掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (11月17日 佐久市御牧原より)
P2310750
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2014年05月31日
真田三代の故郷 真田8 真田の里の気まま散歩
1
少し前に登ってアップした、東太郎山・・・ 
この裏側から登りました。

昨日までのアップで、桜のころの真田散歩は終わりなのですが、そのあと、妻と訪ねた時の散歩から少し・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:33 | 上田市・小県郡 | コメント(2) ]

ニホンサクラソウ・クマガイソウなど  富士芝桜まつりにて
サクラソウ(桜草 サクラソウ科サクラソウ属)1
もうだいぶ時間がたってしまいましたが、富士山麓の富士芝桜まつりの花たち・・・
自生ではなく、移植したものですが・・・

ここの花は、日本のサクラソウの代表で、西洋サクラソウや、他のサクラソウと区別するためにニホンサクラソウ(日本桜草)とも呼ばれる花です。
かつては、日本全国の湿った林や湿原の草むらにたくさん咲いていました。江戸時代に、その野生の花を育て、数百に及ぶ品種が生れた古典園芸植物だったそうです。つまり、どこにでも咲いていた花ですが、今は開発や乱獲で、野生の花を見ることは難しくなっています。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:31 | 花 植物 | コメント(0) ]

2014年05月30日
真田三代の故郷 真田7 打越城(別名 内小屋城)
1
信綱寺の場所は、一説には、古くからこの地を治めた横尾氏の館跡ともいわれます。その後、その館を真田氏が使った・・・
この確率はかなり高いと個人的には思います。

この小峰の黒門は館への虎口(城の表口)だったのではないかと思います。

黒門のある尾根は館を守る曲輪があり、沢沿いの入り口の搦め手(裏口)には横尾城という山城があって、がっちりと守っていたようです。個人的な意見で違うかもしれません。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:25 | 上田市・小県郡 | コメント(0) ]

ヨシキリ 行々子
ヨシキリ(葦切 行々子 スズメ目ウグイス科)
1

  能なしの 眠たし我を 行々子(ぎやうぎやうし)  芭蕉


くちばしを精一杯開いて、けたたましそうですね。

行々子は、俳句では、夏の季語でヨシキリのことです。
眠いのにヨシキリの声がうるさくて眠れない。泣き止んで眠らせてくれよと、赤ん坊に問いかけるように、行々子(よしきり)に、ぼやく芭蕉・・・
怒っているわけではないようですね。ただっ子だから仕方ないと・・・

佐久市の滑津川の岸辺の木で、大きな声で鳴いて鳥の声が聞こえました。
この声、時折聞くのですが、いままで姿を見たことがありません。

賑やかにいつまでも鳴いているのですが・・・
オオヨシキリは夏に日本にわたって子育てをする夏鳥です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:18 | その他 | コメント(0) ]

2014年05月29日
真田三代の故郷 真田6  信綱寺
1
このシリーズ、桜のころの散歩でしたが、ほかのアップに追われて…
そんなうちに妻と、今回の信綱寺を再訪・・・
今日、明日は桜の時期と、新緑の写真が入り混じることになりました・・・

前回は真田の戸沢集落までアップしています。

戸沢の集落から小さな峠を越えて信綱寺に入ることにしました。

こんな桜の咲く道でした。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 10:50 | 上田市・小県郡 | コメント(0) ]

2014年05月28日
東太郎山 上田盆地にそっとたたずむ山・・・3 金井コースを下る
1
紹介が遅くなりましたが、木々の間からの太郎山・・・

上田市の北の背後に屏風のように連なる山々があります。
東から東太郎山(標高1,301m)太郎山(標高1,164m)虚空蔵山(1,077m)と並びます。太郎山連峰と呼ぶ人もいます。太郎山はこの山々は、冬の北風と雪をふせいで、上田地方に信州としては温暖な気候を生み出す山です。

太郎山は、上田市民の山として市民に親しまれて、毎日のように登る人もあり、年間408回というすごい記録の所有者もいます。

この山の隣にあるから東太郎山なのですが、こちらの方が140メートル近く高いのですが、上田の中心から離れていると不遇をかこっています。

でも、静かな山を愛する私にとっては嬉しいことです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:37 | 山 上田盆地・更埴 | コメント(2) ]

ハリエンジュ  アカシアと呼ばれる花
ハリエンジュ(針槐 マメ科ハリエンジュ属)
1
千曲川の岸辺を散歩していたら、ハリエンジュの花が咲き始めたのに出会いました。こちらの人は、ハリエンジュなんて誰も言いません。みんなアカシアといいますが・・・

調べてみたら、昨年もアップしていました。
何せ、私の手持ちの資料のポケットは子供用・・・
前回と中味は変わりませんので、悪しからず・・・

なるべく簡単にします。
手抜きとも言いますが・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:35 | 花 植物 | コメント(2) ]

2014年05月27日
東太郎山 上田盆地にそっとたたずむ山・・・2  山頂あたり
1
さて、クライマックスの東太郎山の山頂へと・・・
意気込みたいのですが、「上田盆地にそっとたたずむ山・・・」
特にかわったみのも、変わった出来事もなく・・・


まずは山桜でも・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:30 | 山 上田盆地・更埴 | コメント(0) ]

すみれ・・・ 野が似合う花
スミレ(菫  スミレ科スミレ属)
1
スミレといってもいろいろ・・・
うことは判るのですが、何スミレかというと・・・
スミレの種類は多くて、世界で16属、400種類以上あるそうです。
特に、日本は多いとかで、自生種だけで60、栽培種、変種も含めると150を越えるそうです。スミレ専用の図鑑があります。
でも、みんな似ているのですね。
私には覚えきれません。最近出会ったものの中から、はっきりと名前のわかるものだけアップします。

というわけで、たくさんあるスミレの中のスミレ、つまり「スミレ」いう名のスミレがこの花です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:28 | その他 | コメント(0) ]

2014年05月26日
東太郎山 上田盆地にそっとたたずむ山・・・1  大久保コース
1
大久保集落からの東太郎山・・・
ただ、ここからは東太郎山の頂上は見えていません。一番高く見えているのは東太郎山から南に延びる尾根にある大久保山(標高約1,230m)です。

今回は写真の左端から大久保山に登り、東太郎山を往復、一番右の峰から、真下の送電線を降ってこの近くに戻ってきます。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 10:40 | 山 上田盆地・更埴 | コメント(4) ]

ヨシキリ  賑やかな鶯の仲間
ヨシキリ(葦切 スズメ目ウグイス科)
1

  能なしの 眠たし我を 行々子(ぎやうぎやうし)  芭蕉


くちばしを精一杯開いて、けたたましそうですね。

行々子は、俳句では、夏の季語でヨシキリのことです。
眠いのにヨシキリの声がうるさくて眠れない。泣き止んで眠らせてくれよと、赤ん坊に問いかけるように、行々子(よしきり)に、ぼやく芭蕉・・・
怒っているわけではないようですね。ただっ子だから仕方ないと・・・

佐久市の滑津川の岸辺の木で、大きな声で鳴いて鳥の声が聞こえました。
この声、時折聞くのですが、いままで姿を見たことがありません。

賑やかにいつまでも鳴いているのですが・・・
オオヨシキリは夏に日本にわたって子育てをする夏鳥です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 10:22 | 野鳥 | コメント(0) ]

2014年05月25日
富士山探訪5  いやしの里 根場
1
富士山茅葺屋根・・・
昔はたくさんの場所でこうした風景が見られたのでしょうね。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 11:03 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]