掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (5月7日 信濃追分駅より)
P2120860 ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2015年02月28日
坂城町2 坂木宿と満泉寺
1
坂城の町の散歩を続けます。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:16 | 北国街道 | コメント(0) ]

2015年02月27日
坂城町から戸倉温泉へ1 坂木宿 田町から横町・・・(坂城町)
1
山の稜線をクッキリと分けるような雲が山腹にありました。

「旗」のように見えることからこの雲を山旗雲(やまはたぐも)とか旗雲(はたぐも)などといいます。稜線は地形的に旗雲が起きやすく、良くこのような光景に出会います。朝気温が上がって雲がわき、反対側の吹き上げる風で舞い上げられ、このように素敵な光景を作ります。
こういう尾根を歩くと、霧の中と青空を繰り返します。
古い万葉のにも、こんな歌がありますね。

わたつみの豊旗雲に入り日指し 今宵の月夜清(あきら)けくこそ 天智天皇


続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:19 | 北国街道 | コメント(0) ]

2015年02月26日
メジロ ヤマガラ イカル  最近であった野鳥
メジロ(目白・繍眼児 スズメ目 メジロ科)
1メジロ5
目白のモノローグ・・・

「春はまだかな・・・
梅の花の蜜は美味しくて大好きなのだが・・・」

「そういえば梅の花と言うと、私が、鶯だって・・・
馬鹿にしないでほしいな。あんな薄汚い鳥と一緒にしてほしくないな。
日本では花札というカードゲームで自分を描いて梅に鶯と言っているそうだが、あれは梅に目白なのなんだ。もっとも人間は頭が固いから訂正する気は全くないようだ」



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:05 | 野鳥 | コメント(4) ]

2015年02月25日
小諸と東御市の境辺りにて・・・ 片羽(東御市)
1
穂高の山々・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 06:03 | 北国街道 | コメント(4) ]

2015年02月24日
小諸と東御市の境辺りにて・・・ 赤岩(東御市)
2
小諸市を離れて、東御市に入ります。
赤岩地区です。

昔懐かしい建物もあります。

茅葺だった家ですね。
昔は、野原があって茅葺の材料はいくらでもありました。そして、農家は農閑期には人ではいくらでもありました。つまり一番安く家を作れました。今は茅は手に入らず、人件費はものより高い、つまり高価な建築物になってしまいました。
前に白川郷に泊まった時の話では、合掌造りの屋根の葺き替えは2000万以上かかる層です。今では高価な建物になってしまっているようです。

古い茅葺屋根を残す場合このような茅葺き屋根にトタンで被っている家をよく見かけます。茅葺きの愛好家からは「缶詰」と軽蔑して呼ばれています。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:54 | 北国街道 | コメント(2) ]

2015年02月23日
小諸と東御市の境辺りにて・・・芝生田散歩(小諸)
0
いつも懐古園ばかりなので、少しは違うところを散歩してみようかと、小諸市の西外れに来て見ました。

芝生田(しぼうだ)という集落です。
特に何があるということはなく、なんともない風景・・・
こんな田舎の風景のどこが、いいのかと言われそうですね。
ただの散歩ですので・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:22 | 北国街道 | コメント(0) ]

2015年02月22日
ジョウビタキとツグミ  最近であった野鳥
ジョウビタキ(尉鶲、上鶲  スズメ目 ヒタキ科)  
ジョウビタキ (1)
ジョウビタキのオスです。
オレンジの前掛けに銀のシャッポ・・・
ダンディーですよね。

夏にはたくさんの小鳥が渡ってきますが、冬は少なめで地味な小鳥が多いです。
そんな冬の小鳥たちの中で、この辺りでは、お洒落のナンバーワンかも・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:39 | 野鳥 | コメント(2) ]

2015年02月21日
北国街道 善光寺宿から新町宿7番外  豊野
0
高社山(たかやしろやま標高1352m)

志賀高原の入口にある高社山は富士山と似ていて「高井富士」とも呼ばれる秀峰です。
この山は地元では高社を「たかやしろ」と昔から呼んでいるのですが、最近は「コウシャサン」と音読みの名前で呼ばれるようになってきています。
「コウシャサン」なんて、趣きが無いですよね。
白馬(しろうま)を「ハクバ」・・・・
村までハクバムラに・・・
勝手に昔からの名前を変えるべきでないと私は思うのですが・・・

この山は裏日本と内陸を分ける山です。北山麓は3メートルの雪があっても南山麓は雪が全く無いという感じです。それは本当に驚くほど急速に変わります。

川端康成の「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」ではないですが、山は気候を一変させるようです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:49 | 北国街道 | コメント(2) ]

2015年02月20日
北国街道 善光寺宿から新町宿6  田中 田子
1
今日の最初は志賀高原、笠岳・・・
無理して拡大して・・・
山好きは治りません。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:59 | 北国街道 | コメント(2) ]

2015年02月19日
北国街道 善光寺宿から新町宿5 新町(あらまち)宿2東条村
110
街道からの志賀高原 岩菅山・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:22 | 北国街道 | コメント(0) ]

2015年02月18日
北国街道 善光寺宿から新町宿4 新町(あらまち)宿  稲積 徳間
2
浅川に沿って北国街道に戻ります。

戻ったところは他力橋という橋でしたが、写真はなし・・・
橋の名はこの地区の人々が金を出し合って橋なのだそうです。

この記事を見てくださったルルさんから『「他力橋」は、江戸時代はもともとは「多力橋」だったのですが、正しく伝わらなかったようです。最近ある文献で知りました。大勢が協力して作った橋なのだから、当然「多力」のほうがピッタリだと思うのですが。明治にはもう「他力」になってしまったんですよ。』
というコメントを頂きましたので、こちらの方に紹介させていただきました。

写真は曹洞宗の真照庵・・・
通りに面して六地蔵が通行する人々を見守っていました。

真照庵は明和3年(1766)創建だそうですが、明治6年(1873)に廃庵となってしまったそうです。しかし信徒たちの力によって明治13年(1880)に再興しているそうです。小さいですが。地元には大切な寺だったようです。

この辺りからが北国街道新町(あらまち)宿となります。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:23 | 北国街道 | コメント(2) ]

2015年02月17日
聖バレンタインデーの散歩
浅間山
聖バレンタインデーの浅間山・・・

今頃、バレンタインなんて、オコジョは時代遅れですね。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 21:42 | 小諸 風景 自然 | コメント(2) ]