掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (11月10日 浅間山 小諸市町より)
P1510959 
このブログでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。
狭い地域のことで、日記的な意味合いもあり、同じ内容を何度もおなしを繰り返して、マンネリ化していて新鮮味に欠けています。
書いていることは、一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2018年07月04日
津軽の旅6岩木山(3) 岩木山 神の御座・・・
1
七里長浜・・・

日本海に沿って、鯵ヶ沢の川尻から十三湖付近までの長大な砂浜・・・
鎌倉の七里ヶ浜は名前に反して2.9kmで1里もないのですが。ここは正真正銘、7里以上28kmあるそうです。

昨年は白神のブナ林訪れましたがその旅の途で、秋田犬の「わさお」のいる鯵ヶ沢の川尻から北に続くと七里長浜の先にかすかに北海道が見えていました。

この海岸は伸びやかな砂浜の内側に湿原や泥炭地が点在してノハナショウブやニッコウキスゲの群落がみごとな自然の草花の宝庫だそうです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:23 | 山 (地域外) | コメント(0) ]

2018年07月03日
津軽の旅5 岩木山(2) 岩木山 烈風の高みへの道
1

「や! 富士。いいなあ。」と私は叫んだ。富士ではなかつた。津軽富士と呼ばれてゐる一千六百二十五メートルの岩木山が、満目の水田の尽きるところに、ふはりと浮んでゐる。実際、軽く浮んでゐる感じなのである。したたるほど真蒼で、富士山よりもつと女らしく、十二単衣の裾を、銀杏の葉をさかさに立てたやうにぱらりとひらいて左右の均斉も正しく、静かに青空に浮んでゐる。決して高い山ではないが、けれども、なかなか、透きとほるくらゐに嬋娟たる美女ではある。     太宰治「津軽」より 

津軽平野からの岩木山(いわきさん)・・・

この日は岩木山の全容を見ることはできませんでした。
翌日の弘南鉄道の田舎館村あたりの車窓から水田の向こうの津軽富士です。

見事な裾野で、富士を名乗るのにふさわしい気品を感じます。
左側の峰が鳥海山で、左側の平らな部分が巌鬼山です。

太宰治は岩木山の北側の金木の出身で故郷の山といってもいいようです。
十二単衣を着たような岩木山という表現がありますが、この山は、昔から「女子山(おなごやま)」と言われだそうです。山の形が美しく女性的というのももちろんでしょうが、「岩木山縁起」には津軽にやってきた大己貴命古(大国主命)に、津軽半島の北にある田光沼(たっぴぬま)の竜女が宝珠を献じて夫婦になって祀られとなるなど、女神伝説が幾つかあるようです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 12:14 | 山 (地域外) | コメント(0) ]

2018年07月02日
津軽の旅4 岩木山(1) 岩木山スカイラインから日本百名山 岩木山へ
1
日本百名山 岩木山(いわきさん)
標高1625メートルは青森県で一番高い山です。

山頂は雲の中・・・
今回の旅のメインですが・・・
雲が次々と通り過ぎ、真っ白な白昼夢の世界とこんな世界の繰り返しでした。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:46 | 山 (地域外) | コメント(2) ]

2018年06月13日
黒斑山 小諸市民登山3 黒斑山中コース
1
トーミの頭が近づきました。

50mを越える岩山です。
上にいると怖さは感じませんが、こうしてみると迫力満点です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 13:01 | 山 (地域外) | コメント(2) ]

2018年05月25日
名山と名湯と・榛名と伊香保4 伊香保ロープウェイ  ヤマツツジの道・・・
1
上ノ山の頂上へ・・・

榛名山やらバスで伊香保温泉にやってきました。
チェックインには時間があるので、翌日の予定の伊香保ロープウェイで上の上ノ山公園に行ってみることにしました。天気も下り坂のようですし・・・

ヤマツツジが素敵でした。
・・・
ここは榛名火山の一つの峰の二ツ岳から派出する尾根の末端です。
榛名湖から伊香保のバスの両脇も見事なヤマツツジの道でした。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:34 | 山 (地域外) | コメント(0) ]

2018年05月24日
名山と名湯と・榛名と伊香保3 榛名湖と榛名富士
1
榛名富士と榛名湖・・・

1,084 mの湖から見上げる1, 390mの富士山、標高差300メートルの小さな富士ですが。富士山を名乗るのにふさわしい素敵な姿の山です。

そして樹々の緑に包まれた素敵な山です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:18 | 山 (地域外) | コメント(2) ]

2018年05月23日
名山と名湯と・榛名と伊香保2 天目山
1
山は登ったら降りなければ・・・

でもこのあともう一つ登らなくてはならないのですが・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:24 | 山 (地域外) | コメント(0) ]

2018年05月22日
名山と名湯と・榛名と伊香保1 氷室山
1

   麗しき五月 ハイネ   

   麗しき五月
   新しきつぼみたちが開く季節
   私のここのうちに
   恋が芽生えた

   麗しき五月
   小鳥たちは声をそろえてさえずるとき
   私は愛しい人に
   わが熱い胸の内を告げた 


五月の美しい新緑の中を歩いてきました。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 17:08 | 山 (地域外) | コメント(4) ]

2018年05月11日
善光寺の裏山 地附山 5  謙信物見の岩から善光寺
1
降りてゆくと右から大峰山からの道が降りてきます。

大峰山はバードラインから山頂に車で行けます。 地附山とともに長野観光の目玉としようと、昭和37年に(1962)に長野市が観光促進のために4階建ての鉄筋コンクリート製の存在したことも天守を建設して展望台としてしました。そのころ車で行ったことが有ります。その後、昭和56年1981年に「大峰城チョウと自然の博物館」となりました。20年近く前に山道を妻と登って、素敵な蝶の標本を見ました。しかし、バードラインが寸断され利用者の落ち込み10年くらい前に閉館となりました。今はどうなっているかなと・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:04 | 山 (地域外) | コメント(2) ]

2018年05月10日
善光寺の裏山 地附山 4  地附山の夢の後・・・
1
オオシマザクラのようですね。
桜餅に使われる桜です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:29 | 山 (地域外) | コメント(0) ]

2018年05月09日
善光寺の裏山 地附山 3  山頂の遊歩道 古墳と山城と・・・
2
釣り堀跡から道をたどっていくと、直ぐ地附山前方後円墳になります。

この古墳は地附山古墳群という7基の古墳群の中の一つです。この古墳は昭和61年(1986)に筑波大学が測量調査を行い、前方後方墳である可能性あるとされました。

こちらが前方部とか・・・
といってもこの写真ではよくわからないですね。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:36 | 山 (地域外) | コメント(0) ]