掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (4月12日 東御市滋野駅付近より)
P2090509
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習いの、にわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や-記事に関係のないコメントTBは、予告なく独断で削除させていただきます。

2008年09月30日
閑中忙あり・・・忙中閑にあらず
私は、リタイアして、サンデー毎日なのですが、たまには忙しいときもあります。
P9277795
ちょっと今日、明日は個人的なことでバタバタしそうです。
小諸にいるのですが、パソコンに向かう時間があまり取れません。
すみませんが、少しコメントの返事や、皆さんのところへお伺いしたり、
コメントをするのが遅れるかもしれません。

今日の絵も、適当に選んだ手抜きです。
この絵は雲間に見えた山l稜の風景です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:14 | その他 | コメント(14) | トラックバック(0) ]

2008年09月29日
散歩道の蝶たち4  セセリチョウ
イチモンジセセリ(一文字挵  セセリチョウ科イチモンジセセリ属)
7イチモンジセセリ2
イチモンジセセリどこにでもいるセセリチョウですね。
でも、そう思うのはイチモンジセセリの多いところに住む人間だそうです。
良く、普通種などという軽蔑する言葉を使ってしまいますが、
この蝶はどちらかというと南のチョウなのだそうです。
昆虫は人間と違って変温動物です。つまり、温度によって行動が変わります。
温度が適切だと元気に飛び回りますが、低いと動かなくなり、高すぎると仮死
状態になるそうです。イチモンジセセリですと、体温が8.8゚Cでやっと体の
一部を動かせる状態、19.7゚Cで歩けますが、24.5゚Cで飛べるそうです。
高ければいいかというと、そうでもなく、44.9゚Cで仮死状態になります。
東北などにもいるのですが、渡りをしてきた蝶だそうです。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:35 | 蝶 トンボ 虫 | コメント(17) | トラックバック(0) ]

2008年09月28日
昨日の八ケ岳  -八ヶ岳追想-
1八ヶ岳連峰
朝、外を見ると八ヶ岳連峰がきれいでしたので、家の近くで撮影してみました。
この町に住むとどうしても浅間山に目がいきがちですが、八ケ岳も素敵な山です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:48 | 小諸 風景 自然 | コメント(12) | トラックバック(0) ]

2008年09月27日
散歩道の花13 水田雑草3
コナギ(子水葱、小水葱  ミズアオイ科ミズアオイ属).
1コナギ45
春霞 春日の里の植子葱 苗なりといひし枝はさしにけむ 大伴駿河麻呂
春霞の頃は、春日の里に植えたコナギはまだ苗と言っていましたが、今は枝を
伸ばして食べられるでしょう。という意味ですが、本当はあなたは、大人に
なったので私の妻になってほしいという、求愛の歌だそうですが、今の女性に
は通じそうにもないですね。
この歌からも、昔は茎や葉を食べため「菜葱」(ナギ)と名づけられ、それより
小さいからコナギです。
小さいコナギを食べたことがわかります。江戸時代の「菜譜」という本にも
水菜のひとつと書いてあり、東南アジアでは野菜としているそうです。 
食べた人の話では、食べられるが味が無く、美味しくはないそうです。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 06:36 | 花 植物 | コメント(18) | トラックバック(0) ]

2008年09月26日
私の周りの虫たち
ニホンミツバチ(日本蜜蜂  ミツバチ科・ミツバチ属)
ニホンミツバチ0
日本ミツバチは名前の通り、日本に昔から住んでいるミツバチで、最もなじみ
深いハチのひとつです。現在、日本では明治以降は古くから養蜂として使われた
ニホンミツバチから蜜が多く採集ができ巣を放棄することのないヨーロッパの
セイヨウミツバチ養蜂が盛んに行われ、ニホンミツバチの養蜂はごくわずかに
なりました。しかし、自然界では、木の洞や地中に巣を作り元気に飛んでいま
す。最近は西洋ミツバチの脱走もニュースになっていますが、だんだん人間に
反発する生き物が増えてくるのでしょうか。
人間に反発して、すぐ逃げ出すニホンミツバチですが、性格はとても大人しく、
スズメバチのように人を襲うことはありません。
また、ミツバチは高度な社会性を持つ昆虫として知られています。女王バチを
中心に数百匹のオス、花粉や蜜集める1万匹の働きバチからなる集団をつくり
ます。また、働きバチは巣作りに女王バチや幼虫の世話やの世話などをします。
蜜のありかを知らせる「8の字ダンス」は有名です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:25 | 蝶 トンボ 虫 | コメント(14) | トラックバック(0) ]

2008年09月25日
児玉家宅 (国登録有形文化財 東御市) 2 明治の豪農の家
000
今回公開は、一階左がわです。
普段主として使われている部分は、当然非公開です。
一階部分の中央やや右側の昔勝手だったという土間、そして左へ茶の間、取次ぎ
の間、座敷、奥座敷と土蔵、そして南と西の庭です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 06:40 | 東御市・立科町 | コメント(23) | トラックバック(0) ]

2008年09月24日
アサギマダラと藤袴
1
昨日、小諸の町の母の実家の横の藤袴で、十数頭のアサギマダラが戯れて
いました。
本当は児玉家の続きをアップする予定でしたが、人気の蝶なので予定を変
更してアップして見ました。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 00:00 | 蝶 トンボ 虫 | コメント(20) | トラックバック(0) ]

2008年09月23日
児玉家宅 (国登録有形文化財 東御市) 1 明治の豪農の家
1
昨年末に明治の豪農の家として、東御市の古民家、児玉家が住宅を紹介しました。
現在、お住まいのお宅であり、外から見学するにとどまりました。
今年に入り、所有者の児玉一彦氏のご子息から、9月20-21日に公開すると
のご案内をいただき見学させていただきました。
台風一過の田の向こうに児玉家が立派でした。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 00:32 | 東御市・立科町 | コメント(18) | トラックバック(0) ]

2008年09月22日
散歩道の蝶たち3  シジミチョウ
小さくて注目されることのない蝶がシジミチョウですね。
地味な姿でいくらでもいる蝶たち・・・
でも、散歩道で、良く出会う仲良しの蝶たちです。


ベニシジミ(紅小灰蝶  シジミチョウ科ベニシジミ亜科)
eベニシジミ3
日本のほとんどで見られるとともに、数も多いシジミチョウです。
あまりに数が多くて、蝶の愛好家は「なんだベニシジミか、つまらない」
ここにいらっしゃる蝶を愛する人たちはそういう極端な人は見当たりませんが
マニアの中には、本当に、蝶が好きなのかと思うことがあります。
珍しいものでなくては、興味を示さず、いくらでもあるのは価値がないと・・。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 00:00 | 蝶 トンボ 虫 | コメント(18) | トラックバック(0) ]

2008年09月21日
台風一過の空の下で  -昨日の東御市散歩-
1
台風一過というタイトルは、チョット抵抗がありますね。
青空はありましたが、雲も、たくさんありました。
とある、旧家からのご案内をもらって、東御市に出かけました。
駅から3キロ、秋の気配を感じながら歩いて往復しました。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 06:09 | 東御市・立科町 | コメント(13) | トラックバック(0) ]

2008年09月20日
蔦(つた) 秋を刻む
1
洋館などにビッシリからんだ真っ赤な蔦は、きれいですね。
本当はそういう蔦をアップするとアッピールする度合が強いのですが、
個人的には、あまり好みではないようです。
勿論きれいですし、素晴らしいとはみとめるのですが・・・
でも、最初はなるべくきれいなのを選びました。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 06:46 | 花 植物 | コメント(14) | トラックバック(0) ]

2008年09月19日
散歩道の花12 目立たない花たち
ヤブマメ(藪豆  マメ科ヤブマメ属)
ヤブマメ3
ダイナミックな葛の花とこの花は似ているとは言えませんが、同じマメ科で
葉の感じは小さな葛に似ています。
花は白をベースとした細長い筒状の花の先に淡い青紫が可愛いらしく飾ります。
マメ科らしい花ですが、細長いためマメ科の花に使われる蝶型の花という感じは
あまりしません。
確かに林縁や叢の籔のようなところに咲く花ではあるのですが、藪豆は可愛そう
な気がします。もう少し粋な名前がつけられてもいいとおもうのですが・・・

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 06:38 | 花 植物 | コメント(8) | トラックバック(0) ]