掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (4月12日 東御市滋野駅付近より)
P2090509
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習いの、にわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や-記事に関係のないコメントTBは、予告なく独断で削除させていただきます。

2015年06月30日
小諸郊外 平原1  北国街道が通った邑
P1270349
青森から帰ってきました。
一番天気の悪い時期を選んだようで、日ごろの行いが悪いのが現れるようです。

メインの白神は暴風雨で取りやめました。でも、本当のメインは孫に会いに行ったので、目的は80パーセント達成…

白神は後の楽しみにとっておきます。

帰ってきたら、行く前は蕾だったバラが一輪咲いていました。




続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 15:23 | 小諸 風景 自然 | コメント(0) ]

2015年06月26日
カモメラン    林の中に咲く小さな可愛い蘭
 可愛いカモメランに留守をお願いして・・・

本日から数日旅に出ます。

その間、更新は行いません。
また、コメントの返事も出来ず、開店休業となります。

では行ってきます。



カモメラン(鴎蘭 ラン科、ハクサンチドリ属) 
1
赤紫の斑点を不思議なバランスでちりばめた美しい蘭です。

これが大きかったら世の貴婦人の注目の的になりそうです。

ても、花の大きさは1センチ、全体の高さは10センチから15センチくらい・・・
それに北海道や本州の中部以北、紀伊半島、四国の亜高山のやや湿った林内や崩壊地に咲く花では脚光を浴びられませんね。

鴎蘭というからには姿が鴎に似ているからと言われますが、どこが似ているか・・・
上の方が翼を広げて飛んでいる鳥にみえなくもないのですが・・・

本当の理由は良く判らないそうです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 06:18 | 花 植物 | コメント(2) ]

2015年06月25日
松原湖畔の神に守られた樹々たち
0
樹齢1000年のサワラ(椹)・・・

その懐の中・・・

小さな虫になって・・・

いいえ、この樹根元から頂きまで中空で中に入れます。
その幹のトンネルを通して空が見えます。夜には星が見えるそうです。

中には目に見えないれけど神様がいらっしゃるかもしれません。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:33 | 花 植物 | コメント(6) ]

舘野泉ピアノリサイタル
1
毎年のように聴いている舘野泉さんの小海町音楽堂のコンサートです。

何度も、アップしていて、恐縮です。

有名な方ですが、略歴を・・・

1936年東京生まれ。60年東京芸術大学首席卒業。64年よりヘルシンキ在住。68年、メシアンコンクール第2位。同年より、フィンランド国立音楽院シベリウス・アカデミーの教授を務める。81年よりフィンランド政府の終身芸術家給与を得て、90年以降は演奏活動に専念。06年「シベリウス・メダル」授与。演奏会は世界各地で3500回以上、リリースされたCDは130枚にのぼる。現・日本シベリウス協会会長



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:24 | 音楽 | コメント(4) ]

2015年06月24日
松原湖湖沼めぐり3 臼子池と長湖
1
コンサートまでは時間が無くなってきました。
急いでいかないと・・・

でも、臼子池は見ていきたい・・・

途中にこんな山の吊橋が・・・

何回か紹介している、大月川にかかる芦平橋です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:26 | 南佐久・清里 | コメント(0) ]

サカハチチョウ  衣替えをする蝶
サカハチチョウ(逆八蝶  タテハチョウ科タテハチョウ亜科)1
「お久しぶり・・・」
「お前なんか知らないよ」

そうですよね。蝶になったばかりだものね。

そう珍しい蝶では無いと言うのですが。毎年は会えません。
春型と夏型があり、どちらもひと月程度現れるだけで、出会える期間が短いのと、地味な姿で目立たないせいかもしれません。

サカハチチョウは飛ぶ力が弱く、飛び立ってもすぐに近く止まりあまり逃げません。撮影しやすいともいえますが。見つけにくいようです。

『せかせかと、そんなに急いで何になる』・・・
そんな生き方かも・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:24 | 蝶 トンボ 虫 | コメント(0) ]

2015年06月23日
松原湖湖沼めぐり2 大月湖とうずら池
1
松原湖の最大の湖・猪名湖を見下ろして、三番目に大きな大月湖に向かいます。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:49 | 南佐久・清里 | コメント(0) ]

オオミスジ
オオミスジ(大三筋  タテハ科タテハチョウ亜科)
1
買い物から帰って、家に入る前に庭の紫陽花は咲いたかなと見たら、大きなミスジチョウがいるなと・・・
オオミスジです。日本のミスジチョウの仲間では一番大きな蝶です。大きいので一目でわかりました。慌てて家の中に入り、カメラを持ってきました。

どこかへ遊びに行ってしまっているかな・・・

まだ、行かずにいてくれました。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:46 | 蝶 トンボ 虫 | コメント(2) ]

2015年06月22日
松原湖 湖沼めぐり1 猪名湖  松原湖最大の湖・・・
1
松原湖の一つの長湖のほとりの小海町音楽堂ヤルヴィホールの素敵なコンサートに大体、年2回は行きます。そして八峰(ヤッホー)の湯という日帰り温泉に行ったり・・・

松原湖は私にとって、もっとも親しみがある湖です。

その魅力の一つは高みから見下ろしている八ヶ岳・・・

この日は雲の中・・・
一番、機嫌よく顔を見せたときの八ヶ岳硫黄岳・・・
でも、晴れた空でなく、雲の合間からの八ヶ岳も素適でした。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:16 | 南佐久・清里 | コメント(2) ]

2015年06月21日
遥かな尾瀬ヶ原・・・(5)尾瀬の帰り道
1
帰り着いた信州の浅間山・・・

活動を始めていますが、大暴れしませんように・・・

尾瀬からの帰り道・・・
同じコースを帰ったので、特別なことはないのですが・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:30 | 山 (地域外) | コメント(2) ]

尾瀬の花5 ショウジョウバカマ オオバキスミレ オオカメノキ
ショウジョウバカマ(猩々袴  ユリ科ショウジョウ バカマ属) 1ショウジョウバカマ (1)
この花は、花びらがたくさんあるようにも見えますが、一つ一つが花で幾つかの花が房となっています。一つの花にはその中に6枚の花びらがあります。

猩々袴の猩々はオランウータンのことですが、猩々袴の猩々は能楽の赤い髪の毛の伝説の大酒のみの動物「猩々」です。能楽の「猩々」については何度も書いていますので。今回はやめておきます。

かわいい花を咲かせるのにショウジョウバカマとは可哀そうですね。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:28 | 花 植物 | コメント(0) ]

2015年06月20日
遥かな尾瀬ヶ原・・・(4)尾瀬ヶ原の研究見本園
1 (1)
余りの人の多さにさっさと山の鼻に戻りましたが・・・
時間があるので・・・

尾瀬ヶ原の研究見本園を散歩してみることにしました。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:25 | その他 | コメント(2) ]