掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (11月17日 佐久市御牧原より)
P2310750
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2010年05月31日
ある日の散歩道 小諸市耳取あたりへ
1
散歩道もいろいろです。
何度も紹介しているお寺を回ることも・・・
小さな田舎町・・・
そうブログの新鮮なネタはなく、繰り返しでごめんなさいです。

ここは 曹洞宗鷹取山玄江院は小諸市耳取にあります。
ここは我が家から南へ4キロくらいで、散歩というより、サイクリングです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:50 | 小諸 風景 自然 | コメント(6) ]

2010年05月30日
散歩道の春の花8 白い花たち  オオヤマフスマ ミドリハコベ等
オオヤマフスマ(大山衾  ナデシコ科 オオヤマフスマ属)
1オオヤマフスマ7
オオヤマフスマは名前は大きそうですが、名前に似合わない、1cmにも満たな
い小さな花でほかの草の間に隠れるように咲く花です。
オオヤマフスマは亜高山帯に多いとされ、こちらでも高峰や湯の丸の高原に咲い
ています。でも、そんな上まで登らなくても、千曲川岸のこの地方では一番低い
わが散歩道にいくらでも咲いています。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:02 | 花 植物 | コメント(4) ]

東塩田にて  西光寺あたり
1
塩田 西光寺の阿弥陀三尊です。中央の阿弥陀如来を「中尊」と呼び、右は「左
脇侍」で観音菩薩、左は「右脇侍」の勢至菩薩です。
左右は人ではなく仏様から見た左右です。

伝説では弘法大師がこの土地を訪れたときにと阿弥陀如来と大日如来の二体の仏
像を彫って、その仏像を安置したのが現在の阿弥陀堂の始まりだそうです。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:58 | 上田市・小県郡 | コメント(2) ]

2010年05月29日
前山寺あたり、  上田紬と鎌倉街道
1
上田紬の織機です。
上田紬は江戸時代から結城紬、大島紬とともに3大紬のひとつです。
そして飯田紬、伊那紬とともに信州紬として経済大臣指定伝統的工芸品に指定
されています。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:46 | 上田市・小県郡 | コメント(6) ]

可愛らしい馬  ポニー(Pony)
P5220192
前山寺から下って手洗池という池のほとりに柵があって中にこの動物がいました。
妻にロバだと教えましたが、間違いでしたね。
返って写真を良く見たらロバではない。顔が違いますよね。
これはポニーですよね。

少し調べてみました。
以下はフリー百科事典『ウィキペディア』からの好き勝手にアレンジです。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:45 | その他 | コメント(4) ]

2010年05月28日
本堂と庫裏とおはぎと  前山寺にて
0
前山寺が三重塔と藤と牡丹だけでした。
何度も紹介しているお寺ですが、もう少し紹介を・・・

まず、本堂です。
国指定重要文化財の三重塔ばかり有名で本堂にお参りする人は少ないようです。

でもこの茅葺の本堂は密教の寺院らしい落ち着きと重厚さを感じさせます。
たっぷりと萱を使って重そうですが、落ち着きがあります。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:29 | 上田市・小県郡 | コメント(4) ]

2010年05月27日
散歩道の春の花7 ヒメオドリコソウなど  蟻が運ぶもの(アリ散布型植物)
オドリコソウ(姫踊り子草  シソ科オドリコソウ属)21ヒメオドリコソウ
「蟻が運ぶもの」などと、もったいぶったタイトルなのに蟻が登場しません。
もし蟻がいなかったら、野草の世界は大混乱で、200種類の花が数を減らしていく
そうです。たかが蟻ごときでとお思うでしょうか・・・

今回の花たちの種子にはエライオソームという出っ張った部分があります。
蟻はエライオソームが大好きです。匂いを嗅ぐだけで興奮、引き寄せられるよう
一生懸命に巣の中まで運ぶのです。
蟻にはエライオソームは香りだけではなく、大変なご馳走です。喜んで、食べま
すが、残るのは種、蟹を食べ終えた殻のようなもの、蟻は邪魔ですから、巣の外
にポイ(笑)こうした花たちをアリ散布型植物といいます。

オドリコソウは日本特産ではないのですが、東南アジアの温帯に幅広く咲く昔か
ら日本にあった在来種です。
対するヒメオドリコソウはヨーロッパ原産での明治の中ごろには東京で始めて確
認された帰化植物です。

姫の名のように慎ましやかな・・・
確かにオドリコソウと較べて背は低く、花も小さい花です。
でも、こちらも小さいながら、しっかり踊り子、そして赤紫で、きれいです。
でも、残念ながら小さすぎて目立ちません。
アップにすると目立つのは毛深いかな(笑)


続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:16 | 花 植物 | コメント(10) ]

外山城跡2
0
外山城跡にはまだ着きませんが、しなの鉄道の車窓からの外山城跡と八重原台地を
紹介しておきましょう。
この山の上が広々とした八重原台地です。
そして、絶壁の上が外山城跡です。
まずこちらからのこの城の攻略は無理なようです。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:04 | 東御市・立科町 | コメント(0) ]

2010年05月26日
散歩道の春の花6 ウワミズザクラ アケビ カラタチ
ウワミズザクラ(上溝桜  バラ科ウワミズザクラ属)
1ウワミズザクラ1
上溝桜と桜がついていますが、桜とは似てもつかない花ですね。
ウワミズザクラは房のような花ですが、アップしても普通の桜とは大分感じが、
違いますね。

ソメイヨシノ、ヤマザクラはサクラ属ですが、此方はウワミズザクラ属で親戚で
すが近いとはいえません。遠い親戚です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:03 | 花 植物 | コメント(8) ]

外山城跡1  八重原へ
0
本当は山にでも、登りたいようないい天気、
ちょっと、一日は無理というわけで温泉に入りたく気分もして隣町の温泉へ・・・

降り立った駅の陸橋からの北アルプスです。
左、鹿島槍ヶ岳、右、五竜岳です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:59 | 東御市・立科町 | コメント(2) ]

2010年05月25日
カバンの藤   上田市信濃国分寺跡史跡公園
0
恋しけば 形見にせむと わが宿に 植ゑし藤波 いま咲きにけり 山部赤人

前山寺の帰り、しなの鉄道の信濃国分寺駅で途中下車、といっても切符は買い替えですが、「カバンの藤」を見てきました。
山部赤人の歌は藤の木のところに立て札で紹介されていました。
藤波はたくさんの藤の花房が風で揺れる様子を藤の花の波と形容しているのです
が、ここの藤はまさに藤の花の波です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:51 | 上田市・小県郡 | コメント(12) ]

前山寺の牡丹
0
前山寺は藤のほか、牡丹と、躑躅(種類によってはおわっていました)、シャガな
ど、花盛りで、彩りの中にありました。

フワッと空に舞い上がりそうな軽やかさがあります。
大きい花はどう苦手なのですが、この軽やかさは、それを和らげてくれます。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:49 | 上田市・小県郡 | コメント(2) ]