掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (12月15日 小諸市東小諸より)
P2080365
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習いの、にわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や-記事に関係のないコメントTBは、予告なく独断で削除させていただきます。

2016年11月19日
高峰高原の秋の彩り4 落葉松と岳樺
カラマツ(落葉松、唐松 マツ科カラマツ属)
1
信州の高原のイメージは、白樺と落葉松・・・

個人的には落葉松が好きです。
白樺はなんとなく力強さに欠けるようで、もっと高い所に生育する岳樺に力強い生命力が感じられて好きです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:49 | 花 植物 | コメント(0) ]

2016年11月18日
高峰高原の秋の彩り3 ナナカマド ヤナギランなど
ナナカマド(七竈  バラ科ナナカマド属)
1ナナカマド (1)
北アルプスで一番有名な穂高岳の涸沢を見事な紅葉で染めるナナカマドです。この赤とダケカンバの黄葉とのコントラストが素敵です。
といって混雑する山は苦手なので、穂高は4回登っていますが、この時期には登ったことは無く見たことがないのですが・・・

高峰高原では少し遅すぎました。

ナナカマドは今年一度紹介しています。涸沢のことも、同じことを書いています。

以下は簡単にします。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:08 | 花 植物 | コメント(0) ]

2016年11月17日
高峰高原の秋の彩り2 タカネソヨゴ マイヅルソウなど
ソヨゴ(冬青  モチノキ科モチノキ属)
2タカネソヨゴ (1)
昨日は最高気温が一桁。今朝は予報では-1℃・・・
こちらは東京の感覚なら冬ですね。麻家の前を学校に向かう小学生はモコモコな上着です。

それにふさわしい名前の植物「冬青」・・・

冬青でソヨゴとは読めませんね。風などで、葉が波打っていて風にそよいで、葉と葉が触れ合うとサラサラと音をたてるから名前がついたとか漢字と違って風流ですね。

「冬の青」、青は緑のことですが、その中の赤は鮮やかですが、見の数が少なく寂しげです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:50 | 花 植物 | コメント(2) ]

2016年11月16日
高峰高原の秋の彩り1 マツムシソウ イワカガミなど
マツムシソウ(松虫草  マツムシソウ科マツムシソウ属)
マツムシソウ (1)
10月末の高原は秋の色の赤や黄色・・・
そんな中で立った一輪・・・
こんな優しい色がありました。

根元と近く・・・
茎の先は秋風が冷たかろうて・・・
風を避けてそっと咲いているようです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:26 | 花 植物 | コメント(0) ]

2016年11月05日
十月桜 岩櫃城にて
十月桜 (1)
岩櫃城跡の登り口に十月桜がありました。

八重の桜なのですが。春の桜と較べるとなんとなくと寂しげですね。

十月桜は11月に咲きます。旧暦なら10月ですから十月桜だそうです。
この日は10月22日でした。北や標高の高い寒冷地では早いようですね。

十月桜はマメザクラ(豆桜)とコヒガンザクラ(小彼岸桜)の雑種で、小振りな八重咲きの桜です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:23 | 花 植物 | コメント(2) ]

2016年10月28日
離山の植物たち ツクバトリカブト ユキザサなど 
13 (1)

13 (2)

16 (1) 16 (2)

20

8

ツクバトリカブト(筑波鳥兜  キンポウゲ科 トリカブト属)
1ツクバトリカブト (1)
悪名高き三大有毒植物というのを知っていますか???
ドクウツギ、ドクゼリ、トリカブトなのですが、推理小説の毒殺に使われるのはなぜか鳥兜ばかり・・・
推理作家の先生は勉強不足では・・・

でも、市民はドクウツギ、ドクゼリといっても???なので仕方ないかもしれませんね。

美しい花ですよね。こちらではあちこちで見かけます。大麻のように栽培禁止ではないですから。わたしもこのように出会って撮影できます。
青紫色の美しい花ですが,根は猛毒,昔はその汁を弓矢や吹き矢の先に塗って相手を殺傷したと言うから恐ろしい。毒は根だけでなく,花やタネにもあるようで,花が美しいからと摘み取らないよう注意が肝要、しいものには毒があるのです。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:48 | 花 植物 | コメント(2) ]

2016年10月27日
秋を彩る実たち2 ズミ・ガマズミなど  ちょっと小諸の様子も・・・
1
陶芸の例会は小海線の乙女駅の近くにある乙女湖公園の公民館で行います。
その公園内の道の銀杏の木も秋の黄金色になってきました。

ズミ(酢実  バラ科リンゴ属) 
1ズミ (1)
軽井沢の雲場池のズミの実・・・

紅葉は少し早かったけれど、赤い実は青空に映えていました。

信州では、ズミといってもなかなか通じません。コナシと呼ぶ地域が多いようです。小さな梨でコナシです。

小梨というと上高地の小梨平が良く知られていますね。
上高地で明治にリンゴ園を作ろうとしたことがありました。
ズミはリンゴの台木としてよく使われていたため、リンゴの台木としてズミが上高地に植えられました。しかし、林檎栽培には上高地は向かないと考え直されてリンゴ栽培は行われずズミの花咲く平になり小梨平になりました。
その後、小梨は減っていき、現在、上高地の小梨平にはズミはほとんどありません。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:27 | 花 植物 | コメント(2) ]

2016年10月26日
秋を彩る実たち1 ナナカマド・ノブドウなど  ちょっと小諸の様子も・・・
1
昨日の浅間山・・・

昨日は軽井沢の最低気温は-1.6度、佐久-0.2度・・・
小諸も寒かったです。

自転車で郊外に出る用事があって、手袋にネックウォーマーをつけて出かけました。
昼頃は帰っても室温は一桁・・・

ついにファンヒーターが登場・・・
11月末の気温とか、でも今日は9月下旬とか・・・
今朝はファンヒーターを使いませんでした。

身体がついていけません。皆様も体調にはお気を付けください。

ナナカマド(七竈  バラ科ナナカマド属)
1 ナナカマド(1)
北アルプスの穂高岳の涸沢の見事な紅葉の写真をよく目にしますが、この景観を飾る見事な赤い葉の木はナナカマドです。

今回は今年撮った木の実たちの写真を並べてみました。
この写真はもう一月も前・・・
紅葉の時期には早く葉が色付き始めたばかりでした。
でも、葉に先立って真っ赤な実をつけていました。実も素敵な赤です。
赤が好きな樹のようですね。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:24 | 花 植物 | コメント(6) ]

2016年10月22日
殿城山の 花とキノコ
サラシナショウマ (晒菜升麻  キンポウゲ科サラシナショウマ属)
1サラシナショウマ (1)
白い花は試験管洗いのブラシみたいですね。
この白い花穂を糸と見て、古くは白糸草と呼んだそうです。しかしが、似たような花が西日本にあり、白糸草の名前を使用中、名前をそちらに譲ってサラシナショウマの方を正式な名前としました。白糸草は素敵な名前で残念ですが・・・

サラシナは信州更科に多いから、更級升麻かなと思っていたのですが、若菜を茹でて水で晒して食べるから晒菜だそうです。
しかし、現在では、食べることは無いようです。水で晒すのが、面倒ですし、苦労してもそう美味しくないようです。しかし、昔は、貧しい農民に手って生きる糧だったのかもしれまん。

中国にある「升麻」という植物に似ているからだそうです。
升麻は漢方薬で、日本ではサラシナショウマなどの根茎を乾燥したものを使います。効能は解表、透疹、清熱だそうで、麻疹(はしか)や蕁麻疹(じんましん)などの初期の発汗と共に発疹を促し、毒素の体外への排泄をする効果があるとか・・・
食べられなくなっても、役に立っているようです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 06:53 | 花 植物 | コメント(6) ]

2016年10月10日
近所の花5 秋の菊 シラヤマギク シロヨメナ アキノゲシなど
(白山菊  キク科シオン属) 
2シラヤマギク (1)
寂しげに秋を告げているような野菊ですね。

白く山に咲く野菊だからシラヤマギク・・・

個人的には野菊は苦手ですね。
春のスミレと秋の野菊は私には鬼門です。
皆に似ていて、どこか違う・・・

もっとも人間には猿の顔の違いが判らないように、猿には絶世の美女も住人並みの女性も区別がつかないかもしれませんね。
平安の美人は今では美女では無いようですし・・・

こんな書き出しのつもりはなかったのですが、つい愚痴ってしまいました。
菊たちはみんなきれいなのでと、弁解したら菊たちは許してくれるでしょうか・・・

ハルジュオンなど春や夏に咲く野菊もありますが、やはり野菊は秋が多いですね。
野菊たちが咲き出すと山も里も秋が近いと感じます。
こんな話の方がいいですね。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 15:19 | 花 植物 | コメント(2) ]

2016年10月05日
近所の花4  湿地を好む花たち ツリフネソウ  キツリフネ  シロバナサクラタデなど
ツリフネソウ(釣船草 吊舟草  ツリフネソウ科ツリフネソウ属)1ツノフネソウ (1)
空に浮かぶ舟、夢のある名前ですね。

細い柄に舟を吊られた花という名前は素敵です

名前は帆のある船に似ているというものと、華道で使う「釣り船花入れ」という花器にているという二つの説があります。どちらが正しいかは、もうわからなくなっています。
私はこの花に小人が乗って、空を行く様子を想像します。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:52 | 花 植物 | コメント(2) ]

2016年09月30日
近所の花3  キバナアキギリ  ヤマハッカ  オオバコなど
キバナアキギリ(黄花秋桐 シソ科アキギリ属)
7キバナアキギリ (2)
葉の形が桐に似ているアキギリ(秋桐)という紫色の花があって、その花の黄色い花からの命名です。この葉が桐の葉に似ているかと言うと私にはスマートすぎるように感じます。

この葉が桐の葉に似ているのでアキギリ(秋桐)と言う名前になったとか。そんなに似ているような気はしないが・・・

アキギリは似ているのかもしれませんね。しかし、私はアキギリみたことがないのですが・・・
アキギリは長野県にはありますが北部だけだそうです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:10 | 花 植物 | コメント(0) ]