掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (12月13日 小諸市新町より)
P1530891 
このブログでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。
狭い地域のことで、日記的な意味合いもあり、同じ内容を何度もおなしを繰り返して、マンネリ化していて新鮮味に欠けています。
書いていることは、一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2018年11月20日
日本三景 松島の旅11 番外編 仙台城
0
青葉城とも呼ばれる仙台城からの仙台の町・・・
城の下を守りの要の広瀬川が流れていました。

伊達政宗も見た風景・・・

でもこんなビルはなく小さな城下町と周りを囲む田園地帯だったかも・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:56 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]

2018年11月13日
日本三景 松島の旅10 松島湾「島巡り仁王丸コース」
0
松島海岸からの松島湾・・・

左から桂島、大藻根島(おおもねじま)小藻根島(こもねじま)毘沙門島 大黒島 布袋島 馬放島・・・
順番は大体です。島が重なっています。
島・島・島・・・・
 
 抑ことふりにたれど、松島は扶桑第一の好風にして、凡洞庭・西湖を恥ず。東南より海を入て、江の中三里、浙江の潮をたゝふ。島々の数を尽して、欹ものは天を指、ふすものは波に匍匐。あるは二重にかさなり、三重に畳みて、左にわかれ右につらなる。負るあり抱るあり、児孫愛すがごとし。松の緑こまやかに、枝葉汐風に吹たはめて、屈曲をのづからためたるがごとし。其気色、よう然として美人の顔を粧ふ。ちはや振神のむかし、大山ずみのなせるわざにや。造化の天工、いづれの人か筆をふるひ、詞を尽さむ。(芭蕉『奥の細道』より)


間単に要約すると、「古くから松島は日本一風景のよいところで、中国の洞庭湖や西湖というと較べても恥ずかしくはない。東南から海水が入る三里もある入江で中国の浙江のように海水を満々と湛えている。島の数は限りなく多く・・・」
下手な訳は、このくらいにしておきますね。あとはあなたが解釈してみてください・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 12:30 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]

2018年11月12日
日本三景 松島の旅9 鹽竈神社
21
鹽竈神社は裏参道の東側の参道から入りましたが、表参道はどんな感じかなと・・・

随身門下から前から表参道を見下ろします。
凄いですね。転がり落ちていきそうに急です。
「男坂」とも呼ばれるそうですが、202段の階段・・・
降りしきる雨の中、往復する気は起きません。随身門の撮影のために202段くらいは下りましたが・・・・
.もっとも、今回は単独行動ではなく、そうした時間もありませんが・・・

最近よくパワー・スボットと言いますが、こういう所を登って初めてパワーがもらえるのかもしれません。

元気に登って来る方がいました。きっとご利益大きいでしょうね。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 14:36 | 旅 (地域外) | コメント(0) ]

2018年11月11日
日本三景 松島の旅8 塩竈 志波彦神社
P1000927
天気予報は曇りでしたが、松島は怪しげ気な天気です。

でも義父は好奇心旺盛、ホテルでじっとしていられる性格ではありません。
折角松島まで来たのですから・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:27 | 旅 (地域外) | コメント(0) ]

2018年11月08日
日本三景 松島の旅7  宿にて 津波のこと・・・
1
宿の空の日の出・・・

良い日になるかなと・・・
この後、雨になりました。
私の心がけが悪かったかな・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 13:08 | 旅 (地域外) | コメント(4) ]

2018年11月07日
日本三景 松島の旅6  福浦(ふくうら)島
1
五大堂から福浦島に移動・・・

個人的には聖地。雄島も気になったのですが、この五人の旅はどこに行きたいかは義父、それによって宿を決めるのは義弟夫婦・・・

そして、旅のスケジュールは私と分業です。
義弟たちは観光の都合とは無視しますので、スケジュールは頭を悩まします。でも、そうした予測もしない宿だから、ありきたりでない場所を廻ることになることも・・・・
一番大切なのは、自分の行きたいところでなく、義父が喜ぶところを優先して決めていきます。それも楽しいことかもしれません。

雄島は宿と反対方向・・・
妻は腰を痛めていますし、余りハードなのは禁物です。

宿への途中の福浦島に向います。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:42 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]

2018年11月05日
日本三景 松島の旅5  五大堂 日本三景展望台 

7
松島城から松島湾の眺望

天守閣から松島湾の島々を眺めました。

松島に城なんてあるのかなと・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:40 | 旅 (地域外) | コメント(0) ]

2018年11月04日
日本三景 松島の旅4  瑞巌寺 
1
瑞巌寺の参道をたどってきて、受付から中に入るとこんな崖が目に入ります。
この崖の裏側は円通院・・・
ずっと続いているのかなと・・・

同じこんな方向に気にせずに、ひたすら本堂に向う人がほとんど・・・
オコジョは信心が足りないのに違いないようです。

それが何より証拠には、この銅像のお方は、申し訳ありませんが、存じ揚げません。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:46 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]

2018年11月03日
日本三景 松島の旅3  瑞巌寺 参道
1
瑞巌寺 参道入口・・・

この後ろは松島湾の海、国道45号線です。瑞巌寺には200mほど・・・

「前は海 後は山で 小松原とエー」と斉太郎節で歌われているように瑞巌寺の後ろは山となっています。

傘をさしている人がいますね。瑞巌寺は妻と二人で参拝した翌日、全員でもう一度参拝しました。2日目は朝のうちは雨でしたが、参拝するころには止んでいました。
今回は瑞巌寺と五大堂は両日の写真が入り混じっています。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:29 | 旅 (地域外) | コメント(0) ]

2018年11月02日
日本三景 松島の旅2  円通院
1
臨済宗妙心寺派 円通院山門・・・

萱葺(かやぶき)屋根の落ち着いた薬医門です。
山門は開山と同時に建てられたと考えられ、松島町指定文化財だそうです。

東日本大震災の時はこの門前まで津波がきましたが、境内には入らずにすんだそうです。

円通院と隣の瑞巌寺は震災1か月後の4月10日に拝観を再開したそうです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:26 | 旅 (地域外) | コメント(0) ]

2018年10月28日
日本三景 松島の旅1  松島へ 天麟院
3
楽しみにしていた日光、那須、磐梯、蔵王の山はみえず・・・

どうも山好きで困ります。わが夫婦は海を目的とした旅をすることがないのですが、義弟夫婦は「山国に住んでいるのだから、やはり旅は海でないと・・・」ということで、一緒の旅行はいつも海辺の宿です。

義父とその子供夫婦の5人旅は、義父の希望を入れながら海辺となります。

でも、我が夫婦はこうした機械がないと海辺に行かないのとで、ちょうどよいのかもしれません。

今回は日本三景松島・・・
そういえば日本三景はみんな海ですね。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:34 | 旅 (地域外) | コメント(0) ]