掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (9月30日  軽井沢 矢ヶ崎公園より)
P2260751
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2017年10月05日
高峰高原 秋の花
旅から帰りました。天気に恵まれ、良い旅ができました。
南紀から帰ったので、寒くて震えあがっています。
直ぐなれそうですが・・・


エゾリンドウ(蝦夷竜胆 リンドウ科 リンドウ属)
エゾリンドウ (1)
先日、義父の誕生祝で訪れた高峰高原は、もう秋・・・
ほとんどの花はの時期は美し姿を消していました。
その中でエゾリンドウだけが落ち着いた青紫の気品のある花を輝かせていました。
やはりリンドウは秋の花です。

このリンドウはエゾリンドウという名の北海道に多いリンドウですが、本州の山にも沢山あります。ここは信州ですから・・・

この高原にはもうひとつオヤマリンドウがあります。花が一回り小さく、ほとんど花びらを開かないので咲かないリンドウといっていいのですが、この林道は花を開いています。山の花らしく慎ましやかですが・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 21:36 | 花 植物 | コメント(0) ]

2017年10月02日
秋の七草 2  撫子・女郎花・藤袴・桔梗
撫子(ナデシコ)
カワラナデシコ (1)

 野辺見ればなでしこの花咲きにけり
    わが待つ秋は近づくらしも  詠み人知らず


撫子の花が野に咲いて、自分の待つ秋が近づいてくる。そのままですね。
秋を代表する花ということがわかりますね。

写真の花はカワラナデシコです。
別名は大和撫子(ヤマトナデシコ)、秋の七草のナデシコはこの花をいいます。
ナデシコジャパンはこの花です。ナデシコジャパンは逞しいですが。こちらは優しく風に揺れる花です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:05 | 花 植物 | コメント(0) ]

2017年10月01日
秋の七草  1  萩・薄・葛
P1150538

秋の野に咲きたる花を指折り(おゆびおり)かき数ふれば七種(ななくさ)の花

萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花
   

この二つの歌は万葉集にある歌です。
秋の七草はこの歌の作者の山上憶良が決めました。
春の七草は七草粥に入れられる当時の山野草・薬草で、咲く花とは関係なく選ばれたようです。

これに対して秋の七草は、「秋の野に咲きたる花」とあるように当時、野に自生していたり身近にあった花たちです。朝貌は桔梗とされています。

万葉の昔からよく知られていた花といえるようです。
ではこれらの花が、万葉集にどのくらい登場するかというと
萩82 尾花30 葛花4 撫子18 女郎花7 藤袴1 朝貌5となります。

この数の中には上の山上憶良の歌も含まれていますので、藤袴はこの歌のほかにないということになります。

この写真は、先日もアップしたアサギマダラとヒヨドリバナ・・・
ヒヨドリバナは七草ではないのですが、ヒヨドリバナは万葉の時代には、フジバカマと区別されていなかったかもしれませんので・・・
勝手な想像です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:39 | 花 植物 | コメント(0) ]

2017年09月30日
十二湖の花と実
コバギボウシ(小葉擬宝珠  ユリ科ギボウシ属 )  
1コバギボウシ (1)

  擬宝珠の長き花茎ひとつ立ち日のゆく道に傾きはじむ  斉藤茂吉


東北出身の斉藤茂吉の歌です。

コバギボウシだと思ったのですが、東北のこの辺りにはタチギボウシというギボウシがあるそうです。でも花だけでは判断が難しいようです。団体行動で、慌てて撮影して皆を追いかけて、葉を撮影しませんでした。
タチギボウシはコバギボウシの変種であり。学者によってはコバギボウシと同じ花としていますので、コバギボウシとしました。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:33 | 花 植物 | コメント(0) ]

2017年09月23日
米子滝への道の花たち・・
8 (1)

ノコンギク(野紺菊  キク科シオン属)
1ノコンギク (1)

  遠山の小寒い風の便りあり ノコンギク紺の色冴えて咲く  鳥海昭子


作者の鳥海昭子さんは、山形出身の歌人・・・
「遠山の小寒い風の便り・・・」北国の実感なのでしょうね。
ノコンギクは秋遅くまで咲き秋から冬へと季節の移り変りを見守るように咲く花と言えます。それをこのように感じるというのは、私には無理かな・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:57 | 花 植物 | コメント(0) ]

2017年09月22日
彼岸花(天上の花)  
0
明日は、彼岸の中日・・・

彼岸の入りの日に彼岸花を見かけましたのでアップです。

 道の辺の壱師の花のいちしろく 人皆知りぬわが恋妻は  柿本人麻呂

万葉集にある彼岸花の歌です。道端に咲く壱師(いちし)の花のように、私が妻を愛していると皆が知っています。という愛の歌・・・

彼岸花の中国名は石蒜(せきさん)で、漢方の薬の名前です。石蒜は「いしし」とも読めますので彼岸花ではないかと
・・・
「いちしろく」は、今では使われませんが、明白という意味だそうです。「いちし」と「いちしろく」を掛けて詠んだ人麻呂はさすがに達人です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:46 | 花 植物 | コメント(0) ]

2017年09月21日
白神の花  エゾニュウ ジャコウソウ
エゾニュウ(蝦夷ニュウ  セリ科シシウド属)
1エゾニュウ (1)
浅間あたりの高原にはアマニュウはありますが、その仲間ですね。

シシウド、オオサカモチ、アマニュウ、ヨロイグサなど、この仲間は似たものが多くて、妻はみんなシシウドにしてしまいます。セリ科シシウド属ですから、シシウドの一種ということで一般的にはそれでいいのかもしれませんね。
ブログに載せるとなると、そうもいきません。シシウドの仲間ですといって済ませたいところなのですが・・

バックが建物でちょっと場所が悪いのですが。他には見なかったので(見落としたのかもしれませんが)・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:43 | 花 植物 | コメント(0) ]

2017年09月19日
米子滝への道の花たち・・
ノコンギク(野紺菊  キク科シオン属)1ノコンギク (1)

  遠山の小寒い風の便りあり ノコンギク紺の色冴えて咲く  鳥海昭子

作者の鳥海昭子さんは、山形出身の歌人・・・
「遠山の小寒い風の便り・・・」北国の実感なのでしょうね。
ノコンギクは秋遅くまで咲き秋から冬へと季節の移り変りを見守るように咲く花と言えます。それをこのように感じるというのは、私には無理かな・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 17:14 | 花 植物 | コメント(0) ]

2017年09月15日
八幡平の秋の花4 八幡平の赤い実たち タケシマラン ベニバナイチゴなど
タケシマラン(竹縞蘭  ユリ科タケシマラン属)
1タケシマラン (2)
山の実の中で、私の知っている中で、もっとも美しい実は赤ではタケシマランとマイズルソウかもしれません。

美しい実なのですが、花はこれが花といっていいほど目立ちません。
花の時期が夏の最盛期より早いこともありますが、慎ましやかな小さな花が、花は葉の陰に咲いていて、山に登る人たちは立ち止まりもせずに通り過ぎます。

しかし秋のこの輝きは見事です。
下手な宝石より遥かに美しいかもしれません。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:35 | 花 植物 | コメント(0) ]

2017年09月14日
八幡平の秋の花3 ウメバチソウ モミジカラマツ キヌガサソウ
ミヤマセンキュウ(深山川芎  セリ科ミヤマセンキュウ属)
5ミヤマセンキュウ (1)
見たことのあるような無いような・・・

セリの仲間はいつも悩みます。
花はみんな似たようなものだし、図鑑を見てもいまひとつわからない・・・
迷走が続いて、最後は判らないアップをやめようと・・・

ミヤマセンキュウは北海道、本州中部地方以北に分布・・・
私の地方にもあるのかもしれませんが、確認したことはありません。
判らないで、無視したことがあるのかもしれませんが・・・

この花をミヤマセンキュウと確認したのは昨日のことです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:19 | 花 植物 | コメント(0) ]

2017年09月13日
八幡平の秋の花2  エゾオヤマリンドウ シロバナトウウチソウ
エゾオヤマリンドウ (蝦夷御山竜胆  リンドウ科 リンドウ属) 
1エゾオヤマリンドウ (1)
浅間周辺の高原にはオヤマリンドウとエゾリンドウの花が咲いています。
名前からするとオヤマリンドウの北方型のような気がするのですが、エゾオヤマリンドウは、エゾリンドウの高山型だそうです。違いはエゾオヤマリンドウが花茎の頭にしか花をつけませんが、エゾリンドウは茎の途中にも花をつけます。エゾリンドウの方が花屋で売っているリンドウに近いですね。実は花屋の「リンドウ」はエゾリンドウを改良したものです。花が多いこと、花が開くことが理由です。長野県の県の花はリンドウです。長野県が使っているリンドウのデザインは花屋のリンドウです。

エゾオヤマリンドウは本州(山形県以北)・北海道の花・信州にはありません。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 15:52 | 花 植物 | コメント(0) ]

2017年09月12日
八幡平の秋の花1  ウゴアザミ エゾアジサイ ミヤマアキノキリンソウ
ウゴアザミ(羽後薊 キク科 アザミ属)  
2ウゴアザミ1
八幡平を歩きだしてすぐ出会ったアザミ・・・
花を見てナンブアザミ(南部薊)かなと・・・
ここは南部国と羽後国の国境・・・
ナンブアザミは小諸にもあってよく見ているので、本場で見られたなと・・・
でも、なんとなく違うのです。ナンブアザミの花は下向きなのに上を向いているし、葉はナンブアザミが細かく切れ込まないのに葉は切れ込みが少なく薊らしくない・・・

南部でなくて羽後の薊でした。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 12:42 | 花 植物 | コメント(0) ]