掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (12月1日 小諸市滝原より)
P1040610 
このブログでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。
狭い地域のことで、日記的な意味合いもあり、同じ内容を何度もおなしを繰り返して、マンネリ化していて新鮮味に欠けています。
書いていることは、一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2018年10月31日
浅間山麓 マンズワイナリー収穫祭1  バッカス・実りの秋
1
マンズワイン小諸ワイナリーのケヤキ・・・

この辺りでは、わりと知られた並木です。といっても工場の敷地都内なので、150m位ですが・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:48 | 小諸 町 祭 イベント | コメント(0) ]

2018年10月30日
秋・懐古園紅葉祭り2  東信菊花展・・・
1
史上最強の力士と言われた雷電 爲右エ門の菊人形・・・

今年の大相撲名古屋場所で長野県木曽郡上松町出身の御嶽海 久司が幕内最高優勝を成し遂げました。長野県出身力士の優勝は優勝制度が制定された明治
今年の大相撲名古屋場所で長野県木曽郡上松町出身の御嶽海 久司が幕内最高優勝を成し遂げました。長野県出身力士の優勝は優勝制度が制定された明治42年(1909)6月場所以後、初の快挙でした。
ただ、明治42年以前の江戸時代から明治時代に至るまでは、いかなる形でも個人の成績優秀者への顕彰制度はなかったそうです。しかし番付と星取はほとんど完全に現在に伝わっていて、優勝に相当する力士を推定することができます。
江戸相撲の本場所は34場所出場して254勝10敗、勝率9割6分2厘であった。このうち24回の優勝相当でした。

この菊花展には毎年出場しています。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 13:58 | 小諸 町 祭 イベント | コメント(2) ]

2018年10月29日
秋・懐古園紅葉祭り1  秋の中へ・・・
1
義父が懐古園の菊花展を見たいということで、いつもの5人組で菊花展と懐古園の紅葉狩りを楽しんできました。

三ノ門の向こうに欅の紅葉が秋を告げています。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:48 | 小諸 町 祭 イベント | コメント(2) ]

2018年10月28日
日本三景 松島の旅1  松島へ 天麟院
3
楽しみにしていた日光、那須、磐梯、蔵王の山はみえず・・・

どうも山好きで困ります。わが夫婦は海を目的とした旅をすることがないのですが、義弟夫婦は「山国に住んでいるのだから、やはり旅は海でないと・・・」ということで、一緒の旅行はいつも海辺の宿です。

義父とその子供夫婦の5人旅は、義父の希望を入れながら海辺となります。

でも、我が夫婦はこうした機械がないと海辺に行かないのとで、ちょうどよいのかもしれません。

今回は日本三景松島・・・
そういえば日本三景はみんな海ですね。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:34 | 旅 (地域外) | コメント(0) ]

2018年10月27日
高峰高原の秋4 落葉松・ハクサンフウロ・イワカガミなど・・・
カラマツ(落葉松、唐松 マツ科カラマツ属)
1落葉松 (1)
今回の高峰高原は落葉松の黄葉の盛りには早く、色付き始めという感じでした。
日当たりによるのかかなり色付いている木もありました。

何度も書いていることですが・・・
落葉松は日当たりの良い所を好む木です。
浅間連峰は火山の連なり、その内の最高峰の浅間山は活火山です。

火山は火山灰や溶岩で酸性が強い土壌で、はじめは何の植物も生えません。
森林限界という言葉があります。これは、その土地の気候によって、一定の標高からは上は寒さにより、樹々が生育できない高さです。
ただ森林限界は火山にもあります。火山の土壌は酸性が強くも樹の成育できない酸性度による森林限界が生れます。しかし、火山活動が緩やかになると、そうした荒地に、乾燥に強い草、ススキやイタドリ等が進出し草原になります。
高山植物のコマクサもこうした南中まで乾燥した砂礫の土地を好みます。草が茂るとコマクサは姿を消します。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:11 | 花 植物 | コメント(0) ]

2018年10月26日
秋の籠ノ登山を行く5 高峰高原へ
1
水ノ塔山からの浅間山・・・

少し前には白煙を上げていたのに今は一休み・・・
山は生きています。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 10:30 | 山 浅間山周辺 | コメント(2) ]

2018年10月25日
コンサートの日に・・・  信州国際音楽村あたり
1
この日は、浅間山の初雪の日・・・

午後はコンサートで上田市丸子の信州国際音楽村へ・・・
浅間は雲隠れでした。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:17 | 上田市・小県郡 | コメント(0) ]

横川晴児クラリネットリサイタルwith秋場敬浩
1
古碑のコンサートのチラシを見て、東京ならクラリネットのリサイタルはそう珍しくも無いのでしょうが、こちらでは滅多に聴けませんので聴きたいなと・・・

元NHK交響楽団の主席クラリネット奏者の横川晴児さんです。横川さんは2002年からは、軽井沢国際音楽祭で音楽監督を務めています。
音楽祭で、彼のソロや室内楽、そしてオーケストラの指揮などで、何度も演奏に接している親しみのある音楽家です。

ピアノの秋場敬浩さんは、日本人初のロン=ティボー国際コンクールのヴァイオリン部門優勝者の小林美恵さんと上田でディオリサイタルを聴きました。その前にも個性的なヴァイオリニストの佐藤久成さんとの共演したコンサートを聴いたことがあります。

秋場敬浩さんは東京藝術大学音楽学部を首席で卒業したピアニストで、今は母校の講師をしているようです。彼は、横浜の生まれだそうですが、小諸高等学校音楽科を卒業しています。県立の高校なので長野県と関係があるのかなと思ったら小諸高等学校音楽科は県外からも生徒を受け入れているそうです。

秋場敬浩さんは昨年から、横川晴児さんが音楽監督を務めている軽井沢国際音楽祭で小林美恵さんやピアノのブーニンとも共演しています。このコンサートも軽井沢国際音楽祭から生まれたようです。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:14 | 音楽 | コメント(0) ]

2018年10月24日
高峰高原の秋3 マツムシソウ・イワインチン・ホツツジなど・・・
マツムシソウ(松虫草  マツムシソウ科マツムシソウ属)
1マツムシソウ (1)
マツムシは秋の虫・・・
マツムシソウは秋の花というイメージがありますが、夏の盛りから咲いている花ですが、高原の夏は短く、すぐ秋・・・
この花は山の秋を告げる花と言えなくもないようです。

そして高原の秋も駆け足・・・
一日の山歩きで一輪だけ咲いているマツムシソウを見つけました。

でも花のいくつかは無く・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:15 | 花 植物 | コメント(0) ]

2018年10月23日
秋の籠ノ登山を行く4 七千尺コース  籠ノ登山から水ノ塔山
5
籠ノ登山から浅間山・・・

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:35 | 山 浅間山周辺 | コメント(2) ]

2018年10月22日
2018年 浅間山初雪
0
昨日の2018年10月21日(日)晴れ・・・
もっとも小諸は朝のうちは曇り・・・

今日はいい天気の予報・・・
でも小諸の朝は曇り・・・

山の上は雲海かなと・・・

妻は父親の定例の訪問、私はいくつか用事もあるのでも家・・・
そして、近くのスーパーへ買い物、見上げた青空の下に浅間の山・・・

いつもと違う山だなと・・・

浅間山に白い筋・・・
浅間山初雪・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:14 | 小諸 風景 自然 | コメント(2) ]