掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 5月08日 小諸市耳取より)
P1150182 
このブログでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。
狭い地域のことで、日記的な意味合いもあり、同じ内容を何度も繰り返して、マンネリ化していて新鮮味に欠けています。
書いていることは、一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2019年06月26日
おなじみの花たち2 オドリコソウ ヒレアザミ ガマズミ ノイバラ ハルジオン など
オドリコソウ(踊り子草  シソ科オドリコソウ属)
1オドリコソウ (1)
茎を花が取り囲む様子から、笠を被った着物姿の踊り子が輪をえがいていると名が
つきました。花の上側は笠、下半分が踊り子です。

私は、踊り子というと、ドガのバレリーナの絵が有名ですね。
この花は白い衣装で両手を広げているようです。盆踊りなどの日本の娘さんたちのようです。
ただ白という色は白い花は笠を被った着物姿の踊り子というより、白鳥の湖の白鳥たちのイメージもあるような・・・

佐久で見るオドリコソウはほとんど白い花です。この花には、淡紅紫色の花もあるそうです。その場合だいぶ印象が変わるかもしれません。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:13 | 花 植物 | コメント(2) ]