掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (9月30日  軽井沢 矢ヶ崎公園より)
P2260751
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2017年04月16日
桜咲きぬ、小諸の里にも・・・   今年の小諸の桜1
1
小諸懐古園三の門・・・

今日の午後撮影・・・
桜に飾られるようになりました。

この桜はソメイヨシノではなくエドヒガンだと思います。


0
こちらはソメイヨシノの花・・・

2
懐古園の入口のソメイヨシノはまだ蕾が多いですが咲いていました。

今朝の新聞には、小諸懐古園は1分咲きとありました。

今日は中には入りませんでした。今週の木曜日に花見に来る予定です。

3
懐古園から千曲川に下っていく道にある、東京電力 小諸発電所の水路鉄管脇の桜は7分くらいになっていました。

日当たりが良いのと、標高が下がりますので、花は早く咲きそろうようです。



5 (3) 5 (5)
坊ちゃんたちが、千曲川に下る道の脇のベンチで花見をしていました。

素適な風景ですね。

話の内容は知りませんが・・・
桜を見上げていましたから、爽やかな会話なのでしょうね。

6
島崎藤村の師の木村熊二の別荘だった水明楼と桜の木・・・

藤村もよく来たところこの窓から千曲川をながめていたとか・・・

7
水明楼から中棚荘・・・


  暮行けば浅間も見えず    
  歌哀し佐久の草笛
  千曲川いざよふ波の     
  岸近き宿にのぼりつ
  濁り酒濁れる飲みて       
  草枕しばし慰む      島崎藤村「小諸なる古城のほとり」より 


藤村が「千曲川いざよふ波の岸近き宿」です。正月はここで私の70歳のお祝いをしていただきました。

千曲川は宿の背後を見えています。

20
中棚荘入口の初恋ポストのそばの桜・・・

9
満開に近いですね。

25
懐古園のコブシのはな・・・

26
こちらはそろそろ終わりです。

30 (1) 30 (2) 30 (3)
桜の花に雀・・・

桜の花はメジロが似合うのですが・・・
スズメなんかといったら、失礼ですね。

雀も一生懸命に生きています。

もうもう一羽やってきて・・・
そばに、ひったりと寄り添って・・・

雀も恋の季節のようです。

[ 投稿者:オコジョ at 16:06 | 小諸 風景 自然 | コメント(2) ]

この記事へのコメント
おはようございます
桜に雀もかわいいですね^^
懐古園も桜の季節ですね。
行ったことはありませんが毎年こちらで見せていただくので季節を感じます。
我が家の桜はすっかり葉桜になってしまいましたが実が付き始めるとまた小鳥たちがやってきます。
桜とメジロ、いいですね。
数年前にいっせいに来たことがありました。

投稿者: アメジスト at 2017-04-17 09:27:51
アメジストさんへ
こちらもようやく桜の季節となりました。
雀はスターにはなれませんが、エキストラには・・・(笑)
私は雀が好き手出す、良く庭に来ますし・・・

我が家の梅の花に時期になるメジロが来るようですが、さっときてさっと帰っていくようでなかなか会えません。
ヒヨドリとスズメ勧めは顔なじみですが・・・
顔なじみも悪くありません。
投稿者: オコジョ at 2017-04-17 20:30:18

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000529474.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 5 x 9 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら