掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (5月7日 信濃追分駅より)
P2120860 ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2017年04月17日
「天下第一の桜」 タカトウコヒガンザクラ(高遠小彼岸桜)
2
「天下第一の桜」なんて信州の片田舎で生意気だと言われそうです。

日本さくらの会選定の「さくらの名所100選」には選ばれていますが、本当にそうなのか・・・
「日本三大桜」というのがあります。「三春滝桜(福島県)」「山高神代桜(山梨県)」「根尾谷淡墨桜(岐阜県)」です。そして「石戸蒲ザクラ(埼玉県)」「狩宿の下馬桜(静岡県)」が加わると「日本五大桜」、十大桜というのはないようです。


3 に植えられた約ほかに日本三大夜桜というのがあって「弘前公園(青森県)」「上野恩賜公園(東京都)」「高田公園(新潟県)」だそうです。三大桜と五大桜は一本の巨木が対象ですが。日本三大夜桜はその咲いている場所が対象ですね。

もう一日本三大名所があるそうです。日本人はランキングが好きなようでいろいろありますね。
こちらは登場済の「弘前公園」と「高遠城址公園(長野県)」と「吉野山(奈良県)」だそうです。ようやく登場ですね。

私たち夫婦がよく使うバスツアーで「高遠城址公園の桜まつり」のツアーがありました。奥さまは「たかが桜」と申し込みませんでしたが、バスの台数を増やして、追加募集がありました。
車のない私たちには行きにくいところでしたので行ってみようかと・・・・

8
「たかが桜」といいますが、「さくらの名所100選」は大勢の花見が対象で、古木の一本桜だけでは選ばれないようです。

信州を見ると、「さくらの名所100選」は、ここ高遠城址公園と、昨日紹介した、私の町の小諸の小諸城址懐古園、須坂市の臥龍公園と大勢の人が集まった集えるところが多いようです。

ここも沢山の花見客でにぎわっていました。

1
ほとんどの「さくらの名所100選」の桜はソメイヨシノが主体です。

しかしここは「タカトオコヒガンザクラ」「という1,500本の桜で埋め尽くされています。

タカトウコヒガンザクラは、エドヒガンザクラとマメザクラ、またはキ ンキマメザクラとの交配種のコヒガンザクラですが。この土地、高遠固有の桜として平成2年4月20日に高遠で行われた「国際 さくらシンポジウム」で、桜研究会の林弥栄会長により「たかとう(高遠)」の名前として命名されたそうです。

6
高遠城址公園のタカトウコヒガンザクラは花の大きさは小さめですが、ピンク色の色合いが強く鮮やかな花を特徴とします。

高遠城は明治の廃藩置県で、取り壊された明治8年ころに河南の小原地籍、桜馬場にあった桜を植樹して、そのあとも同じ種類の桜を植え続けたそうです。それがタカトウコヒガンザクラだったのだそうです。初期に植えられた桜は100年を越えているそうです。
公園の中はとにかくタカトウコヒガンザクラしかないといってもいいくらい桜で埋め尽くされていました。

5
今年は全国的に桜の開花と満開の時期が遅れたようですね。
こんな桜が多かったですね。

高遠も一週間前に開花宣言されたのですが、桜の中でもぱっと咲いてぱっと散るのだそうです。

バスガイドさんは一週間前にも、都会のお客さんを案内したそうですが、一週間あとに私たちのツアーがあって、その時は満開で生といったそうですが。この日の発表は三分で、こんなことは珍しいといっていました。一週間前でなくて良かったです。

この桜は花の咲く前の壺ものピンクの色の濃いのが特徴で。咲いていなくてもきれいでしょうと都会の人父に説明したそうですが、やはり咲いていないと寂しいですね。

7
この桜は花は小さいですが、背が低くく木全体が小さくまとまって丸みが感じられ可愛らしさがあります。そして、このように赤みの濃いピンクの小花が枝にびっしりと咲きます。ソメイヨシノと違った華やかさがあるようです。花数が多いので賑やかですね。

11
桜が好きには良く知られて全国から花見に訪れ根人がいるそうです。

13
「タカトウコヒガンザクラ」はソメイヨシノよりも比較的開花が早くいそうです。
ただ、日当たりにより、桜の開花に差があり、メインの入口のあたり、ほとんど蕾でしたが、南側のゲートは、このように見ごろを迎えつつありました。

15
このタカトウヒガンザクラは、外部に持ち出し禁止で苗を手に入れることはできないそうです。門外不出の伊那の花といえそうです。ですからこの桜を見たかったらたかとうにおいでくださいということになります。

16
ただ、姉妹都市などの友好都市には植樹され、東京の新宿御苑に高遠藩の江戸屋敷があった関係で新宿駅東南口広場に2本のタカトオコヒガンザクラが植樹されていて、花を楽しむことができるそうです。

17
桜は色々な酒類がありますが、いずれもサクラ科サクラ属でみんな仲間だそうです。
その中で原種とされる桜は10種ですが・・・
自生しているものは「山桜」で、人が交配した園芸種を「里桜」といいますが、そちらは300種類以上もあります。



19
蛇足ですが、「八重桜」は八重咲きの桜の総称で、特定の桜の品種ではありません、
また枝垂桜も、品種ではなく、江戸彼岸桜系統の園芸品種です。

上に揚げた日本三大桜も江戸彼岸桜の系統の桜だそうです。ソメイヨシノと較べると遥かにで、丈夫で長生きであり、老木があり巨木が残っています。

21 (1) 21 (2)
伊那のマスコットのゆるキャラの「イーナ」ちゃんも花見に来ていました。

25
ここは、花の下で花見ができます。

30
我が家の花見弁当・・・

「」峠の釜めし」で有名な荻野屋さんのお弁当です。
ツアーについているものですが。美味しかったです。

P2100035
全体的には、こんな感じでした。
でも暖かくなって、今は見事だと思います。

[ 投稿者:オコジョ at 12:15 | 長野県中南部 | コメント(6) ]

この記事へのコメント
こんにちは
高遠城ですか。
一度だけ、桜のことを考えずに行ってしまったことがあります。
私としては、仁科信盛の悲劇の城跡を訪ねようと思って出かけたんですが、それがうっかり桜の時期。
もう、ものすごい人で人で、城跡を巡ろうなんて雰囲気は皆無でエライ目に遭いました。
高遠は遠いですね。
峠道をクネクネ走っているだけで気持ちが悪くなり、また行こうという気になれないんですよ。
こうしてブログで見事な桜を鑑賞している方が良いようです。
それにしても美味しそうなお弁当!
投稿者: 万見仙千代 at 2017-04-17 14:55:10
万見仙千代さんへ
こんばんは
仁科信盛、保科正之、絵島・・・
高遠は色々な歴史がありましたね。
とはいっても、ここは歴史ではなく、桜目当ての観光客ばかりですね。
サクラを外せば閑散としていそうです。
ただ。交通の便が悪く行きにくい所で、我が家としてはこの機会にと・・・
でも、やはり人人人でしたね。
高速で伊那に行ってそちらから入った方が、遠回りですが楽かもしれませんね。
この弁当は団体のこの時期の花見用専用で、店では売っていないそうです。
美味しかったです。
投稿者: オコジョ at 2017-04-17 20:44:17
内藤氏
ビッグネームの桜は写真に限ります。人混みで実際に見ることは不可能に近いでしょう。普通に咲いている桜はゆっくり見ることが出来て、その中に入ってしまえば、同じようなもの(^_^)。今年は一週間ほど遅れたような気がします。
日本中のソメイヨシノが皆クローンと言うのは少し不気味です。
内藤新宿の内藤氏は高遠城の城主だったのですね。てっきり旗本の一人かと思っていました。あの新宿御苑が内藤氏の庭園だったことは知っていましたが、その江戸屋敷の庭園だったとはびっくりしました。
投稿者: 謫仙 at 2017-04-17 20:48:04
謫仙さんへ
確かに有名な桜の名所は人を見に行くようなものですね。
ここも車で行くと大変みたいです。桜の時期を外すと観光客は少ないので、近くに大きな駐車場はなく、道は狭くて城につくまでが大変なようです。
観光バスは城の本丸下の勘助曲輪まで入れますから楽です。車や公共交通機関を使うのだったら行く気はしないでしょうね。ただ、信州に住んでいるので、一度は行って見る必要があるかなと・・・

新宿御苑は秀吉から関八州の支配を命じられた家康が江戸城に入城の天正18年に、譜代の家臣の内藤清成に与えた江戸屋敷で江戸時代に高遠藩内藤家の下屋敷でした。
当初は新宿を中心として四谷、代々木、千駄ヶ谷、大久保などを含む約20万坪を越える広大な土地で、江戸城、西から敵から守るという軍事的な目的もあったようです。

甲州街道最初の宿場の内藤新宿を作る時に幕府は高遠藩・内藤家中屋敷の一部や旗本の屋敷などを返上させて、宿場を作ったそうです。高遠藩・内藤家のあることから「内藤宿」となり新しくできた宿場で新宿となったそうです。
投稿者: オコジョ at 2017-04-18 09:17:51
高遠
見事ですね^^

以前出かけた時、駐車場に苦労しました。バスが良いですよね^^

桜は地元以外ではなかなかピタリとは行きませんが、それも良き思い出のひとつです。
こちらの蘆花恒春園にも高遠小彼岸桜の並木があるのですが、今年は立入禁止で残念です。

今流行りの保育園を作る予定が、有害物が埋蔵されているのがわかり、建築も泊まり、桜見物もできません、どこかのニュースサイトのようなハナシです・・?
投稿者: われもこう at 2017-04-25 17:47:23
われもこうさんへ
少し早すぎました。
昨年は早くて。このタイミングだと花は終っていたのですが。桜は難しいですね。

ばすも高遠に行くには早い出発でした。早く、駐車場に入る必要があるからだそうです。

蘆花恒春園にも高遠小彼岸桜があるのですね。豊洲をはじめいろいろと環境問題がありますね。
考えてみると昔の東京は、そういうことを気にしないでごみ処理をしたところが多いようで。今になって問題が出ていくるようですね。
来年は見られるといいですね。

投稿者: オコジョ at 2017-04-25 21:19:03

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000529514.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 3 x 3 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら