掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 10月9日 (小諸市飯綱山より)
P1310195
 このブログでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。
狭い地域のことで、日記的な意味合いもあり、同じ内容を何度も繰り返して、マンネリ化していて新鮮味に欠けています。
書いていることは、一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2013年09月11日
籠ノ登山の花5  ヤマハハコ ミネウスユキソウ ミネウスユキソウ シラネアザミ ヨツバヒヨドリ ゴマナ
ミネウスユキソウ(峰薄雪草  キク科ウスユキソウ属)
7ミネウスユキソウ1
「サウンド・オブ・ミュージック」の「エーデルワイス」はヨーロッパアルプスに咲くウスユキソウの仲間です。

日本にもウスユキソウが7種類あり、高山植物に興味をもつと、必ず憧れる花です。もっとも、ミネウスユキソウとつぎのウスユキソウは日本のこの仲間の中では、最も地味なエーデルワイスといえそうです。

本当はヨーロッパアルプスのエーデルワイスに良く似たウスユキソウを紹介したいのですが、この仲間は、気難しい花で、エーデルワイスに似たハヤチネウスユキソウは早池峰山に、コマウスユキソウは中央アルプスにといった風に、住み分けをしていて、なかなか見ることのできない花ばかりです。その中で、ミネウスユキソウは、中部の高い山で普通に咲いています。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:29 | その他 | コメント(2) ]

ベニヒカゲとオオチャバネセセリほか -籠ノ登山で 逢った蝶3-
ベニヒカゲ(紅日陰 タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科) 
3ベニヒカゲ2
この蝶は日陰蝶の仲間です。
この仲間はジャノメチョウ ヒメウラナミジャノメ ヒカゲチョウ クロヒカゲ ヤマキマダラヒカゲなど、地味で、名前も良く知られていない蝶ばかり・・・・

文字通り、日陰の蝶です。

でも紅日陰と紅がつくから派手かなと・・・
やはり地味ですね。
紅というよりオレンジという感じ・・・
昔の花の色の範囲は今よりずっと広かったようです。

でも、ベニヒカゲは環境省のレッドデーターブックでは準絶滅危惧の蝶で、長野県の天
然記念物に指定されている高山蝶です。貴重な蝶といえます。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:28 | 蝶 トンボ 虫 | コメント(2) ]