掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (4月12日 東御市滋野駅付近より)
P2090509
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習いの、にわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や-記事に関係のないコメントTBは、予告なく独断で削除させていただきます。

2013年03月31日
小諸宿9 与良
5
春の息吹を追いかけていて、小諸宿をほっぽりぱなしでした。
雪の有る写真もあるのに・・・
4月になる前にサッと?終らせます。

荒町から宿場の江戸側の与良に入ります。
与良ではこうした屋号を案内があちこちで見られます。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:04 | 北国街道 | コメント(4) ]

2013年03月30日
千曲川の集落 久保から上の平へ
1
久保集落からの浅間山・・・
浅間山に広がる小諸の街・・・
我が家は右端あたり青い屋根のその向こうのビルの陰です。

久保の家々も、千曲川への斜面に集落が張り付くように並んでいます。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:24 | 小諸 風景 自然 | コメント(4) ]

2013年03月29日
千曲川 小諸大橋あたり
1
小諸大橋の西側からの浅間山・・・
いまはもっと雪が少なくなりましたが、・・・
でも春らしい浅間山です。

もっとも、まだ、雪は降りますので、一夜で真白になるかもしれませんが・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:47 | 小諸 風景 自然 | コメント(4) ]

2013年03月28日
今年のセツブンソウ  千曲市倉科
セツブンソウ (節分草 キンポウゲ科セツブンソウ属)
2
毎年、電車に乗って、それから歩いてまで、セツブンソウを見に行かなくてはと思いながら、今年もセツブンソウが咲いたという便りを聞くと、何となくそわそわして、つい足を向けてしまいます。

セツブンソウは、毎年に紹介していますが、1回を除き、いずれも戸倉のキティーパ
ーク近くの保護地でした。一度だけ、杏の里の千曲市倉科地区の保護地にしました。近くの山を歩いて、その後たどり着いたのですが、季節の花ですので、山は後のアップにして咲に紹介します。

といっても節分草というように、節分のころに、花を咲く花です。
節分どころか彼岸も過ぎたといわれそうですね。
節分は今の節分でなくて、旧暦の節分です。3月始めといっていいのでしょうか。
千曲市は私の地区と較べると標高が低く暖かな場所ですが、とはいっても信州は寒いです。関東では旧暦の節分ころに咲きますが。3月半ば過ぎが最盛期となります。

千曲市のセツブンソウはこの花の北限で、千曲市の天然記念物に指定されています。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:56 | 花 植物 | コメント(4) ]

ベニマシコ(紅猿子)
ベニマシコ(紅猿子 アトリ科ベニマシコ属)
1
セツブンソウを見た千曲市の倉科の隣の森地区でベニマシコに出会いました。

「猿子(マシコ)」・「猿(マシラ)」というのは猿の古い呼び方です。「マシラの如く」と言いますね。もっとも、この場合は猿は猿でも狒々(ひひ)だそうですが・・・

そう思えば顔の辺りが猿に似ているような・・・
しかし「似てもつかない。鳥にしか見えない」という意見があっても当然です。名前をつけた人の印象ですから・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:54 | 野鳥 | コメント(2) ]

2013年03月27日
小原集落から千曲川へ
1
今日の散歩は、どこにしようか・・・

哲学者のカントは実に規則正しい生活を送ったそうです。
起床は朝5時にすると、モーニングコーヒーと朝食をとり、午前中は大学の講義や著作をそして、昼食をして3時半に散歩に出かけました。
それも寸分も違えずに家を出て、散歩の通り道の人々はそれで時間を知り、狂った時計の時間を直したとか・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:47 | 小諸 風景 自然 | コメント(6) ]

2013年03月26日
越後の旅4 大崎雪割草の里(2) キクバオウレン コシノンンノアオイ ユキバタツバキなど
キクバオウレン(菊葉黄蓮 キンポウゲ科オウレン属)
1キクバオウレン0
オオミスミソウと同じキンポウゲ科といっても花は全然違いますね。

大崎雪割草の里にオオミスミソウについでたくさんありました。
背は花の頃にはせいぜい10cm・・・
こちらも常緑の多年草で目だちませんがたくさんありました。

こちらは北海道南部から本州の日本海側に分布というからミスミソウと違って北の花と言えそうです。越後も含めた北陸ではオウレンといえばこの花だそうです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:15 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]

2013年03月25日
越後の旅3 大崎 雪割草の里(1) オオミスミソウ
0
旅の最後は、というよりこれがメイン・・・

大崎 雪割草の里で新潟県の花、雪割草を観賞します。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:25 | 旅 (地域外) | コメント(4) ]

2013年03月24日
越後の旅2  寺泊
0
日本海・・・

ちょっと寂しげで白黒にしてみました。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:52 | 旅 (地域外) | コメント(6) ]

春の雲   何ということなく空をみあげて・・・
1
なぜか春になると雲を撮影したくなります。
ある日あるとき、空を見上げて・・・

春だなーーーと・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:50 | その他 | コメント(4) ]

2013年03月23日
越後の旅1  越後の国へ 燕市へ
1
あまり天気がよく無い日でしたが、バスツアーでは、日は帰られません。

この写真は北信濃の松代インターでの撮影・・・

妻のウォーキングの仲間たちからのお誘いで越後に出かけました。
旅行会社のバスツアーですが、2/3以上がウォーキングの会のメンバーでした。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:35 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]

ヤマガラ(山雀)
ヤマガラ(山雀 スズメ目・シジュウカラ科) 
1
ヤマガラは「山雀」と書きます。
日雀(ヒガラ)、小雀(コガラ)、四十雀、(シジュウカラ)と同じシジュウカラ科の仲間です。五十雀や緋連雀は雀の字を使いますが、遠い親戚でスズメ目ではあるのですが、仲間とはいえません。
日本の鳥の1/3はだそうです。でも日本は少ないほうで、世界の1/2はスズメ目だそうです。

私は鳥の名前が苦手ですが、頭とのどが黒く、背中や腹部が赤茶色というヤマガラは特徴的で、他の小鳥と間違えることがありません。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:33 | 野鳥 | コメント(0) ]