掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (8月20日 浅間山 小諸市耳取地区より)
999 ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2018年09月18日
いつまでもお元気で  敬老の日に・・・
P1480014
きのうは敬老の日でした。

我が家は何もなかったのですが、この日のテレビの地方ニュースは長野県知事が100歳になった掛川さんを訪問して長寿を祝ったことが各局で報道されていました。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 16:28 | その他 | コメント(0) ]

2018年09月15日
上田名物! 太郎山の逆さ霧
1
小諸から上田の太郎山・・・

規模は大きくないのですが、逆さ霧が発生していました。そ
霧は上昇気流によって、山の麓から上に昇っていくものですが逆さ霧は、言葉通り山頂から滝のように霧が降りてくる滝雲の一種です。

滝雲とは、雲が山稜を乗り越えて風下側に流れ落ちる層雲や層積雲のことです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:52 | その他 | コメント(4) ]

2018年08月27日
孫との夏休み2 パラダの続きと花火
28.
八ヶ岳は雲の中・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:50 | その他 | コメント(0) ]

2018年08月25日
夏の青森紀行12 十和田湖⓷ 乙女の像と御前ヶ浜
1
十和田湖 乙女の像 高村光太郎作 

青森県では十和田八幡平国立公園指定15周年記念事業として十和田開発に功労のあった大町桂月、武田千代三郎(十八代県知事)、小笠原耕一(十和田村村長・県議員)の三氏の功績をたたえる記念碑建立について検討していました。
当初は観音像というような意見もあったようですが、県庁舎の設計に当たっていた東宮御所、帝国劇場の設計者とて知られる谷口吉郎の「景観からみてもっと象徴的なもののほうが・・・」という意見を踏まえて、奥入瀬を訪れた佐藤春夫に意見を求めたところ「岩手県太田村山口の山荘にいる高村光太郎に依頼」となりました。その依頼した佐藤春夫の手紙は「「昨年同地方に遊び十和田湖の美に打たれた者として同地の山神水伯のため貴下が県の熱意にお応え下さるよう特に小生からもお願い申し上げます。あの森厳崇高な自然に対して置かれるべき芸術品は貴下の御制作より外無いと存じます。・・・あそこに貴下の御制作以外のへんなものが置かれては人間の恥だからです。」と書かれていたそうです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:49 | その他 | コメント(2) ]

2018年06月14日
黒斑山の花たち2 ハクサンイチゲ ヒメイチゲ イワカガミ コミヤマカタバミ ミツバオウレン
ハクサンイチゲ(白山一華  キンポウゲ科イチリンソウ属)1ハクサンイチゲ (1)
白い花は清潔感があっていいですね。

一華というのは1本の花茎に1つの花が咲く花のことで、一輪草という花がありますが意味的には同じことです。

「アズマイチゲ」「キクザキイチゲ」「ヒメイチゲ」など「イチゲ」の付く花があります。何故か春に咲く花が多いですね。里は夏ですが。山はまだ春です。

このハクサンイチゲも1本の花茎に1つの花が咲くのですが、一つの茎からたくさんの柄を出して、花が集まって咲きますので、一華としては花数が多く異色で明るく華やか、かつ賑やかさが感じられる花です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:42 | その他 | コメント(2) ]

2018年05月12日
とりとめもなく・・・ 
1
昨日の浅間山・・・
一昨日は冷え込んで山は雪・・・・
季節外れの雪景色の浅間山となりました。

新緑と浅間山・・・
なかなか見られません。

この浅間山の後ろ側は群馬県・・・
これから群馬県に一泊の小旅行にいってきます。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 06:21 | その他 | コメント(2) ]

2018年04月24日
熱海・箱根あたり 海と富士山と寺社5 十国峠の富士
1
 十国峠から見た富士だけは、高かった。あれはよかった。はじめ、雲のために、いただきが見えず、私は、その裾の勾配から判断して、たぶん、あそこあたりが、いただきであらうと、雲の一点にしるしをつけて、そのうちに、雲が切れて、見るとちがった。私が、あらかじめ印(しるし)をつけて置いたところより、その倍も高いところに、青い頂きがすっと見えた。おどろいた、といふよりも私は、へんにくすぐったく、げらげら笑った。やってゐやがる、と思った。(太宰治「富嶽百景」より)  

太宰治は十国峠が好きで、「十国峠に一緒にハイキングに行かないか?」と友人に手紙を書いたとか・・・
これが太宰治の大好きな富士の姿です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:11 | その他 | コメント(2) ]

2018年04月18日
布引の花布引山と御牧ヶ原河岸段丘の花2 コブシ キブシ チョウジザクラ
0

コブシ(辛夷  モクレン科モクレン属)
1コブシ (1)
コブシはこちらではソメイヨシノより、やや早く青空に白く春を告げます。
花の時期はソメイヨシノより長いので桜の時期まで咲いています。
といっても小諸のソメイヨシノは葉桜に移行中です。

コブシとハクモクレンの花は良く似ていますが、コブシはハクモクレンより花ビラの巾が狭く、全体的に小さくほっそりと繊細な感じです。またには、花の下にハクモクレンにはない小さな葉があるので区別できます。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:15 | その他 | コメント(0) ]

2018年04月17日
東京の片隅で1 50年ぶりの青春の痕跡・野方(東京中野区)
1
浅間山・・・

東京の片隅でと言いながら浅間山で恐縮です。浅間山の四季はこのブログの看板ですので・・・

高校の同級会があり、東京に行ってきました。
昼の会なのであまり時間が無いのですが、折角の遠出なので、どこか寄っていこうと、選んだところがあまりに地味なので、アップをやめようかと・・・

ただ個人的には懐かしい土地なので、アップです。さっと通り抜けてください。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:57 | その他 | コメント(4) ]

2018年04月15日
小諸 懐古園の桜散り始め・・・
1
桜というと、いつも三の門で始めていますが・・・
今年は2回目ですので・・

小諸義塾記念館のまえのコモロヤエベニシダレから始めます。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:07 | その他 | コメント(0) ]

2018年04月11日
帰っていく鳥たち

3日ほど留守にします。
すこし南のほうに・・・


ジョウビタキ(尉鶲、上鶲  スズメ目 ヒタキ科)  
ジョウビタキ (2)
「冬が帰っていくよ」というフレーズのある合唱曲を聴いた記憶があるのですが。何という曲だったのか・・・

「冬の終わり」とか、「冬が去る」という言い方も有りますが、なんとなく優し気でいいですね。

オレンジの前掛けに銀のシャッポ、ジョウビタキのオスです。

夏にはたくさんの小鳥で賑わいますが、冬は少なめです。
そんな中でもお洒落で目立つのがこの鳥です・

ジョウビタキは、夏はモンゴル、ロシアや中国西部からサハリンなどの北の国で繁殖して、日本には冬鳥として全国にやってきます。

そして、「冬が帰っていくよ」というか、もう帰ってしまったようです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 05:57 | その他 | コメント(2) ]