掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (5月7日 信濃追分駅より)
P2120860 ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2017年03月17日
千曲川左岸の台地と谷間にて1 八重原へ  
1
八重原台地へ登る途中からの浅間山・・・

最近は浅間山の噴煙が多く、高さ300mに上がることもあるようです。
もっとも大きな噴火の時には一万数千mも上がりますので、300mは山に張り付いている位なものですが・・・

このくらいの方が、迫力があります。もっとも雲が多くてどこまでが噴煙なのかと・・・

噴煙が多いと危険ではないのかと・・・
一概にそうとは言えないようです。煙が出ている方がガスの出口があるということで、大噴火の可能性は低いという説もあるようです。多少活動はしていますが、全体的に見ると平穏といえるようです。もう数十年地元に被害のあるような活動はないようです。むしろ、都会の地震や、洪水の方が、浅間山の何十倍も怖いような・・・
もっとも千年に一度か二度というような大噴火は別ですが・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 13:11 | 東御市・立科町 | コメント(2) ]

手城塚稲荷 その後 新町散歩捕逸
9
月初めに紹介した臼田亜浪と手代塚城跡からの浅間山・・・

以前の記事はこちら
   ⇓
新町散歩 新町(小諸)歴史的遺産散策ウォーキング5 孤高の俳句の巨匠 臼田亜浪と手代塚城跡


続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 13:08 | 小諸 風景 自然 | コメント(0) ]