掲示板お問い合わせランダムジャンプ

烏帽子岳・夏山 (7月9日 湯ノ丸山より)
P2200011
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2017年06月30日
懐古園の花 ヤマホタルブクロ  ウメガサソウ シモツケなど
ヤマホタルブクロ(山蛍袋  キキョウ科 ホタルブクロ属)
1ヤマホタルブクロ (1)
小諸城址の石垣に咲くヤマホタルブクロです。
こんなところに咲かなくてもと思うのですが、この花は土手とかこうした石垣の間でよく見かけます。こういう所が好きなのかもしれません。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:44 | その他 | コメント(0) ]

小海線観光列車 HIGH RAIL 1375(ハイレール イチサンナナゴ)
5明日7月1日より、JR小海線に新しく「HIGH RAIL 1375」という観光列車の運行が始まります。

先日、小海線に乗って中込駅で停車した時に「HIGH RAIL 1375」が違うホームに止まっていました。

「HIGH RAIL 1375」の「HIGH RAIL」は小海線日本で一番高いところを走る鉄道であるから、「1375」は野辺山駅〜清里駅間にあるJR線標高最高地点1375mからです。JRのうたい文句は「天空にいちばん近い列車」です。
標高の高い小海線から見上げる、「天空」「星空」を楽しんでいただきたいとの想いを込めての命名だそうです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:38 | 佐久地方全般 | コメント(2) ]

2017年06月29日
水無月の懐古園
1
みどりの輝く懐古園になりました。
定例の懐古園の様子です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:22 | 小諸 風景 自然 | コメント(6) ]

2017年06月28日
旧田口村、とりとめのない散歩  佐久市
1
佐久平の水田の向こうに八ヶ岳・・・
右端は蓼科山です。

長野県歌「信濃の国」で「松本・伊那・佐久・善光寺 四つの平は肥沃の地」と歌われた佐久平ですが。今検索で「佐久平」と打ち込むと新幹線の佐久平駅あたりしか出てきません。

佐久平は立科町・佐久市・小諸市・御代田町・軽井沢町に広がる盆地のことなのですが、佐久平の意味が変わってしまったようです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:35 | 佐久市 | コメント(2) ]

2017年06月27日
東と西からの穂高岳を仰ぐ3 第一幕第二場 西穂高口
0
西穂高口からの笠ヶ岳2,897.6m・・・

ここから見て一番立派なのはやはりこの山です。

そうそう今回は山々ばかりです。思い入れだけのアップですので、興味がない方は写真をさっと見て退室をしてください。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 16:34 | 山 (地域外) | コメント(0) ]

2017年06月26日
東と西からの穂高岳を仰ぐ2 第一幕第一場 西穂高ロープウェイ
1
平湯バスターミナルからの乗鞍岳北部の峰々・・
左が四ツ岳2744.6m 左奥が硫黄岳2554m・・・

乗鞍岳は北アルプス最南端の山です。北の安房峠から南の野麦峠まで南北15 km、東西に30 kmという広大な山域の中に23の多くの峰があります。最高峰は剣ヶ峰(標高3,026m)の日本で19番目に高い山です。

加賀白山と同じ標高2,702 m の畳平まで車で入れますので、日本で一番楽に登れる3000m以上の山です。おかげで私も富士見岳 2,817m、大黒岳2,772m、魔王岳2,760mに登っています。といっても、畳平の周りの山往復で1時間もあれば登れる山です。3年で3回に分けて登りました。ほんの散歩です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:28 | 山 (地域外) | コメント(0) ]

2017年06月25日
東と西からの穂高岳を仰ぐ1 プロローグ 西へ
0

日本アルプス 笠ヶ岳・・・

人の少ない山が静かな好きなので、日本アルプスというのは、私はあまり興味がない山でしたが、この笠ヶ岳は一度登りたかったなと・・・

今日のアップの最後の方の撮影・・・
この場所を目指していきます。

山に登るのではなくて。今回は穂高を見に行きます。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:48 | 山 (地域外) | コメント(2) ]

2017年06月24日
お花畑の動物アート展   チェーンソーアート
1
朝駅前でツアーバスを待っていると、こんな歓迎を受けました。

森のくまさんは怖いけれどこれなら怖くないですね。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:26 | その他 | コメント(4) ]

2017年06月23日
軽井沢 湯川流域の花たち 
20

軽井沢の花というと高原の花というイメージですが、こうして並べてみたら地味な花ばかりでした。今回は谷間ばかりでした。これも軽井沢の花たちには違いありません。

ミヤマハコベ(深山繁縷 ナデシコ科 ハコベ属) 
1ミヤマハコベ (1)
なかなか立派な花ですね。5枚の花弁が素敵で清楚な感じです。

花弁は10枚ありますと書きたくなりますが、よく見ると花びらのもとのほうで2つに分かれています。花弁は深く切れ込み5枚なのですが10枚に見えます。これはハコベの仲間の特徴です。

ハコベというと春の七草の「ハコベラ」ですね。春の七草は七草粥に使われますが、本来はコハコベという種類でしたが、今はよく似たミドリハコベが明治に帰化してコハコベは減少を続けています。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:11 | 花 植物 | コメント(0) ]

2017年06月22日
信濃自然歩道 小瀬から軽井沢
1
霧の軽井沢・・・
軽井沢駅近くの矢ヶ崎公園の池・・・
キショウプの花と睡蓮、遠くの睡蓮は霧で霞んでいました。

「何れ菖蒲(アヤメ)か杜若」と言いますが、アヤメ、カキツバタは古くからあります。
ハナショウブは東北地方にあったノハナショウブの色変わりの花から、戦国時代か江戸時代はじめに改良された園芸種です。
このキショウブはヨーロッパから明治時代には観賞用として渡ってきた帰化植物です。つまりハナショウブとキショウブは別の種です。

外来植物は在来種に比べて繁殖力が旺盛ですね。もっとも旺盛なものだけが広がっていくといってもいいかもしれません。
アヤメ、カキツバタ、ハナショウブには当時は黄色い花がなく珍しいとあちこちに植えられたようです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:57 | 軽井沢・御代田 | コメント(2) ]

2017年06月21日
龍返しの滝  軽井沢 湯川
1
龍(竜)返し龍(竜返し)の滝 落ち口・・・

白糸の滝と違って、水流が勢いよく落ち口から宙を舞うダイナミックな滝です。

その前にここまでも道を・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:04 | 軽井沢・御代田 | コメント(2) ]

2017年06月20日
白糸の滝 軽井沢・湯川支流の優美な滝
1

軽井沢の人気スポットです。
白糸の滝という滝は、日本には数々あり、何十とか、もしかすると100を超えているのかもしれません。日本の滝百選にも山形と静岡の2つの白糸の滝が選ばれています。
この滝も軽井沢の観光スポットとして自然ではトップクラスに有名です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:13 | 軽井沢・御代田 | コメント(4) ]