掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (11月17日 佐久市御牧原より)
P2310750
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2017年11月16日
礒絵里子 ヴァイオリン・リサイタル
0 (1) 0 (2)
真田の里の散歩の時のコンサート・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:48 | 音楽 | コメント(0) ]

2017年10月12日
前橋汀子カルテット【軽井沢大賀ホール主催公演】
0
私の従妹の加わった弦楽四重奏の前橋汀子カルテットのコンサートを聴きに軽井沢大賀ホールに行ってきました。
この写真の左から2番目が従妹の久保田巧です。

チラシには「前橋汀子カルテット日本が世界に誇るヴィルトゥオーゾ」とありました。

この弦楽四重奏団は世界で活躍するヴァイオリニストの前橋汀子が2014年、室内楽への新たなる挑戦として、自らメンバーは結成した団体です。

メンバーはそれぞれすごい経歴の持ち主なので、簡単に照会できませんので、最後に載せておきましたので。興味のある方はご覧ください。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:45 | 音楽 | コメント(4) ]

2017年09月06日
萩原麻未 ピアノ・リサイタル
8 (2)

1
軽井沢大賀ホールの主催公演の萩原麻未さんのピアノ・リサイタルを聴きました。
萩原さんは世界的にも著名なレベルの高いコンクールとして知られる2010年第65回ジュネーヴ国際コンクールのピアノ部門において、日本人として初めて優勝しています。このコンクールは該当者なしとして1位を出さないことも多く、萩原さんも8年ぶりの優勝だったそうです。
このコンクールの優勝者にはアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ、フリードリヒ・グルダ、マルタ・アルゲリッチなど超一級のピアニストがおり、アルゲリッチの時は2位がマウリツィオ・ポリーニという高レベルなものでした。ポリーニは現在の世界のピアニストで最高峰のひとりです。ポリーニはもう一度チャレンジしていますが、1位なしの2位でした。現在活躍している日本のピアニストでは仲道郁代さんが3位に入賞しています。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:47 | 音楽 | コメント(4) ]

2017年08月23日
天満 敦子 ヴァイオリン コンサート
天満敦子 (1)
小海町音楽堂 ヤルヴィホールからの八ヶ岳・・・

松原湖の小海町音楽堂 ヤルヴィホールは好きなホールです。
ただ、小海線で1時間、そこからバス、そして徒歩15分・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:58 | 音楽 | コメント(4) ]

2017年06月19日
ワンコインマチネVol.14 新居 由佳梨(ピアノ)
IMG_20170614_0001
上田宿の散歩の後の上田市交流文化芸術センター サントミューゼのコンサートでした。

新居 由佳梨 Yukari Arai
東京藝術大学、同大学院修士課程を経て、スイス国立ジュネーヴ音楽院(ソリストディプロム取得)を修了。第7回イタリア・モノポリ国際ピアノコンクール第3位(併せてアジア人賞)などコンクールでの受賞多数。オーケストラとの共演の他、パリでのショパン・フェスティバルなどの音楽祭やヨーロッパでのリサイタルシリーズに出演。(中略)

伝説のヴァイオリニスト、イダ・ヘンデル氏とのCD録音や、オリヴィエ・シャルリエ氏との共演ほか、国内外の著名器楽奏者とのアンサンブル出演も数多く、安定感ある技巧と細やかな心配りで室内楽奏者としても厚い信頼を寄せられている。日本音楽コンクール・ヴァイオリン部門で共演賞を2度受賞。(後略)   -プログラムより- 


プロフィールの中にイダ・ヘンデルの名前が出てきて、あれっと・・・
私の持っているCDの中に輸入盤に「歴史的録音で聞く有名ヴァイオリン協奏曲集」いう10枚組のセットがあります。これはフーベルマン、クライスラー、ハイフェッツ、ミルシテイン、シゲティなどSPレコードの名演を集めたものです。名演とは言っても、オーケストラなど音が塊りとなって、録音の良いものを求める人には聞くに堪えないかもしれませんね。この中にイダ・ヘンデルの演奏したドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲が含まれています。1947年録音と言いますから。私は0歳か1歳、もう過去の演奏家だとおもっていたので、本当びっくりしました。9年前に来日したときのデジタル録音だそうですが。息の長い演奏家だと・・・
彼女はその中の3曲の小品を演奏しているそうです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:32 | 音楽 | コメント(2) ]

2017年06月02日
ロバの音楽座オンガッカイ  子供たちと楽しんだコンサート
IMG_20170601_0001
「ロバの音楽座 オンガッカイ」に行ってきました。ロバの音楽座のといってもロバが演奏するわけではなく、ブレーメンの音楽隊でもないです。まずは紹介します。

昭和48年(1973)にロバの音楽座の代表の松本雅隆により中世・ルネサンス音楽を演奏する「カテリーナ古楽合奏団」が結成されます。その4年後の昭和52年(1982)に主に子ども達のための合奏団として「ロバの音楽座」が結成されます。
以下「ロバの音楽座」のHPから引用させていただきます。

(前略)ロバの音楽座は古楽器や空想楽器などにより、ファンタジックな音と遊びの世界を繰り広げている。88年 「愉快なコンサート」が厚生省中央児童福祉審議会の特別推薦文化財作品に選ばれる。98年 「ジグの空想音楽会」が東京都優秀児童演劇選定優秀賞受賞。2004年よりNHK教育ショートアニメ「パンツぱんくろう」「からだであそぼ」などの音楽を担当。 06年 ジブリ作品「ゲド戦記」の音楽に参加する。09年 第3回キッズデザイン賞・創造教育デザイン部門において金賞〈経済産業大臣賞〉を受賞。11年 「らくがきブビビのコンサート」16年 「森のオト」が厚生労働省社会保障審議会特別推薦文化財作品に選ばれる。15年よりNHK Eテレ「いないいないばぁっ」のうーたん人形劇場の音楽を担当。 

ロバの音楽座は古楽器をしていますが、演奏している曲は中世・ルネサンス音楽ではなく、子どもたちがよく知っている曲やオリジナルの曲を演奏しています。

この音楽会なら妻も楽しめそうと、二人で出かけました。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:00 | 音楽 | コメント(0) ]

2017年05月14日
軽井沢大賀ホール 2017春の音楽祭 東京文化会館 presents 軽井沢チェンバーオーケストラ
1
大賀ホールは山桜で飾られていました。

今年の軽井沢大賀ホール春の音楽祭は最初の宮田大のチェロ・リサイタルト最終日の軽井沢チェンバーオーケストラを聴くことができました。

その間には、2つのオーケストラコンサート・ウィーン少年合唱団、小野リサ、岩崎宏美のコンサートがあったのですが、一番聴きたいものを2つ聴けたかなと・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:06 | 音楽 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年05月12日
軽井沢大賀ホール 2017春の音楽祭 宮田大チェロ・リサイタル

1
この日の大賀ホールのある矢ヶ崎公園からの浅間山・・・

ゴールデンウィークの軽井沢は人気の観光地・・・
そして、軽井沢の大賀ホールは連日大物のコンサート・・・
岩崎宏美・東京フィルハーモニー交響楽団・小野リサ・ウィーン少年合唱団・読売日本交響楽団・辻井伸行・・・
凄いですね。

でも、毎年、ここは青森から孫が来ます。
そして。今年は昨年7月に世を去った母親の一年祭( 我が家は神式です。仏式の一周忌です)を行いました。少し早いのですが、休みを取りにくいものも多く、家族全員集合ということで、ゴールデンウィークに設定しました。その関係で各地から人が来るなど、直近まで細かい日程が詠めず、又、準備もあって今年は大賀ホールのコンサートは無理かなと・・・

でも、連休初日の宮田大チェロ・リサイタルを聴けることになりました。

といっても宮田大さんについては何も知らず・・・
以前は音楽雑誌などを定期購読していて、日本の音楽事情は大まかには掴んでいたのですが、50過ぎからは興味が薄くなっていきました。片田舎で、そうした演奏家が聴けるわけではないし・・・
ですから宮田大さんは、大賀ホールで「以前ドヴォルサークのチェロ協奏曲をオーケストラと演奏していたな」くらい(ドヴォルサークのチェロ協奏曲は片手以上のCDをもっていますが、特別好きな曲でもないので行っていませんが・・・)でした。

でもチェロは好きな楽器ですし、当日券で入ることにしました。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:00 | 音楽 | コメント(0) ]

2017年03月20日
マウントあさま室内合奏団 演奏会 ドイツレクイエム  レクイエムについての雑感
1
ブラームスのドイツレクイエムがオーケストラ付きで聴けるというので聴きに行ってきました。

場所は軽井沢大賀ホール・・・

日本ではベートーヴェンの第九交響曲が人気ですね。
この曲をやれば客が集まりますし、歌って感動する合唱団員も沢山いて喜ばしいことです。

ただ。個人的な好みからすると第九交響曲はあまり興味がありません、といっても3回ほど歌ったことがありますし、20代の時は、歌えた感動もありました。

でも、だんだん物足りなくなってきます。70分のうち合唱の出番は15分ほど、それも歓喜の歌を賑やかに盛り上がってあっけなく終わってしまう。

だから人気があるのですがね。陽気で楽しく、合唱をしたことのない人間でも、1年かけて練習すれば歌えるし、ベートーヴェンの最高傑作と折り紙つき・・・

ベートーヴェンの最高傑作かどうかは・・・
傑作のひとつでしょうが、個人的に好きなベストテンには入りません。音楽の好みは聴き手に寄るでしょうね。第九交響曲をすべての音楽の中の最高傑作という人がいても、いいわけですし、否定はしません。

第九の話ではないですね。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:04 | 音楽 | コメント(4) ]

2017年02月01日
Archiv Produktion 1947~2013 未知の領域を教えてくれた音楽
IMG_20170212_0004

1
もう昨年それも半年くらい前のことですが・・・

オーストリアから注文して1月以上、こんなものが届きました。
タイトルを見て、これはなんだと云われる方が、99.9パーセントかも・・・

妻が荷物を受け取ったのですが、おかしなものが来た大丈夫だろうかと危険物扱・・・
昔はサイトウキネンオーケストラのメンバーでもある従姉妹のヴイオリニストが半年はウィーン、半年は東京という生活を送っていました。海外からの郵便物や荷物は、彼女からのクリスマスカード兼年賀状くらいでしたから・・・
海外から荷物なんて来たことのない我が家ですから当然ですね。

中味はこれ、Archiv ProduktionというレーベルのCD55枚・・・
バッハ以前の音楽史と呼ばれる分野の55枚のCDが詰められています。
生活の役に立つ物ではないですね。私の道楽です。道楽とは憧れ・・・

フランスのアルピニストのジャン・コストという人が言っています。

「人生において憧れを持つことは賢明なことだろか?
たいがいの夢は崩れてしまうものだが!」(ジャン・コスト「アルピニストの心」より訳 近藤等)

ピッタリ来ないですね。なんでジャン・コストなんて想い出したのだろう?



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:27 | 音楽 | コメント(4) ]

2016年12月24日
自衛隊ふれあいコンサート in 小諸 陸上自衛隊第12音楽隊 演奏会
1
昨年に引き続き小諸 陸上自衛隊第12音楽隊 演奏会を妻と聴きに行きました。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:51 | 音楽 | コメント(0) ]

2016年12月16日
小さなクリスマスコンサート
1
毎年恒例の私の古い友人のピアノ教室のクリスマスコンサート・・・
特別なことはないのですが・・・

友人と私はおなじ合唱団に所属していて、40年の付き合いがあります。
彼女は女声コーラスのピアノを弾いていましたが。私たちの合唱団にはピアノでなく歌い手でした。以前は佐久レーレルコール(佐久教育会音楽同好会合唱団)という合唱団に属していましたが、ご両親の介護で今は離れているようです。
根っからの音楽好きです。

現在も混声アンサンブルNOVAという8名のアカペラを中心としているグループに属していて次の日曜には上田の上田サントミューゼで混声アンサンブルNOVAの毎年恒例のクリスマスコンサートが行われます。そういえばこの写真でピアノを弾いている女性は混声アンサンブルNOVAの主宰者です。今年の上田の第九演奏会では合唱指導をされていたようです。短大の講師で昨年は第九の練習ピアニスト、そしていくつかの合唱団の指導者をしています。素敵なドビュッシーを聞かせていただきました。私と同じ合唱団にいたこともありましたので、私とも顔なじみです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:23 | 音楽 | コメント(4) ]