い道を行き、他の四人は下の道を行きました。
ちょうど同じときに一緒なりましたが・・・

5 (1) 5 (2)
厳島神社の参道にて・・・

左は芭蕉句・・・
   あの雲は 稲妻を待 たよりかな 

雲で嵐になるという句ですが、稲は稲妻を見て実をつけると言われることから「稲の夫(つま)」という解釈とすると微妙な解釈になるとか・・・

右は、そんな微妙さはなく、五穀豊穣と、それより子宝・・・

人口減少に向かう未来・・・・
未来を背負う子供たちが増えるといいのですが・・・

6
厳島神社・・・
その説明はやめましょう・・・

今回は灯台ですから・・・

13 (1) 13 (2)
灯台は丸いというイメージがありましたが、ここは八角でした。
この方が作り易そうですね。

幕末の慶応2年(1866)にアメリカ、イギリス、フランス、オランダの4ヶ国と結んだ「改税条約」(別名・江戸条約)は8ヶ所の灯台(観音埼、野島埼、樫野埼、神子元島、剱埼、伊王島、佐多岬、潮岬)を作ることを約束していて、別名「条約灯台」ともいうそうです。その一つがこの灯台だそうです。
そして明治2年(1869)にフランス人技師、ウェルニーが設計によって完成した日本最初の洋式8灯台のひとつです。完成は2番目だそうで、その時から八角だったそうです。

しかし大正12年(1923)の関東大震災で地上 6 m の場所で折れて真二つになってしまいました。凄い光景だったでしょうね。地震は怖いですね。

大正14年(1925)二再建されたのが現在の灯台だそうです。

7 (1) 7 (2)
外は八角ですが、中は丸くて螺旋状に塔高29 mの塔の中に100段の階段・・・

妻は乗物にすぐ酔う性質でくるくる回るので眩暈が起きそうだったとか・・・。

最後は急な階段というより梯子が2段・・・

8 (1) 8 (2)
92歳の義父が心配だったのですが・・・
義弟のサポートで登り切りました。

高いところは好きなのと、好奇心旺盛です。大したものです。

9
平均海面38 mより、海を照らす灯火・・・

これ以上は登れません。現役の灯台ですから当然ですね。
でも、こうして内部を登れる灯台は少なく貴重だそうです。

10 (1) 10 (2)
灯火のところは登れませんが、塔の周りの展望台から素敵な海の眺望が楽しめます。
ただ、妻は高いところは苦手で、壁に張り付いていました。

11
こんな展望です。

12
この日の海岸はほとんど南房総国定公園・・・
その雄大な太平洋のパノラマの高みの見学でした。

太平洋は広いですね。

15
灯台のそばでは近すぎて記念撮影ができないと。この広場に降りました。

みんなはここまで・・・

16
私は一人もう少し岬の先まで足を延ばしました。

ここは「最南端の碑」がありました。

最南端は房総半島の最南端です。島を除く関東の最南端でもあります。

17 (1) 17 (2)
伝説の岩屋???・・・

源頼朝公が雨宿りをした洞穴とか・・・

まさか・・・

何とも奇態な海神様・・・

アップする価値はないなと思いながらアップしてしまいました。オコジョも俗人のようです。

18
海神よりももこの波の方に海の底知れない力を感じるのはオコジョが山の中野住民なのかもしれません。

20
美しいものの方がいいですね。

21 (1) 21 (2)
こういう岩の海神(怪神)の方が素敵です。

[ 投稿者:オコジョ at 07:39 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]

この記事へのコメント
こんばんは
野島埼灯台
こんな字を使うんですね。
東京時代、この近くの根本海水浴場で何回か泳ぎました。
もちろん灯台にも行ったんですが、詳しい事って憶えていないものですね。
高所恐怖症の私だから、奥様と同じで壁に張り付いていたはずなのに。
千葉は東京から近くて気候も穏やか、行きやすい観光地ですよね。
それにしてもお父様は凄い!
私の母は、90になった途端、あっちが悪いこっちが痛いと言い出したので、こんどお父様の事を話してはっぱをかけておきますね。
投稿者: 万見仙千代 at 2017-04-21 20:22:44
万見仙千代さんへ
こんばんは
野島埼灯台に行かれたことがあるのですね。美しい灯台ですね。
登って見ると高いですね。
こんなに大変とは思いませんでした。岐阜は良く登ったと思います。今回の旅で、ここが一番印象に残ったようです。
白浜には沢山の海水浴場があるようですね。私は日本海側だけですね。
泳げないので。子供の見張だけですが・・・
投稿者: オコジョ at 2017-04-21 22:36:37

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000529769.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 4 x 1 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら