掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (11月26日 小諸市平原 三ツ子塚より)
P1200531
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2017年01月04日
セキレイたち
ハクセキレイ(白鶺鴒、スズメ目セキレイ科)
ハクセキレイ5飛翔
ハクセキレイの飛翔・・・

カメラが悪いせいか・・・
いいえ、そうでなく私の腕が悪いのです。
こんな鳥の飛翔の写真は滅多に撮れません。
ピントが合っていないか、ぶれているか、鳥の動きが早くてなんだかわからないか・・・

この写真は珍しくなんとか見られるような写真になりました。上出来には遠いですが・・・

こうして羽を広げてみると綺麗ですね。


ハクセキレイ (6)
日本で普通に見ることのできるセキレイは、セグロセキレイ、ハクセキレイ、キセキレイです。

しかし。昔はハクセキレイを見ることはありませんでした。
昔はこちらでセキレイというとキセキレイでした。
30年前までは、ハクセキレイは北海道だけで繁殖していたそうです。しかし次第に南に勢力を広げて、今は中国地方まで進出しているそうです。もしかしたらもう九州に渡った鳥もいるかもしれません。生活力の強い鳥のようです。

ハクセキレイは開けた場所を好みます。「俺たちゃ街には住めないからに」というセグロセキレイと好対照に、水辺でなくても生きられる適応力を持つことです。
わたしの町でも、街中でごく普通に見られます。
そして、ハクセキレイは世界でもっとも広範囲に生息しているセキレイなのです。

セグロセキレイ(背黒鶺鴒、スズメ目セキレイ科)
セグロセキレイ (1)
セグロセキレイはぼんやりしているとハクセキレイに間違えそうです。
以前、背中が黒いからセグロセキレイと思っていましたが、ほとんどがハクセキレイの間違いだったようです。名前だけで判断するのは危険ということです。

昔にはハクセキレイはいなかったですから仕方がないですね。

セグロセキレイは九州から北海道までのミニ分布する日本の特産種で、生息数は少ないと
のことで、なかなかお目にかかれません。

川を好むと書きましたが、きれいな水を好むため、里ではなかなか出会えません。

セグロセキレイ (2)
セグロセキレイとの区別は、顔の白と黒の配置の差です、ハクセキレイは、白色が多く、そこに黒い眉のような線が引かれています。
セグロセキレイは逆に黒い顔に白い眉という感じでしょうか。

「セキレイ」は中国名「鶺鴒」の音読みで、「背筋がすらりとした清らかな歌い手」
というような意味で「ツィツィツィ ツィツィツィ・・・」と澄んだ高い囀りです
が、遠く離れて声は聴こえません。今の時期は囀りはせず地味な地鳴です。

キセキレイ(黄鶺鴒、スズメ目セキレイ科)
キセキレイ (1)
胸から腹部にかけてが鮮やかな黄色のセキレイがキセキレイです。

セグロセキレイ、ハクセキレイ、キセキレイです。
その中で、キセキレイが一番美人かもしれません。

こういう姿で長い尾を上下に振りながらピョンピョン飛んで跳ねるように人の前をはねて道案内をしているように見えます。そんな姿は可愛らしいものがあります。

キセキレイ (2)
何を考えているのでしょうか・・・

このあとどこかへ飛び去りました。

[ 投稿者:オコジョ at 07:39 | 野鳥 | コメント(2) ]

この記事へのコメント
おはようございます
ハクセキレイの羽を広げた姿きれいですね!
事務所の駐車場によくやってきますが、トコトコ歩き回っています。すばしっこくてなかなかカメラに収まりません。
セキレイ、色々種類がいますね!
投稿者: アメジスト at 2017-01-04 09:22:08
アメジストさんへ
こんばんは!
ハクセキレイはこうしてみると白鶺鴒なのだなと納得させられます。
人を怖がらないので、撮影はしやすいといえるのですが、なかなか思い通りの写真にはなりませんね。
水辺だと絵になるのですが・・・
投稿者: オコジョ at 2017-01-04 20:45:32

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000522622.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 4 x 8 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら