掲示板お問い合わせランダムジャンプ

烏帽子岳・夏山 (7月9日 湯ノ丸山より)
P2200011
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2017年03月06日
上州小幡 歴史が息づく城下町(群馬県甘楽町)5 小幡の古い街並み(後)
1
妙義山の上の浅間山・・・

上州の話なのに信州の山を乗せるなと言われそうですが、浅間山は日光白根山に次ぐ群馬県2番目の高峰です。


2
雄川・・・

雄川堰を紹介してきましたが、この上流から水を取り入れ。小幡の町を潤しています。

この右岸の少し上に楽山園と小幡陣屋があります。
上流から下流に向かって、右側を右岸,左側を左岸と言います。この写真だと、左側が楽山園になります。

17
小幡の城下町に戻ります。

5
曹洞宗宝泉寺がありましたので、立ち寄りました。
小幡の七福神の寺で恵比須様があると案内されていました。

参道の奥のこれが恵比須様???・・・

違いますね。「宝泉寺の薬師様」と書いてありました。

6
一番左は判りにくいのですが、右の二体は薬壺を持った薬師如来のようです。
左は、坊主頭のようですから、地蔵菩薩だとおもいます。
いずれも中世のもののようです。

薬師如来は病気平癒などの現世に功徳のある仏として信仰を集め、病気を治す仏として、広く信仰を集めました。民間療法か、神頼みという感じでした。お薬師様にすがることが多かったようです。
病気には温泉が効用がりその効果を増やして頂こうと、古くからの温泉には温泉薬師のお堂があることが多いです。私のちかくでも、別所、戸倉、鹿教湯など有名な温泉には薬師如来を祀ったお堂があります。

8 (1) 8 (2)
同じお堂の中のこちらは、如意輪観音菩薩・・・

如意は如意宝珠、輪は法輪を指します。このことから法輪を輪じ、一生衆生の煩悩を断ちその願いをかなえると言われます。安産・子安・子育てという女性の守り仏として知られています。

月待の講に女性だけで行う十九夜の仏は如意輪観音で十九夜様(じゅうくやさま)とも呼ばれ女性、子供の守り仏でした。

墓地には大日如来さまもいらっしゃいました。
こちらは厳しく、立派な姿でした。

9
宝泉寺から妙義山・・・

浅間山も写っていますが・・・

10
宝泉寺山門・・・

11
本堂・・・

12釈迦三尊
本尊は釈迦三尊・・・

真ん中は釈迦如来像、右に白象に乗った普賢菩薩、右は獅子に乗った文殊菩薩・・・


13
こちらが小幡の七福神の恵比須様・・・

個人的には。薬師様、如意輪観音、大日如来、釈迦三尊に惹かれます。
でも、恵比須様は人気ですね。

15
延享五年(1748)と刻まれています。
江戸時代中期の徳川吉宗の時代、双体道祖神は江戸末期のものが多いのですが。古いものといえそうですね。

酒を注ぎかわす祝言像でしょうか・・・
世の見るどちらも手を合わせている敬虔な神のようです。

16
桜の頃にまた来てもいいかなと・・・

18
城下町をあとにして、上を見上げると羊・・・

観光的ではないけど、牧場のようです。羊たちも草の萌える春を待っていそうです。

21
帰り道の帰りにあったこんにゃくパークに立ち寄ります。
四年ほど前に一度寄っていますが、その時は「こんにゃく博物館」といっていました。

建物が増えて、人もいっぱいで、人気のようですね。

22 (1) 22 (2)
まずはこんにゃく工場見学…

群馬県はこんにゃく生産日本一。そのシェアは第2位栃木県の約4%なのに約90%と圧倒的です。

「こんにゃく」はビルマ、マレーシア、タイなどが原産で、日本への渡来ははっきりとしませんが、数千年前の縄文時代に伝わっていたともいわれます。
こんにゃくを食べた歴史としては歴史をみると、中国では8世紀にこんにゃく芋を灰汁で煮て食べたという記録があるそうです。日本では平安時代に医薬品または間食用として貴族や僧侶の間で高級食材として扱われたそうです。平安時代は現在と違って一日二食で、その間に間食をしたそうです。では三食では無いかと思われそうですが、寺に例をとると、間食は「糟鶏(そうけい)」といい、こんにゃく薄い味噌煮にして食べたそうです。高野山の文書には仏の供物にしたと書いてあるようですので、庶民には縁はなかったようです。
こんにゃくが庶民の食べ物と無なったのは江戸時代からだそうです。

仏教は肉食を禁じていますので、豆腐と共に精進料理の大切な食材だったようです。

23 (1) 23 (2)
ここの名物の、無料のこんにゃく料理バイキング・・・

こんなにとってしまいました。でもカロリーは少ないです・

変化に富んで、工夫されていました。でも、美味しかったのですが、やはりコンニャクでした。

25 (1) 25 (2)
食べて、そしてこんにゃくを買って、信州へ帰りました。

[ 投稿者:オコジョ at 08:31 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]

この記事へのコメント
煮物
昨日煮物に入れようと こんにゃくを二枚買いました。
ここも 谷の奥の方は コンニャクイモを作っていて売り出しています。豚汁には 欠かせませんね。里芋 人参・油揚げ などとも煮ます。ウオーキングのあと食べた しし汁のこんにゃくは おいしかったです。
投稿者: 小紋 at 2017-03-07 07:50:31
小紋さんへ
こんばんは
そちらでも、こんにゃくの名産地がありそうですね。
豚汁もいいですね。一昨日は我が家も・・・
我が家は昨日はおでんでした。やはりこんにゃくは欠かせません。
二人だと、こんにゃく料理が続くようです。
投稿者: オコジョ at 2017-03-07 17:40:20

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000527033.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 2 x 3 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら