掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (6月30日 浅間山 小諸市丸山地区より)
P1430797 ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2018年06月03日
名山と名湯と・榛名と伊香保9 水沢観音と水沢うどん
1
榛名山の一峰の水沢山(みずさわやま1194m)、地図には浅間山(水沢山)とありますが、地元でも水沢山と呼ぶのが一般的です。浅間山は「あさまやま」ではなく、「せんげんやま」です。富士山の神の木花開耶姫(コノハナサクヤヒメ)を祀る山のようです。
富士山の神が木花開耶姫として一般化したのは江戸時代のようです。富士山麓には富士山の噴火を鎮める浅間神社がありますが、そこでは富士山を神格化した浅間大神を祀って創建されています。

この山富士山に似ているようですね。

伊香保という地名は神が「怒る山」という説があると山を歩いた時に前に紹介しました。伊香保神社はその「怒る山の神」の「いかつほの神」を祀る山岳信仰の神社であったようです。
榛名山も含むこの地方を古くは「いかほ」と呼んだようです。
「いかつほ」は「厳つ峰」(いかつほ)とか「雷の峰」(いかつちのほ)で、榛名山と言われますが、伊香保神社が伊香保の温泉街に移る前に鎮座した。水沢山を指す古名だったと言われます。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:51 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]