掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (4月12日 東御市滋野駅付近より)
P2090509
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習いの、にわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や-記事に関係のないコメントTBは、予告なく独断で削除させていただきます。

2009年01月31日
松原湖 その3 松原湖高原遊歩道
P1246402
今回の目的は八ヶ岳高原美術館でした。
松原湖の散歩を終えて、八ヶ岳高原美術館にむかいました。
その途中からの、八ヶ岳のです。背後の山は根石岳です。
下部に雲があるように見えますが、雲で無く雪煙です。
山は風が強いようです。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:05 | 南佐久・清里 | コメント(12) | トラックバック(0) ]

2009年01月30日
松原湖 その2 松原諏訪神社と長湖
101
松原諏訪神社上社
松原湖の松原諏訪神社は猪名湖畔を挟んで南に上社、北に下社と向き合っています。そういえば、本家の諏訪大社も諏訪湖を挟んで上社、下社・・・
マネをしたのでしょうか。
神社の建物は、飾り気の無い落ち着いたかんじで、周囲の自然によくマッチしています。

武田信玄は信濃攻略の時に、松原諏訪神社に戦勝祈願のため参拝して、願文をおさめています。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:15 | 南佐久・清里 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2009年01月29日
松原湖 その1 松原湖一周
1
松原湖には正式には松原湖という名前の湖はありません。
松原湖の誕生は、八ケ岳の天狗岳が仁和4年(西暦888年)に水蒸気爆発による泥流が大月川を堰き止め数十日の間に大小10あまりの松原湖沼群(まつばらこしょうぐん)湖を作り出したといわれます。
いま残っているのは猪名湖・長湖・大月湖・臼子池・うずら池などで、一般的には一番大きい猪名湖を、松原湖と呼んでいます。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:30 | 南佐久・清里 | コメント(14) | トラックバック(0) ]

2009年01月28日
佐久 志賀の里にて 5 志賀城(下)
100
枯れ葉がのって滑りやすい道を登っていくと、岩壁の下にでます。
この岩壁がどんな堅固な城壁よりも敵から城を守ったようです。
この岩の上は城内です。

小田井原の戦いの敗退が関東管領上杉家の権力失墜につながり、やがて、北条氏康の北条氏の勢力により、上杉憲政は越後の長尾景虎の元に逃亡します。そして、長尾景虎に上杉氏の家督と関東管領の位を譲渡します。言うまでも無く、長尾景虎は後の上杉謙信ですね。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:46 | 佐久市 | コメント(10) ]

2009年01月27日
佐久 志賀の里にて 4 志賀城(上)
0
何の変哲もない里山です。
地元では三峰山と呼んでいます。
この山の上には志賀城がありました。大きな歴史的には大きな意味合いを持ってはいないのですが、ここは戦国時代には壮烈な戦がありました。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:28 | 佐久市 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2009年01月26日
佐久 志賀の里にて 3 大閼伽流山 小倉観音堂
6
岩の上の馬頭観音は何を考えているのでしょうか。
正式には馬頭観世音菩薩といいます。観世音菩薩は如来になるために修行中の仏です。如来は悟りを開いた仏です。そのためか個性的な仏がありますね。
馬頭観音は馬頭明王とか馬頭大士とも言われます。頭の上に馬の頭を乗せている姿です。なかなか強い仏さまのようで、馬が駆け周り敵を蹴散らすように、諸悪をくじき、たくさんの草を食べ尽くすように、全ての悩みを解き放つそうです。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 12:05 | 佐久市 | コメント(11) | トラックバック(0) ]

2009年01月25日
佐久 志賀の里にて 2 志賀散歩 法禅寺ほか
11
志賀部落を流れる志賀川は凍ってました。
寒い日が続いている証拠です。
このまま、春まで解けないのか・・・
嫌それほどのことは無いでしょうね。
暖かい日には解けてしまうかもしれません。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:21 | 佐久市 | コメント(12) | トラックバック(0) ]

2009年01月24日
佐久市 志賀1 赤壁の家
1赤壁の家
佐久市 志賀中宿の「赤壁の家」、「赤壁御殿」という名で呼ばれる、三百年以上を経た小民家です。ここは志賀は旧家が多く、特に神津家の赤壁の家と黒壁の家は知られています。
今は佐久市になっていますが、昔は北佐久郡志賀村といいました。
この壁は、古さというより何か新しさを感じさせます。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:15 | 佐久市 | コメント(16) ]

2009年01月23日
山里 野倉3 愛とロマンの縁結びコース
1
野倉から別所まで歩いてみました。
2キロほどの道です。
女神岳と雷山の間の小さな峠を越えると女神岳の相棒の夫神岳が見えます。
「岳の幟」という雨乞いの祭で有名です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:42 | 上田市・小県郡 | コメント(16) ]

2009年01月22日
山里 野倉2 萱葺き屋根 山村のこと
1
この日、野倉の南集落の萱葺きの家です。
この部落に限らず、野倉で一番心に残った風景です。

野倉の部落は今でこそ上田から車で30分、別所温泉からは5分で達します。
野倉地区は北に女神岳(926m)のピラミッドの山、東にごつごつした独鈷山(1,266m)、西は、どっしりとした雷山(1060m)に囲まれた標高700mくらいの山の中に、ほとんど平地のない斜面に五つの集落が点在しています。
人口は100人くらいのようです。うち60歳以上が半数近いようです。
この部落も、昭和20年代までは、農業と養蚕業、林業などで活気があったようです。
沢筋の棚田、山の斜面に蚕の桑畑、ナラやクリなどの豊な山林は、木材や薪を産み出しました。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:42 | 上田市・小県郡 | コメント(18) | トラックバック(0) ]

2009年01月21日
山里 野倉1 野倉の夫婦道祖神  神と仏
3
女神岳を降りた当たりは野倉地籍となります。
そして観光ポスターに使われて有名になった双体道祖神があります。
今回のメインはこの愛の神です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:38 | 上田市・小県郡 | コメント(14) | トラックバック(0) ]

2009年01月20日
小諸の初恵比寿
1蛭子神社
今日は「与良蛭子神社」の初恵比寿です。昨日は、宵恵比寿でした。でかけて来ました。
去年に続いて2年連続の紹介です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:54 | 小諸 町 祭り | コメント(18) | トラックバック(0) ]