掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (6月30日 浅間山 小諸市丸山地区より)
P1430797 ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2018年06月30日
浅間山と田圃と桑の実とそして・・・
1
小原地区からの浅間山・・・

津軽から帰った翌日の散歩・・・
健康のための運動・・・

津軽の旅の写真の整理がつかなくて幕間です。
中味は超手抜きで簡単です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 13:32 | 小諸 風景 自然 | コメント(0) ]

2018年06月29日
津軽の旅3 浪岡の歴史散歩 浪岡八幡宮  浪岡城跡
1
中世の館の隣には浪岡八幡宮・・・
もちろん立ち寄ります。なかなか歴史の有りそうな神社ですから・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 12:33 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]

2018年06月28日
津軽の旅2 浪岡の歴史散歩 中世の館と旧坪田家住宅
1
昨日の玄徳寺の前の浪岡川・・・

青森県は北と東西の三方向を海に囲まれていますが、奥羽山脈、白神山地、津軽山地などによる大半が山で占められています。
浪岡のあるのは青森県最大り平野の津軽平野の中東部にありますが、西は八甲田山群の末端、北は津軽山地の最南端という場所に位置する山裾の町といえます。

この浪岡川は直ぐ十川という川と合流し五所川原で岩木川となります。

岩木川の流域が津軽平野、岩木川とその支流などが埋めていった沖積平野が津軽平野です。「青天の霹靂」、「つがるロマン」といった津軽米の産地で青森の米どころであり、内陸では、日本最大のリンゴの栽培地となっています。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:59 | 野鳥 | コメント(0) ]

2018年06月27日
津軽の旅1 まずマイナーな、でも歴史のある町 浪岡目指して
1
梵珠山(ぼんじゅさん468m)・・・


  岩木のおろしが 吹くなら吹けよ
  山から山へと われらは走る
  きのうは梵珠嶺(ぼんじゅね)
  今日また阿闍羅(あじゃら)
  けむり立てつつ おおシーハイル
  (林征次郎作詞「シーハイルの歌」より) 


歌詞の中に梵珠嶺とあるのが梵珠山で秋田県北部まで名前の知られたやまだそうです。

「シーハイルの歌」は、私の青春時代に活躍したダークダックスが。初期から歌っていた曲ですね。

ロシア民謡、唱歌、黒人霊歌、オリジナル曲と幅広い曲をレパートリとしていましたが、「雪山讃歌」「エーデルワイス」「山男の歌」「雪山に消えたあいつ」などの山の歌も沢山歌っていました。
北アルプスの槍ヶ岳を目指した青年の遭難事件をとりあげ、作曲か、清水脩に委嘱した男声合唱組曲「山に祈る」は30分近い大作です。
この最初のLPレコードは清水脩指揮で母親役の朗読は加藤道子さんでした。
この曲は人気で私の属していた合唱団では何回かこの全曲を歌いました。30周年の記念演奏会は加藤道子さんを朗読に向えて演奏したのは懐かしい思い出ですね。
最初から脱線ですね。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:33 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]

2018年06月25日
蕎麦畑にて   夏蕎麦と秋蕎麦のことなど
東北の旅から帰ってきました。今回は青森県の津軽地方だけでした。
写真を整理してからアップしたいと思います。
梅雨のない北海道に近く、雨にも会わずに旅を楽しんできました
山で物凄い風に出会いましたが、それは後の話です。
今回は旅に行く前の小諸の蕎麦の話です。

1
蕎麦の花とベニシジミ・・・
どちらも珍しい花や蝶ではないのですが、素敵な色合いでした。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:46 | 小諸 風景 自然 | コメント(2) ]

2018年06月21日
散歩道で花に会う時 夏 ウツボグサ バラモンジン バイカモ
本日より東北を旅してきます。
数日開店休業となります。 


ウツボグサ(靭草  シソ科ウツボグサ属)
2ウツボグサ (1)
海に住む「ウツボ」というと海に住む鋭い歯と大きな口を持つ「鱓(ウツボ)」に似ているからかなと・・・

花のウツボは「靭」です。
靭は弓矢の矢を束ねて入れる筒です。このズングリした太い花の穂が靭に似ているからだそうです。もっとも海の「ウツボ」も体が長く「靫」に似ているからという説があるそうですが・・・

別名としては、夏の、花の後に、花穂が褐色に変わり枯れたようなので夏枯草(かこそう)という名前も持っています。
それにしても、この美しい花にしてはもう少し素敵な名前が無かったかと・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 06:46 | 花 植物 | コメント(0) ]

2018年06月20日
十福の湯  陶芸の会の親睦
1
東御市の浅間サンラインの車窓風景・・・

私の所属する陶芸の会は毎年、研修を兼ねた親睦旅行を行っていました。
一昨年は金沢、昨年は東京国立博物館・・・
陶芸中心ですね。

陶芸の会といっても、アマチェアの集まり・・・
熱心な会員もいれば、ちょっと陶芸というものをやってみようかという会員もいます。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:47 | 上田市・小県郡 | コメント(2) ]

2018年06月19日
八千穂高原 日本一の白樺林と八千穂レイク
0
三男が来て、どこかに行こうかと・・・
せっかくの親子水入らずなのに、台風接近・・・

温泉にしました。その途中で寄った白樺林です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:52 | 南佐久・清里 | コメント(4) ]

2018年06月18日
散歩道で花に会う時 夏 ホウノキ カンボク カマツカ サワフタギ ミズキ
ホオノキ(朴の木  モクレン科モクレン属)
3ホウノキ (1)
昔から日本にある樹の中で、この辺りでは、これほど大きな葉と花は私には思い浮かびません。

花の直径は15センチを超え、大きく開くと30 cmになることもあります。しかし、ホオノキは木自体も大きく、幹の直径が1m、高さ20m以上などと言う大木もあり、樹の上に咲くのでなかなか目に付きません。
今回は斜面にあって横から眺める形になって見られました。

こうしてみると花も大きいですが葉も大きいですね。花が見えない理由は長さが40㎝くらいになるこの大きな葉のせいです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:46 | 花 植物 | コメント(2) ]

2018年06月17日
千曲川に寄り添う里 宮沢2 岩壁の上に神は住む 金毘羅神社
21
金比羅神社から浅間山・・・

下の集落は宮沢集落です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:01 | 小諸 風景 自然 | コメント(2) ]

2018年06月16日
千曲川に寄り添う里 宮沢1 進路を宮沢にとれ
1
テレビは梅雨で雨が続くと・・・
そして貴重な梅雨の晴れ間だと・・・
では出かけようか。でもなぜか傘マークでお日さまマークが無かったのに。梅雨に入るとお日さまマークばかり・・・

でも、おかげで家の周りでなくて、少し遠くまでサイクリング・・・
目的はないので。浅間山を眺めながら・・・
逆さ浅間・・・

間もなく、稲が育って実像の浅間山だけになります。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 13:45 | 小諸 風景 自然 | コメント(0) ]