掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 10月9日 (小諸市飯綱山より)
P1310195
 このブログでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。
狭い地域のことで、日記的な意味合いもあり、同じ内容を何度も繰り返して、マンネリ化していて新鮮味に欠けています。
書いていることは、一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2019年09月11日
小浅間山と信濃自然歩道の花2 ソバナ オトギリソウ オンタデ等々 
ソバナ(岨菜 蕎麦菜 杣菜 キキョウ科ツリガネニンジン属)
11ソバナ (1)

       風の旅

   釣鐘の花を鳴らして   
   風は来る 
   遠い野原を

   空のはて見知らぬあたり
   風は見る
   光りと影を

   灯ともしの町をさまよい
   風は知る
   人もまたかなしいことを

   楡の木の林を抜けて
   風はいう生きていこうね!    詩 伊藤海彦


秋が近くなるとこうした釣鐘の花たちが里にも高原にも目立つようです。
高原には釣鐘の花はツリガネニンジンもあります。そして、ヒメシャジン、ミヤマシャジンなどという花があります。

ツリガネニンジンの仲間はみんな釣鐘型で色も青紫見分け方はなかなか面倒です。
雌蕊(メシベ)の長さが釣鐘の中に納まっているか出ているか、咢が細いか太いか反り返っているかどうか、そして咢に鋸葉と呼ばれるギザギザがあるかどうか云々・・・
山野草愛好家には、「沙参に始まり沙参に終わる」と言う言葉があるそうですが、小さな変化を楽しんでいるようです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:16 | 花 植物 | コメント(2) ]

2019年09月08日
小浅間山と信濃自然歩道の花1 キオン アキノキリンソウ ヒヨドリバナ等々
キオン(黄苑 キク科キオン属) 
11キオン (1)
里ではそろそろ紫苑の季節に入ります。
紫の花が咲くころですね。
キオンは黄苑です。「苑」科の字が同じ・・・
紫苑に似ていて花の色が黄色だから黄苑・・・

紫苑は平安時代の「今昔物語」に「思い草」の名で登場します。しかし紫苑は東アジア原産の花です。これに対して黄苑は日本に昔から自生していた花です。

黄苑に似ていて花の色が紫だから紫苑ではないのかと言いたくなりますが、本当のところはどうなのでしょうか

キオンは山の花それも、林の中にそっと咲く花・・・
平安時代にはキオンの咲く山を人は歩かなかったようです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:49 | 花 植物 | コメント(0) ]

2019年09月04日
湯の丸高原で出会った蝶たち ヒメシジミ オオチャバネセセリ 
ヒメシジミ(姫小灰蝶  シジミチョウ科ヒメシジミ亜科)<
3ヒメシジミ (1)
睨み合いか、プロポ-ズか・・・
喧嘩しているようには見えないからプロポ-ズかな・・・
最後まで確認しませんでしたので、しかとは言えませんが・・・

白地に赤い帯の縁取りが程よいバランス描かれていて可憐な雰囲気をつくりだしています。このシジミチョウは小諸の町でよく見かけるツバメシジミかなと思ったのですが、里の蝶のツバメシジミが、2000mを越える烏帽子岳山頂あたりにいるわけはない。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:40 | 花 植物 | コメント(4) ]

2019年08月29日
湯の丸高原と烏帽子岳の花たち7 シシウド イブキボウフウなど
11ソバナ (2)

シシウド(猪独活  セリ科シシウド属) 1シシウド (1)
ノアザミなんかに負けるな・・・
天まで届けと背伸びをしているシシウド・・・

花は白くて派手さはありませんが、高原では大きく存在感があります。
大きいからとシシウドだろうと誤解されている節があります。

シシというとライオンの獅子を想像しがちですが、ここのシシは猪のことです。
日本では、古くから狩の対象の動物をシシと呼びました。
鹿はカノシシ、カモシカはクラシシというように・・・

料理の世界では「シシ鍋」は「ぼたん鍋」で、イノシシ肉の料理ですね。
この花は、イノシシの食べるウドから名前が付いたといわれます。

本当にイノシシはこのウドをむしゃむしゃと食べるのか・・・
余り食べないそうですね。でも、嘘ではなく、食料の乏しい冬、根を掘って食べるいか・・・
昔の人は、そんなところまで、観察して名前を付けたのでしょうか・・・・
いいえ、イノシシでも、食べそうだくらいだと私は思うのですが・・・・

北八ヶ岳の山小屋の方の話ですと、シシウドは鹿が、好んで食べるそうです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:53 | 花 植物 | コメント(0) ]

2019年08月27日
湯の丸高原と烏帽子岳の花たち6 ヤマオダマキ ノアザミ マルバタケブキ 
ヤマオダマキ(山苧環  キンポウゲ科オダマキ属)
1ヤマオダマキ (1)
当たりの自然の中に溶け込む様な優しさに満ちた花・・・
この黄色の優しさがいいですね。
私の好きな花の一つです。

形も秀逸ですね。花はそこそこに大きいのですが。この控え目で目につきにくいようで、あまり注目されないようです。でも派手さはなくても、形と風情はこれぞ日本の花という風情があるようです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:38 | 花 植物 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年08月24日
湯の丸高原と烏帽子岳の花たち5 コキンレイカ トモエシオガマ
P1280352

コキンレイカ (小金鈴花  オミナエシ科オミナエシ属)
         別名 ハクサンオミナエシ(白山女郎花)

1コキンレイカ (1)
この花の別名はハクサンオミナエシ(白山女郎花)・・・

最近はハクサンオミナエシを使う人が多く別名コキンレイカだと文句が来そうです。
白山は、日本三名山の白山、日本人はこうした、ブランドに弱いようです。

私は、50年近く前に買った野草図鑑でコキンレイカと、この花の名前を覚えました。ですからコキンレイカです。小さな金の鈴で、小金鈴花いいじゃないですかね。名前も短く、すっきりしていますし・・・

花が開く前の姿は、まさしく小さな素敵な金の鈴です。
勿論、咲いた花も素敵です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:50 | 花 植物 | コメント(0) ]

2019年08月22日
湯の丸高原と烏帽子岳の花たち 4 ハクサンフウロ ハナチダケサシ ワレモコウなど
ハクサンフウロ(白山風露  フウロソウ科フウロソウ属)
1ハクサンフウロ (1)
白山は有名な加賀白山です。
でも、湯の丸高原のいたるところで咲く花です。

風の露とは風流な・・・
薄桃色の整った花ですね。花弁も花茎も、たおやかで、優しい感じがします。
長野には「風の露」という清酒が有ります。「かぜのしづく」と読むのですが、
千曲川水系の伏流水と契約栽培の酒米をつかった限定酒なのですが、まだ飲んだ
ことがありません。一度、飲みたいものと、飲兵衛のたわごとです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:53 | 花 植物 | コメント(2) ]

2019年08月20日
湯の丸高原と烏帽子岳の花たち3 クガイソウ・シモツケ・ウスユキソウなど
クガイソウ(九蓋草・九階草  ゴマノハグサ科 クガイソウ属)
クガイソウ1
夏山の空に向かって長い尾を立てて・・・

細い紫の繊細な花穂のスマートさ、素敵な色の爽やかな花です。

こういう穂をなびかせる花たちは「何々トラノオ」ということが多いのですが、クガイソウとは何のことかと・・・

「何々トラノオ」は花の感じからの命名ですが、クガイソウは、この写真のように茎の一箇所からぐるりと葉が5〜6枚輪生して階段状になるため九蓋草または九階草と呼ばれます。

クガイソウは何か不思議な魅力を感じさせます。




続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:53 | 花 植物 | コメント(0) ]

2019年08月16日
湯の丸高原と烏帽子岳の花たち2 マツムシソウ・ヤナギラン
マツムシソウ(松虫草  マツムシソウ科マツムシソウ属)
マツムシソウ (1)
松虫というと、秋の虫という感じで初秋を感じますね。
マツムシソウはマツムシの鳴く頃に高原で咲くからというのが一般的ですが・・・
マツムシはせいぜい山麓の草原で鳴きます。
花のマツムシソウはもっと高い高原の花、8月になると咲はじめます。夏から初秋の花といえそうです。

今回も爽やかな烏帽子岳の尊重の稜線で風に揺れていました。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:30 | 花 植物 | コメント(0) ]

2019年08月12日
湯の丸高原と烏帽子岳の花たち 1 コマクサ・イブキジャコウソウ
コマクサ(駒草  ケシ科)
1コマクサ (1)
高い山を歩く人たちにとって憧れる高嶺の花たちはたくさんあると思いますが、人気投票をしたら、間違いなく選ばれるのはこの花です。

高山植物の女王コマクサですから・・・
日本アルプスなどの高山を歩く者にとってもっとも憧れる花・・・

ただ花の名前は、長い馬の顔に似た花の形からですが・・・

花の時期はそろそろ終わりのようです。
しおれた花が目立ちました。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:09 | 花 植物 | コメント(0) ]

2019年08月01日
ヤマホタルブクロとホタルブクロ
ヤマホタルブクロ(山蛍袋  キキョウ科 ホタルブクロ属)
1

  やぶかげにほたるぶくろの花咲きて 白雲光る夏は来にけり  田中俊子

もう八月、梅雨が明けて暑くなりました。

この花は正確には「ヤマホタルブクロ」とい言います。

ホタルブクロにはホタルブクロとヤマホタルブクロの2種類の花があります。その違いは、ヤマホタルブクロは、萼片と萼片の間が瘤のように膨らんで、盛り上がっています。ホタルブクロには瘤がなくスッとしていますが、萼片の間に反り返った小さな付属体と呼ぶ萼のようなものがあることで見分けます。つまり色やスタイルに違いはなく、そのものの形は変わらない・・・
この2つの花は、中間的なものも多く、区別できないものもあり、良いと主張する学者もいます。わたしも、賛成したいなと・・・

信州のホタルブクロはほとんどがヤマホタルブクロ・・・
佐久ではホタルブクロを見たことがありません。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:09 | 花 植物 | コメント(0) ]