掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (2月4日 信濃追分駅より)
P2010618
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習いの、にわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や-記事に関係のないコメントTBは、予告なく独断で削除させていただきます。

2016年10月06日
いびつな器 2016
P1880311

年一度の作品展・・・
ここの作品は今週末の小諸市公民館まつりに出品する作品です。
そういえば聞こえはいいですが、これしか作らなかったという方が正しそうです。
最近は一生懸命に作ろうという気もなく、作品の数も年10点くらいでしょうか。その中には失敗作もあり、使用に耐えるのは今回以外ではコーヒーカップを一つ作っただけです。そのコーヒーカップは普段使いなので、ここには載せません。

良いものをつくろうなどという気はなく、いや作る腕でもないのですが・・・
時々、土と遊べばいいやという感じです。例会に行って、仲間との話しで何も作らずに帰って来ることも・・・

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:38 | 陶芸 | コメント(6) ]

2015年10月09日
今年のいびつな陶芸たち
P1410524
恒例のというほど、たいしたものはないのですが、私の今年の陶芸作品です。
今週末の小諸市公民館まつりに出品する作品です。

選んだというより、これが一年間の作品のほとんどといっていいでしょうね。

わたしの陶芸の会の手の早い人間なら一日で作ってしまいそうです。
人様にお見せするような作品たちではないのですが・・・

良いものをつくろうなどという気はなく、時々、土と遊べばいいやという感じです。
いって一つできれば、今日はもういいや、次の時に眺めて、これでは使い物にならないと焼く前に壊してしまう・・・

会社を定年退職して、人との接点は、今はこの会だけ・・・
みんなの邪魔をしに行くようなものです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:59 | 陶芸 | コメント(0) ]

2014年10月01日
いびつな陶芸たち 2014
1
芸術の秋・・・
今年も小諸市公民館まつりが今月の11日と12日にあります。そこでは市民の作品の展示コーナーもあります。私の所属する小さな陶芸グループも作品を出品します。
その作品たちを年一度、今年も、おずおずとここに載せます。

まだ、公民館まつりまで10日もあるのですが、何か忙しくて、ほかのアップの写真の整理や原稿を書いている余裕がなく、これで一日ごまかします。

この作品は23センチほどの皿・・・

三島手という溝を白い粘土(化粧土)で埋めた作品です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 10:59 | 陶芸 | コメント(6) ]

2013年10月15日
今年の公民館まつり
0
中央公民館のホワイエに「こもろん」がいました。
「こもろん」は、去年の8月にキャラクターデザインが決まりましたが、着ぐるみは10月1日にお披露目式を挙げたばかりの、地産地消推進キャラクターです。地元で採れた野菜や果物を地元で消費する地産地消を推進する活動として小諸ではじめてのキャラクターです。早速、子供たちに人気でした。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 14:23 | 陶芸 | コメント(4) ]

2013年10月05日
いびつな陶器展 2013
P1990955


小諸市公民館まつりが今月の12日と13日にあります。
私の所属する小さな陶芸グループも作品を出品します。
年一度、ひっそりと作品発表です。

このところなんとなく忙しいので、公民館まつりまで一週間あるのですが、間際になると何があるかわからないので、一足先に今年の出品予定を・・・
見せるような作品ではないのですが・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:24 | 陶芸 | コメント(6) ]

2013年05月28日
美濃焼の里の旅4  「とっくん小径」にて 土岐市下石町
0
この煙突はもう使われていないようです。

野焼きから、山の斜面に穴を掘った穴釜、登り窯、そして石炭、重油と陶芸の焼成方法は時代によって変わってきました。産業としての窯業は量産と火力の調整がしやすく安定性で設備費やコストも安くすむガス窯が主流です。
外国の焼物は、趣味と工芸もふくめて、ガス窯か電気釜が主流のようです。均一の製品が出来ます。

日本の陶器は世界的に見て、異常な陶器です。
イタリアンでも、フレンチでも、中華でも、食器は整ったものを使います。
しかし。和食の食器の中には、そうしたことを無視して、ゆがんだり、釉薬のかからない焼き締めという手法の器が好まれたりします。

工芸や趣味としての陶芸は、そうしたものが多いですね。
そうした器の発祥はこの美濃かもしれません。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:56 | 陶芸 | コメント(4) ]

2013年05月27日
美濃焼の里の旅3  とっくりとっくん 土岐市下石町
0
徳利の消防士・・・

下石窯元館の入口で頑張っていました。
火災予防のために頑張っているようです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:29 | 陶芸 | コメント(4) ]

2013年05月25日
美濃焼の里の旅1 瑞浪
1
陶芸の会の年一度の旅行・・・

中央アルプス、駒ヶ岳を見ながら、マイクロバスで14名の旅・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:36 | 陶芸 | コメント(6) ]

2012年10月16日
ことしの小諸市公民館まつり より
0
13日と14日に小諸市の乙女湖公園の文化センターで、毎年恒例の小諸市公民館まつりが行われました。小さな町の公民館を中心に活動しているグループなどの発表の場です。

他の町の人には興味は薄そうなのですが、自分の記録のためにアップします。
といっても実行委員であり、まつりのあたりの、数日はかかりきりなのと、他にも用事があり、ここ半月ほど、毎日出かけていて、アップの原稿を書いている暇がありません。
毎年のことなのですが、このあたりのアップは手抜きが多くなります。

ことしの私たちの陶芸の会の展示です。
私たちの陶芸グループの展示会場にも見学者がたくさん来ていただきました。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 10:05 | 陶芸 | コメント(4) ]

2012年10月13日
いびつな陶器展
1
年一度の、ささやかな作品発表です。

まずは花器です。
高さは25センチくらい・・・

なんとなく汚らしい感じがありますね。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:51 | 陶芸 | コメント(8) ]

2011年10月11日
小諸市公民館まつり  2011
1
小諸市の公民館を中心に活動しているグループを中心に秋の2日間にわたって、
公民館まつりが行なわれます。

私の会も公民館の陶芸木工室や窯を使わせていただいていますので、協力をかね
て参加しています。

私たちの会としては、作品展示、陶芸体験、フリーマーケットの出展です。
私の作品展示は最終的にはこんな感じになりました。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:47 | 陶芸 | コメント(8) ]

2011年10月09日
陶芸  今年の作品たち2
15
素焼が終わると釉薬を掛けます。
この釉薬の選定によって、作品は大きく変わります。
ここで、作品の最後の姿が決まるのですが、素人の悲しさ、その最後の姿が良く
見えてきません。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:33 | 陶芸 | コメント(2) ]