掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (11月17日 佐久市御牧原より)
P2310750
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2017年09月21日
東北の旅 八幡平と白神8 マザーツリーと津軽峠
1
津軽峠からの白神山地・・・

世界自然遺産の山並みです。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:47 | 山 (地域外) | コメント(0) ]

2017年09月20日
東北の旅 八幡平と白神8 ブナ巨木ふれあいの径
0
ブナ巨木ふれあいの径の№1のブナ・・・
一番いいブナというわけでなく、下から順番に30本のブナに番号を付けたものです。№30はマザーツリーとしてよく知られています。

巨木は胸高直径が1m以上をいいます。胸高直径は胸の高さの木の直系です。一般的な計り方と環境庁では少し違うのですが、一般的には地上120cmの位置を直径割巻尺という専用の巻き尺で測定します。環境省は地上からの高さ130cm、幹周り300cm以上だそうです。

マザーツリーの胸高直径148cmです。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:28 | 山 (地域外) | コメント(0) ]

2017年09月18日
信濃の名瀑 日本の滝百選 米子大瀑布(その3)滝の懐と「湯っ蔵んど」と北信五岳
1
水飛沫の煙る不動滝の落ち口・・・
滝飛沫は下では霧となって降り注いできます。

こういう風景はなかなか見られないですね。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:18 | 山 (地域外) | コメント(2) ]

2017年09月17日
信濃の名瀑 日本の滝百選 米子大瀑布(その2)米子鉱山跡と米子不動奥の院
0
東屋から緩やかに下って滝に近づきます。そして、絶景ポイント・・・

この滝は北向きの滝で。昼近いこの時は、逆光・・・
紅葉の時期よりは太陽が高いのですが、それでも写真はコントラストが無くてホセ焼けた感じになります。私はいい写真を撮ろうとは思っていませんが。それでも。お日さまが違う所にいたらと・・・(笑)

見られるように、ソフトを使って調整しましたが、この程度です。

ここは太陽が高い朝早い夏至くらいの早朝がベターかもしれませんね。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:53 | 山 (地域外) | コメント(0) ]

2017年09月16日
信濃の名瀑 日本の滝百選 米子大瀑布(その1) 山道を行く
P1140794

11年ぶりに米子(よなこ)大瀑布にやってきました。

三男が夏休みでやってきました。勤務が不規則で、連続した休みがとりにくく、世間一般の休みとは合わないようです。今回も2日間の休みですが、その前夜に来てくれました。

運動不足でダイエットが必要と、少し歩かせようとここに決めました。

ここは車がないと来にくいところなので、車で来た息子を利用したともいえます。

白神の旅の途中ですが。アップが長くなりそうですので一休みします。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:09 | 山 (地域外) | コメント(4) ]

2017年09月14日
東北の旅 八幡平と白神6 ブナ林散策道とアクアグリーンビレッジANMON
1
ブナの姿は大きく立派なことから、「山の王様」と呼ばれることもあります。また白い幹は美しく「シロブナ」と呼んで盆栽にされたりします。

その白い色が一筋の流れのように、木にはついていますね。

ブナの葉と枝は上向きについているために雨が降ると、雨は葉から枝を伝わり、ブナの幹を通じて地面に運ばれます。大雨になると幹の表面の流れやすいところを川のように流れ落ちます。これを樹幹流(じゅかんりゅう)と呼ぶそうです

このためブナの林は雨になってもあまり濡れないそうです。

昨日、ブナの模様は地衣類によると書きましたが、樹幹流の場所は地衣類がつかずこのように本来の樹皮の素敵な色をみせています。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:25 | 山 (地域外) | コメント(2) ]

2017年09月13日
東北の旅 八幡平と白神5 ブナ林散策道のブナを訪ねて・・
1
2日目は白神の西目屋村地区のブナを求めての遊歩道を歩きます。
今回のツアーで一番道の悪い場所、晴れてくれて。ほっとしました。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 15:55 | 山 (地域外) | コメント(0) ]

2017年09月09日
東北の旅 八幡平と白神3 八幡平から青森へ
1
八幡平山頂展望台・・・

八幡平は起伏がなく平らで山の頂らしくないところです。この高原の一番高いところには違いがないのですが、八幡平の最高点は一六一四米の三角点があるところで峰と称するほど際立ったものではない」(深田久弥『日本百名山』より)というように、山頂らしくないと岩手県は昭和37年(1962)に、土盛りをしたそうです。それが崩れて昭和61年(1986) に国立公園指定30周年を記念して展望台を作ったそうです。この展望台は老朽化したので平成26年(2014)に建てかえられた2代目だそうです。

展望台とともに雪のころには山頂がわからなくなり道に迷うという遭難対策の意味もあるようです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 12:06 | 山 (地域外) | コメント(4) ]

2017年09月08日
東北の旅 八幡平と白神2 山頂へ 霧と雨の八幡平
1
アスピーテと間違えられた山ですから、道は緩やかです。
晴れていれば気楽な散歩になりそうです。
でも、今回は霧と雨の中の散歩・・・

個人的にはこういう山も幻想的で嫌いではないですが・・・

それに雨は予報通り、予定通りといえます。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:32 | 山 (地域外) | コメント(2) ]

2017年09月07日
東北の旅 八幡平(はちまんたい)へと白神1 八幡平へ
1
八幡平は霧と雨でした。

8月29日朝6時に家を出ようと靴を履いていると携帯と市の防災無線がするとJアラート(全国瞬時警報システム)が鳴って「ミサイル発射。ミサイル発射。北朝鮮からミサイルが発射された模様です。頑丈な建物や地下に避難して下さい」・・・

そういわれても、田舎でミサイルに耐えるような頑丈な建物や地下なんてないですね。それに時間で動かないといけないので出かけました。

駅に着くころに携帯と防災無線が「ミサイル通過。ミサイル通過。先程、この地域の上空をミサイルが通過した模様です。不審な物を発見した場合には、決して近寄らず、直ちに警察や消防などに連絡して下さい」・・・

やれやれ・・・
終ってしまえばいい思い出になりそうですが。ミサイルは飛んできてほしくないものです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:54 | 山 (地域外) | コメント(4) ]

2017年07月04日
東と西からの穂高岳を仰ぐ7 エピローグ 河童橋  回想の北アルプス
0
中央やや右に雪のつけない岩山がありますが、ジャンダルム3,163 mです。

ジャンダルムとは一般的には使われない言葉ですね。本来はフランス語で武装した国家憲兵のことです。このことから山岳用語として、主峰の前に立ちはだかる番兵のようだと使われるようになりました。いちばん最初の本家ジャンダルムはヨーロッパ・アルプス山脈の名峰アイガーの北東山稜(ミッテルレギ稜)のジャンダルムです。ミッテルレギ稜は日本がマナスル初登頂した時の槇有恒さんです。ここはタレントのイモトさんが昨年登られていましたね。
今で一般ルートの一つですが、本場アルプスは日本のようにただ歩いていれば山頂という訳には行きません。岩登りはあるのは当たり前です。地元のガイドによるサポートによるとはいえ体力と基本的な岩登り技術がないと登れないでしょうね。もちろん穂高のジャンダルムの何倍も難しいでしょうね。

穂高のジャンダルムのほかにも剣岳のチンネという岩峰や鳥海山などあちこちにジャンダルムという山は存在します。

ジャンダルムは登山者にとって憧れの場所と名前でもあるようです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:51 | 山 (地域外) | コメント(2) ]

2017年07月03日
東と西からの穂高岳を仰ぐ6 第二幕第三場 梓川に沿って
1
昼食の梓川の河原からの穂高岳・・・
こんな景色の素敵な食事でした。

立ち枯れの落葉松の枯れ木が素敵でした。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:54 | 山 (地域外) | コメント(2) ]