掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (5月11日 小諸市坂保町より)
P1330965 ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2018年05月11日
善光寺の裏山 地附山 5  謙信物見の岩から善光寺
1
降りてゆくと右から大峰山からの道が降りてきます。

大峰山はバードラインから山頂に車で行けます。 地附山とともに長野観光の目玉としようと、昭和37年に(1962)に長野市が観光促進のために4階建ての鉄筋コンクリート製の存在したことも天守を建設して展望台としてしました。そのころ車で行ったことが有ります。その後、昭和56年1981年に「大峰城チョウと自然の博物館」となりました。20年近く前に山道を妻と登って、素敵な蝶の標本を見ました。しかし、バードラインが寸断され利用者の落ち込み10年くらい前に閉館となりました。今はどうなっているかなと・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:04 | 山 (地域外) | コメント(2) ]

2018年05月10日
善光寺の裏山 地附山 4  地附山の夢の後・・・
1
オオシマザクラのようですね。
桜餅に使われる桜です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:29 | 山 (地域外) | コメント(0) ]

2018年05月09日
善光寺の裏山 地附山 3  山頂の遊歩道 古墳と山城と・・・
2
釣り堀跡から道をたどっていくと、直ぐ地附山前方後円墳になります。

この古墳は地附山古墳群という7基の古墳群の中の一つです。この古墳は昭和61年(1986)に筑波大学が測量調査を行い、前方後方墳である可能性あるとされました。

こちらが前方部とか・・・
といってもこの写真ではよくわからないですね。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:36 | 山 (地域外) | コメント(0) ]

2018年05月08日
善光寺の裏山 地附山 2 金比羅宮から山頂目指して
11
遠くの山の一番左が浅間山・・・

浅間山が見えたというだけで、嬉しくなって・・・
本当にちいさくみえるだけなのですが・・・

浅間屋から右へ黒斑山、そして籠ノ登山・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:26 | 山 (地域外) | コメント(2) ]

今年のカバンの藤
1
藤色・・・

藤色と言いますが、こうしてみると紫、黄、白の組み合わせで繊細ですね。

『日本書紀』に推古天皇11年(604)日本で初めて冠位十二階という朝廷における官吏の位を制定したとあります。その位は冠の色を変えて位を表したとか、この時の色については具体的な記述がありませんが、藤色の紫は、その後の七色十三階冠など引き継がれている官位を見ると官位の色を高貴な色として最高位に朝廷で使われました。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:22 | 花 植物 | コメント(6) ]

2018年05月07日
善光寺の裏山 地附山 1  善光寺奥の院 地すべりの山へ
1
善光寺の裏側からの地附山・・・

小さな里山です。
どんな小さな山でも、その山ならの良さがある。日本百名山ばかりが、良い山ではない。
これが私の山への姿勢かもしれません。日本百名山は多すぎて自然を楽しむには今ひとつ・・・
深田久弥が登った頃は良かったのでしょうか・・・

でもなんとなく大きな町の近くの山は敬遠する傾向がありました。小さな村の里山は好きなのですが・・・

この山は今まで登ったことはありませんでした。
でも、善光寺平からよく見える山・・・
そして、歴史的にも、気になる山でした。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:28 | 山 (地域外) | コメント(0) ]

2018年05月06日
中部横断自動車道から松原湖高原へ
1
松原湖高原の白樺も新緑の季節を迎えていました。
少し風が強い日でしたが、陽射しは暖かくて、青空が素敵でした。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:48 | 佐久地方全般 | コメント(4) ]

2018年05月05日
熱海・箱根あたり 海と富士山と寺社11 玉宝寺の五百羅漢(ごひゃくらかん) 小田原 
1足柄峠
小田原からの大雄山線からの富士山・・・

右にちょっとだけ見えている山は金太郎の金時山・・・

塚原駅付近の鉄橋の上から・・・
車内から風景を写真に治めていたら、地元のおじいさんが塚原駅を過ぎ橋の上からが撮影に良いといって、塚原駅で降りて行きました。すっきりと富士山を撮影できるのはここだけでした。お礼を言えませんでしたがありがとうございました。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:13 | 旅 (地域外) | コメント(0) ]

2018年05月04日
祢津東町歌舞伎 二百数十年の歴史の地芝居 伽羅先代萩
1

祢津小学校歌舞伎クラブによる子ども歌舞伎「土蜘蛛退治」の山場の一つ、土蜘蛛が本性を見せて、兵たちに蜘蛛の糸を放つ場面・・・
大きな歓声に包まれました。

毎年、4月29日に東御市祢津の日吉神社の東町歌舞伎舞台で「祢津東町歌舞伎」の公演が行われています。10年ほど前に一度観たことが有り、また観たいと思っていたのですが、、この時期は孫が来たり、また遊びに出かけたりと、そして天気が悪かったりして、10年ぶりに、行きたいと言い出した妻と観てきました。

子供たちの熱演・名演におひねりがたくさん飛んで、足元を白くしていました。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:03 | 東御市・立科町 | コメント(2) ]

2018年05月03日
熱海・箱根あたり 海と富士山と寺社10 大雄山最乗寺 杉の並木から仁王門へ
0
最乗寺の仁王門から境内への杉並木の参道は「大雄山アジサイ参道」と呼ばれる紫陽花の名所だそうですが、この時期はシャガの花が綺麗でした。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:29 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]

2018年05月02日
熱海・箱根あたり 海と富士山と寺社9 大雄山最乗寺奥の院
1
最乗寺には、あちこちに天狗さんがいらっしゃいます。

東京・八王子市の高尾山の飯縄権現、群馬・沼田市の迦葉山の中峯尊者、茨城。稲敷市大杉神社の常陸坊とともに「関東の四大天狗」だそうです。

天狗というと奥山に住む、山伏の姿の赤ら顔で鼻の高い怖そうな、怪物というか、妖怪というイメージですね。このタイプの天狗を鼻高天狗と言います。「天狗になる」という言葉ここからきています。

この写真の天狗は鼻先が尖って鳥のくちばしのようだと「烏天狗」または「木の葉天狗」と呼ばれます。顔が青く描かれることが多く「青天狗」とも・・・

この狐に乗る烏天狗の姿は飯縄大権現そのものです。

天狗の話は後程、もう少し詳しく説明しますが、昨日の続きに戻ります。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:02 | 旅 (地域外) | コメント(0) ]