掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 10月9日 (小諸市飯綱山より)
P1310195
 このブログでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。
狭い地域のことで、日記的な意味合いもあり、同じ内容を何度も繰り返して、マンネリ化していて新鮮味に欠けています。
書いていることは、一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2014年10月27日
上田市民の山 太郎山4 帰り道 白蛇コース
1
帰りは太郎山神社の鳥居から、表参道を下ります。
同じ道を戻るのは好みではないのです。せっかくだからいろいろな道を歩いてみたい・・・
欲張りなのでしょうね。車がないので、こういう時は自由に道を選べます。
車を持っていても、タクシーやバスを組み合わせると同じようにできるのですが、車があるとそんなの面倒となってしまうようですね。


P1430158 2 (1) 2 (2)
表参道の山道沿いには石の祠がおかれています。(写真 左)
登山口の山口部落の白山神社から太郎山神社まで明治6年に1丁ごと、24丁まで寄進されました。最近それに加えてこの石碑が追加されました。現代らしく簡単明瞭でわかりやすいのですが、趣きがないような・・・

表参道は尾根道をまっすぐ下るコースです。

3
淡い秋色の尾根道でした。

5 (1)
樹の間からの烏帽子岳・・・

樹林の道でした。
そのため展望はほとんどない、淡々とした落ち着いた道です。(ほかの人とは平凡といいますが・・・) 

6 (2) 6 (1)
下っていくと左の祠があります。
どんな神が祀られているのかは知りませんが・・・

そして、石の鳥居があります。

ここには丁目ごとにおかれた石祠があります。
一の鳥居は14丁です。1丁は約110メートルです。1.1キロ下ってだったということです。もっと下ったような気がするのですが、多分足の衰えが工程を長く感じさせるのかもしれません。

7
一の鳥居で四十八曲りコースが別れます。
表参道をたどっても良いのですが、上田の駅から遠くなるので、奥方がいいますので、ここは四十八曲りコースを降りることにします。でもこの判断は間違っていたかも・・・

コースの入口には「急坂です。慎重に」とあります。私は何度も上り下りしているコースですが、妻は急なコースは苦手でしたっけ・・・

8 (1) 8 (2)
下って行くと、金網に囲まれた、
「急坂です。」とありますが、初めは尾根を絡む感じで傾斜はゆるく、直ぐ右に白蛇コースをわけます。

ここには説明があります。この穴は古井戸だそうです。昔はこの辺まで果樹園だったそうです。標高780メートルくらい、栽培する農家の方は雨が降らないと、ここまで登ってきて、この灌漑用の井戸から果樹に水をやったそうです。大変だったでしょうね。そのためか、苦労が嫌いな現代人は果樹園を放棄、自然の林と還ってしまいました。

もう少し下ると炭焼き窯の跡もあって、ここは人々の生活の場であったようです。

9
でも、ここから急な四十八曲りコースを避けて、白蛇神社へ下る白蛇コースを取ります。妻とは一度歩いたことのあるコース・・・

10  (1) 10  (2)
こんな自然のままのコースでした。(笑)
でも、いいですよね。こういうもの好きなのです。

11
こんな風に山腹を絡んでいきます。
道は細くなりましたが、この辺りはまずまずでした。

12
やがて沢に降りると、足元は不安定で、急・・・

13
妻は樹の枝を杖にして、悪戦苦闘・・・
そういえばこういう道苦手でしたよね。

翌日、その翌日も足が張ってしまってぼやかれました。
私は翌日も、松原湖の山道を少し歩いて、その日は17,000歩・・・
お矢張り疲れましたが、永年歩いて鍛えたのが・・・

このブログ、妻がいつも見ていますので、ここまでとしましょう。
もっと楽なコースを歩くようにしようと・・・

15
白蛇神社は谷を回り込んでいきます。でも沢沿いに下っていく道もあります。
「降りて、また登るのは嫌・・・」と妻・・・
ここで参拝して、近道ルートを・・・

16
すぐこんな道に出ます。
「良い道だ」と妻・・・

まだ上田駅までは2キロ半くらいあるのですが、ホッとしたようです。

17
ホッとするとススキもきれいに見えます。

18
四十八曲りコースと再会・・・
どちらが正解だったのか・・・
正解は表参道かな。

でも、苦労した山ってあとから思い返すと、意外と懐かしいものです。

20
北国街道、上田宿の柳町からの太郎山・・・

上田宿柳町は明日のアップ分なのですが・・・
太郎山が写っていますので・・・

左側の一部分(低くなっていく方)以外はピリ辛右へとみんな歩いて、音は真ん中の谷を下ってここまで来ました。なかなかきつい山でしたが、私にとっては久しぶりにおもしろい山だったなと・・・
太郎山は近く良い山です。

[ 投稿者:オコジョ at 09:29 | 山 上田盆地・更埴 | コメント(0) ]

この記事へのコメント

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000452601.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 3 x 4 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら