掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (6月3日 浅間山外輪山黒斑山より)
P1360610 ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2018年07月10日
津軽の旅10 黒石温泉  津軽こけし館
0
岩木山・・・

いい山ですね。ついつい撮影してしまいます。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:18 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]

2018年07月09日
津軽の旅9 弘前城通り抜け  弘前城 石垣修理など
1
弘前市立観光館からの弘前城・・・
見えているのは「追手門」・・・

津軽藩ねぷた村の食事処で昼食の予定でしたが、団体が入り満席ということでした。この周辺には食事をするところはなく、5年前に弘前城を訪れたときに食事をした市立観光館のレストランに行くことにしました。この写真の場所へねぷた村から出発・・・
1.5キロの散歩です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:50 | 旅 (地域外) | コメント(0) ]

2018年07月08日
津軽の旅8 弘前 津軽藩ねぷた村・・・
23

昨日登った、岩木山・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:09 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]

2018年07月07日
今頃の懐古園は紫陽花の季節
1
懐古園のガクアジサイ・・・

西洋アジサイと較べると地味ですが、味わい深さはこちらかもしれません。
私の好みはガクアジサイです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:45 | 小諸 風景 自然 | コメント(0) ]

2018年07月06日
千曲川から懐古園目指して・・・
1
懐古園下のダムの下の千曲川・・・

津軽の写真の整理が間に合わずつなぎです・・・
普段の日のある日の散歩・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:55 | 小諸 風景 自然 | コメント(0) ]

2018年07月05日
津軽の旅7 岩木山神社  津軽一円の信仰の源
1
岩木山神社からの岩木山・・・

69のヘアピンカーブを下って、弘前行のバスを「岩木山神社」で途中下車・・・
見あげる山の頂は雲の中でした。

「岩木山」と「岩木山神社」はどちらも「岩木山」の文字を使っていますが読み方が違います。山は「岩木山(いわきさん)」で、神社は「岩木山神社(いわきやまじんじゃ)」です。

浅草と書いて、「あさくさ」\、寺は「せんそうじ」ですね。よくあることです。

岩木山は江戸時代にはよくあるように女人禁制でした。そして武士も禁制だったそうです。興味のあるところですが、その理由はわからないそうです。農耕の神ということだったのかもしれません。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 12:51 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]

2018年07月04日
津軽の旅6岩木山(3) 岩木山 神の御座・・・
1
七里長浜・・・

日本海に沿って、鯵ヶ沢の川尻から十三湖付近までの長大な砂浜・・・
鎌倉の七里ヶ浜は名前に反して2.9kmで1里もないのですが。ここは正真正銘、7里以上28kmあるそうです。

昨年は白神のブナ林訪れましたがその旅の途で、秋田犬の「わさお」のいる鯵ヶ沢の川尻から北に続くと七里長浜の先にかすかに北海道が見えていました。

この海岸は伸びやかな砂浜の内側に湿原や泥炭地が点在してノハナショウブやニッコウキスゲの群落がみごとな自然の草花の宝庫だそうです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:23 | 山 (地域外) | コメント(0) ]

2018年07月03日
津軽の旅5 岩木山(2) 岩木山 烈風の高みへの道
1

「や! 富士。いいなあ。」と私は叫んだ。富士ではなかつた。津軽富士と呼ばれてゐる一千六百二十五メートルの岩木山が、満目の水田の尽きるところに、ふはりと浮んでゐる。実際、軽く浮んでゐる感じなのである。したたるほど真蒼で、富士山よりもつと女らしく、十二単衣の裾を、銀杏の葉をさかさに立てたやうにぱらりとひらいて左右の均斉も正しく、静かに青空に浮んでゐる。決して高い山ではないが、けれども、なかなか、透きとほるくらゐに嬋娟たる美女ではある。     太宰治「津軽」より 

津軽平野からの岩木山(いわきさん)・・・

この日は岩木山の全容を見ることはできませんでした。
翌日の弘南鉄道の田舎館村あたりの車窓から水田の向こうの津軽富士です。

見事な裾野で、富士を名乗るのにふさわしい気品を感じます。
左側の峰が鳥海山で、左側の平らな部分が巌鬼山です。

太宰治は岩木山の北側の金木の出身で故郷の山といってもいいようです。
十二単衣を着たような岩木山という表現がありますが、この山は、昔から「女子山(おなごやま)」と言われだそうです。山の形が美しく女性的というのももちろんでしょうが、「岩木山縁起」には津軽にやってきた大己貴命古(大国主命)に、津軽半島の北にある田光沼(たっぴぬま)の竜女が宝珠を献じて夫婦になって祀られとなるなど、女神伝説が幾つかあるようです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 12:14 | 山 (地域外) | コメント(0) ]

2018年07月02日
津軽の旅4 岩木山(1) 岩木山スカイラインから日本百名山 岩木山へ
1
日本百名山 岩木山(いわきさん)
標高1625メートルは青森県で一番高い山です。

山頂は雲の中・・・
今回の旅のメインですが・・・
雲が次々と通り過ぎ、真っ白な白昼夢の世界とこんな世界の繰り返しでした。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:46 | 山 (地域外) | コメント(2) ]

2018年07月01日
津軽の旅4 嶽の湯 山のホテル (岩木山麓)
1 (2)
熊さんと一緒・・・

大きなツキノワグマですね。
こんなのが向かってきたらたまらないですね。

その下に火縄銃・熊槍・またぎ・ナイフ(槍) と熊狩りの道具がありました。
この宿の先代の主人はマタギをしていたそうです。
この岩木山麓には熊が住んでいて、こうした武器を携えて山に入ったようです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:39 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]

2018年06月30日
浅間山と田圃と桑の実とそして・・・
1
小原地区からの浅間山・・・

津軽から帰った翌日の散歩・・・
健康のための運動・・・

津軽の旅の写真の整理がつかなくて幕間です。
中味は超手抜きで簡単です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 13:32 | 小諸 風景 自然 | コメント(0) ]