掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (8月20日 浅間山 小諸市耳取地区より)
999 ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2018年09月02日
夏の青森紀行15 八戸へ、そして旅の終わり
1
十和田湖畔の休屋から八戸へバスで向かいます。
湖畔の宇樽部地区・・・

水田や畑があって、十和田湖は山の中というイメージを少し修正・・・
ここも農村なのだと・・・
もっとも冬は雪の村なのでしょうが・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:30 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]

2018年08月29日
夏の青森紀行14 十和田湖遊覧船② 中湖(なかのうみ)
1
昨日、十和田湖の誕生について触れたように十和田湖は美しい成層火山が陥没して美しいカルデラ湖となりました、

火山の噴火というと浅間山の天明の大噴火、富士山の宝永噴火、雲仙普賢岳など火山の恐ろしさが伝わっていますが、日本の有史の最大の噴火はこの十和田湖だと言われています。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:51 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]

2018年08月28日
夏の青森紀行13 十和田湖遊覧船①  西湖(にしのうみ)
1
休屋からの十和田湖利中山半島・・・

ここは十和田湖の西湖(にしのうみ)・・・
十和田湖は中山半島と御倉中山半島が湖を分断し、西湖と中湖(なかのうみ)東湖(ひがしのうみ)に別れています。

奥入瀬の源流の子ノ口は東湖・・・
今日は休屋のある西湖から中湖への遊覧船に乗ります。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:41 | 旅 (地域外) | コメント(1) ]

2018年08月24日
夏の青森紀行11 十和田湖②十和田神社
2
十和田湖の遊覧船に休屋付近を散策・・・

まずは東北地方に広く分布する水神信仰の象徴とされる十和田神社に参拝します。

素敵な杉並木の参道を行きます。

現地の案内にお願いします。 

この杉並木は十和田神社への参道に植えられたもので、江戸時代の文人菅江真澄は1807年に当地を訪れ、この付近の情景を「・・・杉が群れ立ったところにある数々の鳥居から入り。並び立つ杉の下路を通っていくと堂がある」と、紀行文『十曲湖(とわのうみ)』で記述しています。当時は山岳霊場として十和田信仰の参詣人出賑わい、休屋(やすみや)という地名も参詣人が止まるところとして名づけられました。
ホテル十和田荘から十和田神社までの900mの間に現存する杉並木は、荘厳な景観を醸成し、歴史的にも貴重な資源となっています。




続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:02 | 旅 (地域外) | コメント(0) ]

2018年08月23日
夏の青森紀行10 十和田湖①休屋・県境の宿
1
光る湖水・・・
十和田湖西湖(にしのうみ)・・・

湖畔に奥入瀬渓流の流れだしている子の口からバスで今宵の宿のある休屋(やすみや)に移動しました。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:13 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]

2018年08月20日
夏の青森紀行7 奥入瀬を遡る②雲井の滝  瀑布街道
1
激しく岩と水が戦っているような・・・
沿って歩いて行ったら、行ったらここから離れて行ってしまいました。

少し残念なような・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:52 | 旅 (地域外) | コメント(0) ]

2018年08月19日
夏の青森紀行6 奥入瀬を遡る①石ヶ戸から阿修羅の流れ
0
息子の勤務地が青森のため、ここ6年毎年青森を訪れていますが、青森県を代表する十和田湖と奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)は、有名過ぎると敬遠していました。
渓流沿いに自動車道路があって自然さがないかなと、そして人が多そうだなと・・・

人の多いところはどうも苦手のです。

青森県も私の知らない素敵な名所があるのでしょうか、有名どころで行っていないとて頃がだんだん少なくなって、そろそろ十和田湖と奥入瀬渓流でもいいかなと・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:12 | 旅 (地域外) | コメント(6) ]

2018年08月18日
夏の青森紀行5 八甲田を越えて奥入瀬へ
1
萱野高原(かやのこうげん)からの八甲田山・・・萱野高原
最高峰の標高1,584mの大岳は一番右の田茂萢(たもやつ)岳1324 mの影になって見えません。
中央の遠い山は赤倉岳1521m、そして左は前岳1252m・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:42 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]

2018年08月11日
夏の青森紀行4  青森の饗宴 「ねぶた祭り」
1
孫悟空・・・

強そうですね。

三日間、人の顔ばかり(孫悟空を人と言えるかな)・・・
こうした人形はやはり顔ですね。

昔は竹を使ったそうですが、その為、直線と曲線で、人物の顔はスッキリと表現しにくかったようです。
昭和30年代になって針金を使うことによって。このような精悍な引き締まった表現が可能となったそうです。

全体的に輪郭の黒が全体をはっきりとさせ、活力を与えているようです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:07 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]

2018年08月10日
夏の青森紀行3 「ねぶた」が始まる
1
今年のねぶた大賞・・・

青森菱友会:岩木川 龍王と武田定清 

弘前藩四代藩主信政は新田開発や治水・灌漑工事に力を入れました。
当時の岩木川は、駒越川(現在の岩木川)と樋ノ口川という二本に分かれ、雪解けや大雨の度に氾濫して、城下町や下流域を襲い大きな被害を出していました。この対策として武田定清に岩木川治水工事を命じます。武田定清は岩木川治水工事を見事やり遂げ、岩木川流域の土地と人々の生活を守った英雄だそうです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:06 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]

2018年08月09日
夏の青森紀行2  「ねぶた」祭りの前奏曲
P1460533

0
仙女の世界の女王「西王母」の住む崑崙山を舞う仙女が微笑んでいました。・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:59 | 旅 (地域外) | コメント(0) ]