掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (2月4日 信濃追分駅より)
P2010618
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習いの、にわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や-記事に関係のないコメントTBは、予告なく独断で削除させていただきます。

2009年08月31日
女神湖の花1  サワギキョウ ハンゴンソウの名の花
サワギキョウ(沢桔梗  キキョウ科ミゾカクシ属)
1サワギキョウ2
サワギキョウは、山の中の湿地にさくキキョウの仲間です。つまり沢地に生える桔梗です。

背が高く、たくさんの花をつけますので、割と目立つ花です。
キキョウと色は似ていますが、花の姿はキキョウのシンプルさと大違い、技巧的です。似ているとすれば羽をやや広げた姿、鳥かもしれません。

たくさん花がつく花はつい一つ一つの花の姿を観察するのがおろそかになります。
サワギキョウも花もなんとなくムラサキの花の集まりとみてしまっているようです。でも、よくみるとなかなか複雑で独特の花です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:02 | 花 植物 | コメント(6) ]

2009年08月30日
蓼科牧場と女神湖3  女神湖  みなも(水面)の ささやき
女神湖と蓼科山
女神湖と蓼科山です。

何となく、自然の中の場所なのに、人に関係した堰の話が続きました。
このあとも、東山道の古い道の話となりますので、今回は息抜きで
のんびりと湖面を眺めてみるのも悪くないかも・・・

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:36 | 東御市・立科町 | コメント(4) ]

2009年08月29日
蓼科牧場と女神湖21  女神湖 成り立ちと今
P8260532

蓼科山を描く親子・・・
絵になりますね。
それを絵に仕切れない私の才能のなさ・・・

描かれていた親子の絵ですか・・・
それは、とてもすてきな絵だったといっておきます。
大切な親子の宝物です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:40 | 東御市・立科町 | コメント(6) ]

2009年08月28日
蓼科牧場と女神湖1  塩沢堰(せぎ)と蓼科園地あたり
1
十日ほど前に蓼科牧場を訪れたばかりですが、女神湖を見られなかったので、また、のこのこと出かけていきました。今回は平日で、私の一人旅です。
蓼科山は雲が多いですが、よく見えていました。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:38 | 東御市・立科町 | コメント(6) ]

2009夏の花10   最終回 
ヤマユリ(山百合  ユリ科ユリ属)
ヤマユリ1
直径20cm近いを咲かせる、ヤマユリは日本で自生する野草で最も大きい花です。夏を彩る見事な大輪といえます。そして、その強烈な香りも花の大きさにふさわしい花です。
あまりの花の大きさで、その重さに茎が耐えかねて曲がってしまいそうです。

目立つのは雌しべを取り囲む雄しべですね。触ると強い粘り気があって、小さな虫はうごけなくなってしまいます。このため、花粉が服につくと大変、夢中になって野で遊んで帰って気がついてみると、母親に怒られていました。
そんな懐かしい花です。
最もそれがヤマユリだったのか、オニユリだったのか・・・

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:26 | 花 植物 | コメント(2) ]

2009年08月27日
夏の花9 外来種その2 クサキョウチクトウ ハナトラノオ
クサキョウチクトウ(草夾竹桃  ハナシノブ科フロックス属)   
オイランソウ20

しなやかに確かめあいつつ揺れているクサキョウチクトウ 香(か)にたちながら  
                                鳥海昭子


この長い花の名を良く歌に読み込んだものと・・・
「しなやかに確かめあいつつ」がいいですね。別名のオイランソウの華やかなイメージもありますが、ビッシリと重たそうに花をたくさんつけて、わずかな風に揺れ、うなづきあっているような・・・
そういえば、この花を、クサキョウチクトウなど呼んだことは無かったですね。オイランソウ(花魁草)と呼びました。と言うわけで以下はオイランソウを使います。

オイランソウは我家の庭にも咲いていた花です。この地方では盆花として大切な花で、我家の庭にもありました。墓参りなどのために庭にそだてた家がたくさんありました。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:32 | 花 植物 | コメント(10) ]

2009年08月26日
蝶と虫と  サカハチチョウなど
サカハチチョウ(逆八蝶  タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
0サカハチョウ5
御泉水のヨツバヒヨドリにアサギマダラ五頭くらいのアサギマダラがお食事中。
みんな、アサギマダラの撮影に、夢中・・・
最も、私も撮影しましたよ。
ふと見るとサカハチチョウが一頭だけ、そっとお食事中・・・
サカハチチョウを見つけてからモデルさんを変更しました。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:27 | 蝶 トンボ 虫 | コメント(4) ]

2009年08月25日
灯台下暗し  「ぴんころ地蔵」と「伴野氏館」 佐久市野沢
1
蓼科牧場の帰りに佐久平駅に戻りました。
切りの出る噴水に子供が楽しそうに霧の中にいました。
このあと、花火大会のために小海線で中込駅にむかいました。
中込駅では花火大会まで2時間半あります。会場の千曲川の岸で待つのは私たちの性に合いません。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:36 | 佐久市 | コメント(10) ]

2009年08月24日
御泉水の花3  ツクバトリカブト  キンロバイ
ツクバトリカブト(筑波鳥兜  キンポウゲ科 トリカブト属)
ツクバリカブト1
世界最強の有毒植物で植物の全てが有毒です。北海道のアイヌはトリカブトの毒を塗り、熊狩りしました。その熊を食べたのですが、動物の体にはいった毒は化学変化をおこし、無毒になるそうです。
特に毒性の強いのは根で、誤って、食べると、先ず、舌、そして、やがて全身がしびれ呼吸困難になり、死ぬそうです。花粉にも毒があるそうですので、匂いをかいだり、触らないほうがいいようです。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:54 | 花 植物 | コメント(16) ]

2009年08月23日
御泉水の花2 イワギキョウ カニコウモリほか
イワギキョウ(岩桔梗  キキョウ科ホタルブクロ属)
1イワギキョウ10
イワギキョウは名前からわかるとおり、高山の岩の隙間などに咲く花です。キキョウと名前がついているとおり、キキョウに似た美しい花ですが、キキョウよりもホタルブクロに近い花です。

本州中部以北、北海道・千島・アリューシャン・アラスカと太平洋の北を回りこむように咲いている、こうした分布はこれらの土地が昔は陸続きだったと・・・

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:33 | 花 植物 | コメント(10) ]

2009年08月22日
御泉水の花1 レンゲショウマ アキノキリンソウほか
ヤナギラン7
遠くから見るとヤナギランの群落がきれいそうに見えたのですが、もう盛りは過ぎていました。御泉水の花と書きましたが、このヤナギランは唯一、蓼科第1牧場で撮影しました。あとはすべて御泉水の撮影です。前座といった所でしょうか。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:47 | 花 植物 | コメント(6) ]

軽井沢八月祭  ロシアとフランスから~後期ロマン派が残したもの
めくるめくクラシック音楽旅行〜1日でたどる西洋音楽史 
Part.4 ロシアとフランスから〜後期ロマン派が残したもの

1
この演奏会はピアノはヴィクトリア・ シェレシェフスカヤとディオを組んでいるフランスの若手チェリストのマキシム・ガンツの二人で行われる予定でした。しかしガンツが、来日直前に高熱を出してドクターストップとなってしまい。急遽、向山佳絵子さんが曲目を変えずに行われました。

そういえば、昔、オーケストラの演奏会で五十嵐喜芳さんが出演、風邪で森敏孝さんの応援で半々に歌ったことがありました。

今朝、母親の通っているディサービスの施設から電話があり、新型インフルエンザの可能性のある利用者がいたため、今日から25日まで休みと連絡があり、昨日からお腹の様子が、少し悪いというので、山に行こうと思っていたのですが、急遽様子を見に行きました。
幸い、熱は無くホットしました。

新型インフルエンザ、流行期とか・・・
皆様も、ご注意ください。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:37 | 音楽 | コメント(6) ]