掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 10月9日 (小諸市飯綱山より)
P1310195
 このブログでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。
狭い地域のことで、日記的な意味合いもあり、同じ内容を何度も繰り返して、マンネリ化していて新鮮味に欠けています。
書いていることは、一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2014年10月30日
秋 近くの貯水池にて・・・
1
発電用の貯水池・・・
正式には東京電力小諸発電所第二調整池・・・
誰もそうは呼びませんが・・・
下河原の貯水池、または多多、貯水池・・・

なんとなく山の湖の感じがありますが。浅間山から流れ下る蛇堀川が町を通り抜けて千曲川にに合流する寸前のダムです。

浅間山の大噴火の時はここまで火砕流が来る可能性があります。ハザードマップでは危険地域です。想定外の噴火となると我が家も危険かも・・・
でも、自然豊かな良い町です。心配したら暮らしていけません。気楽に生きたいと思います。浅間山や千曲川が与えてくれる恵みは大きなものがあります。

東京だって、いつ大地震が来るか判りません、浅間山が噴火するより怖いかもしれません。でも人々は何事もないかのように平穏に暮らして、東京脱出などと考えないようです。

浅間山は必ず噴火します。どの程度の噴火かは別として・・・
いつ何があるかわからないということは頭に入れておくということでしょうね。

当面は浅間山よりも、交通事故や火事の方がはるかに怖いのではないかと・・・
2
ここまで我が家から500メートルくらい・・・
でも、こう写すと本当の山奥みたいですね。

第二調整池なら、第一調整池もあるはずですね。

10キロくらい千曲川の上流近くの佐久市にあります。
こちらも地名から杉の木貯水池です。そこからの水がここに送られここから落差80メートルを千曲川に落ちた水は最大1万6,200キロワットの電力を生み出し関東に送られます。

3
落ち葉が一筋の川を流れるように・・・

浅間からの流れが流れている水の道のようです。

水鳥がいますね。

5
遠くて、望遠で、トリミングして、ここまで・・・

カモの仲間のキンクロハジロですね。

シベリアなどから渡ってくる冬鳥のキンクロハジロ・・・
白鳥のようなスターではないですが・・・
冬の使者・・・

そういえば、昨日は氷点下2度という予報があって、2日前に炬燵を出しました。

6
池に写るお日様がキラキラ輝いていたのが素敵で・・・

7
もう一枚・・・

8
家路へ・・・

仲よしの樹があります。

嫌いでも離れられません。
人はすぐ離婚しますが・・・

10
セイタカアワダチソウ・・・
招かざる客・・・

でも大きな顔をして蔓延っていますね。
子供たちはこれが秋の景色と思ったりして・・・

寂しいことですね。

11
家の近くのマンションの柿簾・・・

本当は日本家屋が良いのですが・・・

でも、採られずにいる柿よりも人の役に立っているなと・・・
もっとも柿にとっては迷惑かも・・・

我が家も渋柿を頂いて干し柿を作っています。10個ほどで、吊るさずかごに入れて干していますが・・・

[ 投稿者:オコジョ at 08:17 | 小諸 風景 自然 | コメント(2) ]

この記事へのコメント
散歩道
家から500メートルの深山幽谷ですね。これなら散歩のしがいもあります。見事な紅葉。
噴火より事故や火事の方が怖い。わたしは今、原発事故の放射能が怖いのですが、いきなり入院するようなことはなりそうにない。だから油断してしまいます。本来国家財政を傾けてもなんとかしなければならないと思うのですが…。それでも解決できそうにない。
わたしは悲観的過ぎるかな。
投稿者: 謫仙 at 2014-11-01 12:12:43
謫仙さんへ 散歩道
浅間から流れ出る川が家から500メートル・・・
素敵な散歩道ですが、巨大噴火の時は溶岩の通り道・・・
御嶽山の噴火は不幸なことで、心が痛みますが、浅間山の噴火はあんなものではないですね。山頂付近は一瞬で何百度の炎に包まれ誰も助からない洲で書士、下手をすると何年も捜索できないもしれません。
大正の十勝岳の噴火では噴火後25分で泥流は25km流れ下っています。時速60キロですかね。浅間山から小諸の町待て背は12キロ、これでは逃げる余裕はありませんね。
そういうことを、承知の上で住むということかもしれませんね。
もっともに保背のどこ度新しい火山が生まれても不思議はないので、ここだけが危険とは言えないかもしれませんが・・・
原発も危険性をはらんでいますね。でも一番怖いのは地球の温暖化かもしれません。全人類を破滅に導くかもしれないのですが、人はそれを感じていない・・・
といって、一人では何もできないのですが・・・
投稿者: オコジョ at 2014-11-01 14:37:23

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000452800.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 5 x 4 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら