掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 10月9日 (小諸市飯綱山より)
P1310195
 このブログでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。
狭い地域のことで、日記的な意味合いもあり、同じ内容を何度も繰り返して、マンネリ化していて新鮮味に欠けています。
書いていることは、一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2019年08月31日
コスモスと蝶・ススキなど  散歩道のスナップ
1
コスモスを見ると秋だなと・・・

天高く馬肥える秋・・・
私は夏のうちから太り気味で困っていますが・・・

家の近くの散歩で撮影した何気ないスナップ写真を関連もなく並べてみました。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:01 | 小諸 風景 自然 | コメント(0) ]

2019年08月30日
千曲川に沿って3 松原湖駅から小海駅あたりの千曲川
P1490254
松原湖・・・

千曲川ではありませんが、かつて千曲川の支流の大月川が平安時代の仁和3年(887)に南海トラフ沿いの巨大地震といわれる仁和地震により、北八ヶ岳の天狗岳崩壊により、巨大な岩屑なだれによりせき止められて、いくつもの自然湖の松原湖沼群ができました。そのうち一番大きなと湖がこの猪名湖です。ほかにも千曲川を堰き止めた巨大な湖の古千曲湖が生まれ、翌年決壊、大洪水となり、その被害は千曲川沿いの佐久平、上田盆地から善光寺平の100キロの流域に大きな被害となったようです。

話がそれてしまいましたが、湖の向こうの山は川上村の天狗山と男山、その後ろを千曲川が流れ、水源があります。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:41 | 佐久地方全般 | コメント(0) ]

2019年08月29日
湯の丸高原と烏帽子岳の花たち7 シシウド イブキボウフウなど
11ソバナ (2)

シシウド(猪独活  セリ科シシウド属) 1シシウド (1)
ノアザミなんかに負けるな・・・
天まで届けと背伸びをしているシシウド・・・

花は白くて派手さはありませんが、高原では大きく存在感があります。
大きいからとシシウドだろうと誤解されている節があります。

シシというとライオンの獅子を想像しがちですが、ここのシシは猪のことです。
日本では、古くから狩の対象の動物をシシと呼びました。
鹿はカノシシ、カモシカはクラシシというように・・・

料理の世界では「シシ鍋」は「ぼたん鍋」で、イノシシ肉の料理ですね。
この花は、イノシシの食べるウドから名前が付いたといわれます。

本当にイノシシはこのウドをむしゃむしゃと食べるのか・・・
余り食べないそうですね。でも、嘘ではなく、食料の乏しい冬、根を掘って食べるいか・・・
昔の人は、そんなところまで、観察して名前を付けたのでしょうか・・・・
いいえ、イノシシでも、食べそうだくらいだと私は思うのですが・・・・

北八ヶ岳の山小屋の方の話ですと、シシウドは鹿が、好んで食べるそうです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:53 | 花 植物 | コメント(0) ]

2019年08月28日
ある日のひと時 安藤百福センター と あぐりの湯
1
あぐりの湯からの浅間山・・・

大したことはしていないのですが、お盆に子供たちとの生活疲れますね。
夏の疲れをいやそうと、郊外のあぐりの湯へ・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:26 | 小諸 風景 自然 | コメント(0) ]

2019年08月27日
湯の丸高原と烏帽子岳の花たち6 ヤマオダマキ ノアザミ マルバタケブキ 
ヤマオダマキ(山苧環  キンポウゲ科オダマキ属)
1ヤマオダマキ (1)
当たりの自然の中に溶け込む様な優しさに満ちた花・・・
この黄色の優しさがいいですね。
私の好きな花の一つです。

形も秀逸ですね。花はそこそこに大きいのですが。この控え目で目につきにくいようで、あまり注目されないようです。でも派手さはなくても、形と風情はこれぞ日本の花という風情があるようです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:38 | 花 植物 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年08月26日
今日の浅間山   小浅間山から身近に
P1270706
きょうの小浅間山からの浅間山・・・

浅間山は昨夜午後7時28分頃に小規模噴火がありました。噴煙が約600メートルの高さとか、たいしたことは無かったようです。噴火でなくとも煙の多い時はもっと高くまで登ります。もっともその時の煙は水蒸気なので真っ白ですが・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 20:41 | 山 浅間山周辺 | コメント(2) ]

烏帽子岳3 烏帽子岳にて
1
なんとかしばらく天気は持つかなと・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:14 | 山 浅間山周辺 | コメント(0) ]

2019年08月25日
「いつの間に もう秋!」  秋の気配
1

    また落葉林で        立原道造(『優しき歌』より)

いつの間に もう秋! 昨日は
夏だつた…… おだやかな陽気な
陽ざしが 林のなかに ざわめいてゐる
ひとところ 草の葉のゆれるあたりに


続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:56 | 小諸 風景 自然 | コメント(2) ]

2019年08月24日
湯の丸高原と烏帽子岳の花たち5 コキンレイカ トモエシオガマ
P1280352

コキンレイカ (小金鈴花  オミナエシ科オミナエシ属)
         別名 ハクサンオミナエシ(白山女郎花)

1コキンレイカ (1)
この花の別名はハクサンオミナエシ(白山女郎花)・・・

最近はハクサンオミナエシを使う人が多く別名コキンレイカだと文句が来そうです。
白山は、日本三名山の白山、日本人はこうした、ブランドに弱いようです。

私は、50年近く前に買った野草図鑑でコキンレイカと、この花の名前を覚えました。ですからコキンレイカです。小さな金の鈴で、小金鈴花いいじゃないですかね。名前も短く、すっきりしていますし・・・

花が開く前の姿は、まさしく小さな素敵な金の鈴です。
勿論、咲いた花も素敵です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:50 | 花 植物 | コメント(0) ]

2019年08月23日
烏帽子岳2 烏帽子岳への道にて
1
ワレモコウ・・・
その向こうに籠ノ登山・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 13:07 | 山 浅間山周辺 | コメント(2) ]

2019年08月22日
湯の丸高原と烏帽子岳の花たち 4 ハクサンフウロ ハナチダケサシ ワレモコウなど
ハクサンフウロ(白山風露  フウロソウ科フウロソウ属)
1ハクサンフウロ (1)
白山は有名な加賀白山です。
でも、湯の丸高原のいたるところで咲く花です。

風の露とは風流な・・・
薄桃色の整った花ですね。花弁も花茎も、たおやかで、優しい感じがします。
長野には「風の露」という清酒が有ります。「かぜのしづく」と読むのですが、
千曲川水系の伏流水と契約栽培の酒米をつかった限定酒なのですが、まだ飲んだ
ことがありません。一度、飲みたいものと、飲兵衛のたわごとです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:53 | 花 植物 | コメント(2) ]