掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 10月9日 (小諸市飯綱山より)
P1310195
 このブログでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。
狭い地域のことで、日記的な意味合いもあり、同じ内容を何度も繰り返して、マンネリ化していて新鮮味に欠けています。
書いていることは、一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2008年10月30日
浅間山初冠雪 2008
PA300508
昨日10月29日の夕方のテレビのニュースで長野地方気象台軽井沢測候所が
午後4時半頃、雲の切れ間から、山頂付近がうっすらと雪が積もっているのを
確認した報道していました。

小諸は今朝は雲で覆われていましたが、9時頃から浅間山が見えました。
ほんの少し、山襞の部分に白い雪が確認できました。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 10:42 | 小諸 風景 自然 | コメント(14) | トラックバック(0) ]

御所平   尾崎喜八によせて
  「御所平」   (尾崎喜八「山の絵本」御所平と信州峠より)

一里むこうの大深山(おおみやま)はまだ華やかな夕陽(ひ)だが、
山陰はもうさむざむとたそがれた御所平。


10

山の詩人、尾崎喜八の本は何冊か手元にあります。
なかでも「山の絵本」は繰り返し読んだ本です。
その中に「御所平と信州峠」という一文があります。
この「御所平」は、その中に挿入されている詩です。
この詩は、尾崎喜八には、珍しく各節の終わりに「御所平」とリフレインがあり
リズミカルな中に山村の寂しさと、厳しさ、あたたかさを伝えています。

青字は尾崎喜八「御所平」の詩、緑字は「山の絵本」からの引用です。

尾崎喜八と義弟は昭和10年1月2日の夜行列車で新宿をたち、夜明け前の小淵
沢駅に降り立ちます。列車の中でさえ氷点下6度で、どうせ寒いのならと、ホー
ムで足踏みしながら山々を見ていました。ここから当時の小海南線の終点の清里
から、旅が始まります。
二人は40センチの雪の中、歩きにくい道だったとおもいますが、八ケ岳や南ア
ルプスの山の楽しみ植物のことや地元の人々との出会いを素敵な優しさをこめた
文章で綴っています。
二人は、念場ガ原(野辺山)を越えて御所平に入ります。
途中、私の好きな一節があります。

それならば、これが「さらば」だ。
思い出の中でのみ滅びないものよ、さらば!


続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:30 | 南佐久・清里 | コメント(6) | トラックバック(0) ]