掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (4月12日 東御市滋野駅付近より)
P2090509
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習いの、にわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や-記事に関係のないコメントTBは、予告なく独断で削除させていただきます。

2017年03月31日
秩父 大慈寺 常楽寺  秩父三十四ヶ所観音霊場札所 十番 十一番
1
武甲山(ぶこうさん)・・・

日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征の時に奥秩父の雁坂峠の頂上からながめて、「武人のように堂々」としたこの山を眺めて、里人に山の名を聞くと「秩父が嶽」と・・・
そして日本武尊はすぐさま秩父が嶽に登り、天の神・地の神を祀り、着用 していた自分の甲(かぶと)を岩室に納めたので、武甲山」と呼ぶようになったとか・・・

奥秩父は好きな山で数えきれないほど登っていますが、雁坂峠から、武甲山は見えません。でも昔々のことですから、見えたのかもしれませんね。

この山の北面、今見ている面ですが。日本屈指の良質な石灰岩で構成されていて古くは漆喰として、明治からはセメントのとして採掘がおこなわれました。特に昭和15年年(1940)に秩父石灰工業(現・秩父セメント)が採掘してからは、山の姿が変わってしまうほど変貌してしまいました。
武甲山の北面は昔には、石灰面の岩場の沢があり、私も、コザクラドウエなどという沢を登って見たいと思った頃には、入山禁止となり、沢そのものが消滅しました。
以前は山頂に標高は1,336メートルの三角点があったのですが、山頂も削られ三角点は、標高1,295メートル地点に移動しています。
武甲山の最高点は三角点より西へ約25m離れた標高1,304mとして地図上では1,295mの三角点と最高地点1,304mの両方を表示しています。

よく見ると水平にたくさんの線が走っていますね。これが採掘の後です。
昔はもっと山肌むき出しの見にくい姿でした。

いつの日か緑に覆われた山に戻ってほしいのですが。難しそうです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:45 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]

2017年03月30日
秩父 金昌寺 秩父三十四ヶ所観音霊場札所 四番
1
秩父のマリア・・・

優しいまなざしで微笑み、膝に抱いた赤ん坊に乳房を吸わせようとしている姿は、こちらの心を和ませてくれます。

秩父札所四番 金昌寺本堂の外陣にいらっしゃいます。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:33 | 旅 (地域外) | コメント(0) ]

2017年03月29日
秩父 常泉寺 秩父三十四ヶ所観音霊場3番札所
1
ふるさと歩道橋からの、奥武蔵の山・・・

左が伊豆ヶ岳、左が武川岳・・・

伊豆ヶ岳は一度登ったことがあります確か冬でしたね。
山頂に茶屋があり、小屋の夫婦は霞が関ビルが見えると教えてくれました。
周りの山ばかり見ている私ですが、都心に目をやる手となるほど・・・
高いねと話したことを覚えています。今はこの倍の高さのビルがあり、ここから見ても霞が関ビルは確認できないでしょうね。当時はほかに高い建物はなく、東京タワーと霞が関ビルだけが空に突き出ていました。

確か完成寸前でしたから昭和42年(1967)だと思います。もう半世紀も前ですね。翌年の霞が関ビルのオープンの春には、私は11年暮らした東京を離れて信州に帰りました。

奥武蔵も半世紀ご無沙汰です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:02 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]

2017年03月28日
秩父神社 知知夫国(秩父)の総鎮守
16左甚五郎 つなぎの龍
秩父神社、本殿の彫刻、左 甚五郎作の「つなぎの龍」・・・

「つなぎの龍」は、暴れる龍を鎖で縛り、繋ぎとめたという言い伝え通り、本物の鉄鎖で甚五郎の龍を繋いでいます、

「この辺りの池で暴れまわる龍がいて人々が困っていましたが。この秩父神社の青龍の彫刻を鎖でつなぐと、龍は姿を消し二度と現れることは無かったそうです。今もこの龍は鉄の鎖で本殿に繋がれていました。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:38 | その他 | コメント(2) ]

2017年03月27日
千曲川左岸の台地と谷間にて7 大日向と島川原
0
噴煙を上げる浅間山・・・

500mくらい上まで煙が上がっているようです。

絵で描くとも小諸馬子唄のように「今朝も三筋の煙たつ」なのですが、温泉マークの湯気のように三筋のようになることは無いようです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:01 | 東御市・立科町 | コメント(4) ]

2017年03月26日
千曲川左岸の台地と谷間にて6 下之城(東御市下之城)
0
浅間連峰の烏帽子岳・・・

この辺りからは一番立派に見える山です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:05 | 東御市・立科町 | コメント(2) ]

2017年03月25日
千曲川左岸の台地と谷間にて5 旧北御牧村 畔田橋と岩船地蔵尊と両羽神社に・・・
1
中山道の芦田宿から流れ下る芦田川を下っていくと。蓼科山から中山道の望月宿を通って流下する鹿曲川に出ます。その少し上流にクラシックな橋がありました。

寄り道をします。
といっても100メートル上流に行くだけですが・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:59 | 東御市・立科町 | コメント(0) ]

2017年03月24日
千曲川左岸の台地と谷間にて4 塩沢あたり おやんまさまと御小嬢穴
1
今回も浅間山からです。

立科町塩沢地区からの遠望です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:23 | 東御市・立科町 | コメント(2) ]

2017年03月23日
秩父・山田の春祭り 2 華麗な山車の巡行 
0
武甲山をバックに祭礼の折に、神様が留まる御旅所の八坂神社へ向う舞台・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:58 | その他 | コメント(0) ]

2017年03月22日
秩父・山田の春祭り  1 秩父の春を告げる祭り
1
秩父の名山・武甲山をバックに出店がならんでいました。

秩父地方には対象合わせて400位の祭りがあるそうです。
その中で秩父に春を告げるという祭りを見に来ました。

例によって、妻が明日は天気がいいから、峠をこえて、春を探しに行こうと・・・
と言われても、この祭り毎年3月の第二日曜日。今年は3月12日・・・

群馬の梅林はまだ早いし、それに秋間の梅林は何度も言っているからいいと、東京でもいいよというのですが・・・

花は諦めて、峠を越えればいいのだろうと・・・
妻のいったことのないところと考えていたら。秩父の三峯神社が頭に浮かびました。

三峯神社辺りは山登り、それも沢登りばかりですが、十数回来ていますが、三峯神社は二度ほど通り抜けただけ、ゆっくり見てみたいなと・・・

でも、調べてみると時間がかかるので、日帰りはきついなと・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:01 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]

2017年03月21日
彼岸の墓参りとそのあとで・・・
1
彼岸の墓参りに佐久市の田口地区に行ってきました。

北側の日影には雪がありましたがほんの少し。日の当たる山々には雪の気配はありませんでした。

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、今日は寒く雪の予報です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:17 | その他 | コメント(0) ]

2017年03月20日
早春の軽井沢を少し・・・
1
コンサートがあって軽井沢へ・・・

特に何もないのです。コンサートに行ってきただけですから・・・

しなの鉄道の車窓の、変わりゆく浅間山をなんとなく撮影・・・
それを載せてみます。

小諸市平原あたり・・・

小諸の町から見ると、左のある剣ヶ峰と浅間山本体は重なっているのですが、郊外のこの辺りでは、大きな本体を見せてきています。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:09 | その他 | コメント(2) ]