掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 5月08日 小諸市耳取より)
P1150182 
このブログでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。
狭い地域のことで、日記的な意味合いもあり、同じ内容を何度も繰り返して、マンネリ化していて新鮮味に欠けています。
書いていることは、一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2019年02月22日
碓氷峠を越えて5 帰り道にもう一度 森林公園(群馬県安中市)
1
帰りがけに上信越道の横川サービスエリアあたりからの小根山・・・

小根山は横川の北側のなだらかな尾根にあるいくつかの峰の総称のようです。こうしてみてもどこが山頂か判らないですね。見えている尾根に隠れてまだ峰があります。
歩いたのはほとんどこの山の裏側でした



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:45 | 山 (地域外) | コメント(0) ]

2019年02月19日
碓氷峠を越えて4 仙ヶ滝(群馬県安中市)
1
仙ヶ滝到着・・・

峠からここまで家は一軒もなく、電柱もなく・・・
でもここは石碑が並んで、人の痕跡が感じられます。

地図で見ると滝から300mくらい下流に滝下という集落があり、その先は九十九川に沿って集落が点々とあるようです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:58 | 山 (地域外) | コメント(4) ]

2019年02月18日
碓氷峠を越えて3 小根山森林公園(群馬県安中市)
1
なんとなく春を感じさせるような空と雲・・・

この時期こんな陽だまりの中の道を歩くのは気分がいいですね。
この日は風もなく、素敵な陽だまりの道でした。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:34 | 山 (地域外) | コメント(0) ]

2019年02月17日
碓氷峠を越えて2 横川から小根山森林公園へ(群馬県安中市)
1
なんとなく、小諸の空と較べて優しく暖かなような・・・

でも杉の花が賑やかになりそうで・・・
私は今とところは問題なしですが、花粉症の人に届かなければいいなと・・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:58 | 山 (地域外) | コメント(0) ]

2019年02月16日
碓氷の峠を越えて1 信濃から上野へ 碓氷バイパスと横川(群馬県安中市)
1
軽井沢駅前交番・・・
軽井沢に多い教会のイメージなのでしょうか・・・

除雪をして積んだ雪が少しありますが・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 16:46 | 山 (地域外) | コメント(0) ]

2019年02月01日
矢倉台から鉄道公園(青梅丘陵)3 永山公園へ
1
行く手にいきなり仏舎利塔のようなものが・・・

こんな山の中に・・・
でも市街地から70m高いだけなので、山奥とは言えませんが・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:39 | 山 (地域外) | コメント(0) ]

2019年01月31日
矢倉台から鉄道公園(青梅丘陵)2 緩やかな尾根道を行く
1
矢倉台からの富士山・・・

はっきりとしませんが、見えました。
馬頭刈尾根の末端から姿を現してきたという姿です。

この後も富士山の見える場所もあったのですが、もやの中に消えてしまいました。
ラッキーだったかもしれません。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:52 | 山 (地域外) | コメント(0) ]

2019年01月30日
矢倉台から鉄道公園(青梅丘陵)1 宮ノ平から矢倉台
1
高崎地管区からの浅間山・・・
真っ白でした。

急に東京へと・・・

前々日の夜計画を立てて・・・
一カ所都心に目的はあったのですが、泊まるのはできれば温泉が良いねと、探したら青梅に見つかって、その近くでいいところはないかと・・・
鳩の巣渓谷という案もあったのですが、妻が乗り気でなく、青梅鉄道公園と青梅あたりとなりました。まず宿を抑えて、その日は終り・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 13:39 | 山 (地域外) | コメント(2) ]

2018年07月04日
津軽の旅6岩木山(3) 岩木山 神の御座・・・
1
七里長浜・・・

日本海に沿って、鯵ヶ沢の川尻から十三湖付近までの長大な砂浜・・・
鎌倉の七里ヶ浜は名前に反して2.9kmで1里もないのですが。ここは正真正銘、7里以上28kmあるそうです。

昨年は白神のブナ林訪れましたがその旅の途で、秋田犬の「わさお」のいる鯵ヶ沢の川尻から北に続くと七里長浜の先にかすかに北海道が見えていました。

この海岸は伸びやかな砂浜の内側に湿原や泥炭地が点在してノハナショウブやニッコウキスゲの群落がみごとな自然の草花の宝庫だそうです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:23 | 山 (地域外) | コメント(0) ]

2018年07月03日
津軽の旅5 岩木山(2) 岩木山 烈風の高みへの道
1

「や! 富士。いいなあ。」と私は叫んだ。富士ではなかつた。津軽富士と呼ばれてゐる一千六百二十五メートルの岩木山が、満目の水田の尽きるところに、ふはりと浮んでゐる。実際、軽く浮んでゐる感じなのである。したたるほど真蒼で、富士山よりもつと女らしく、十二単衣の裾を、銀杏の葉をさかさに立てたやうにぱらりとひらいて左右の均斉も正しく、静かに青空に浮んでゐる。決して高い山ではないが、けれども、なかなか、透きとほるくらゐに嬋娟たる美女ではある。     太宰治「津軽」より 

津軽平野からの岩木山(いわきさん)・・・

この日は岩木山の全容を見ることはできませんでした。
翌日の弘南鉄道の田舎館村あたりの車窓から水田の向こうの津軽富士です。

見事な裾野で、富士を名乗るのにふさわしい気品を感じます。
左側の峰が鳥海山で、左側の平らな部分が巌鬼山です。

太宰治は岩木山の北側の金木の出身で故郷の山といってもいいようです。
十二単衣を着たような岩木山という表現がありますが、この山は、昔から「女子山(おなごやま)」と言われだそうです。山の形が美しく女性的というのももちろんでしょうが、「岩木山縁起」には津軽にやってきた大己貴命古(大国主命)に、津軽半島の北にある田光沼(たっぴぬま)の竜女が宝珠を献じて夫婦になって祀られとなるなど、女神伝説が幾つかあるようです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 12:14 | 山 (地域外) | コメント(0) ]

2018年07月02日
津軽の旅4 岩木山(1) 岩木山スカイラインから日本百名山 岩木山へ
1
日本百名山 岩木山(いわきさん)
標高1625メートルは青森県で一番高い山です。

山頂は雲の中・・・
今回の旅のメインですが・・・
雲が次々と通り過ぎ、真っ白な白昼夢の世界とこんな世界の繰り返しでした。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:46 | 山 (地域外) | コメント(2) ]