掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (11月17日 佐久市御牧原より)
P2310750
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2008年08月31日
秋の気配  (小諸 懐古園付近の初秋)
 秋きぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる  藤原敏行

0
東京などの南の都会の方たちは、まだ、秋は目には見えず、風の音に秋を
感じるのかもしれません。
しかし、私の住む小諸の町は、もう秋は目に見えて彩り始めています。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:07 | 小諸 風景 自然 | コメント(20) | トラックバック(0) ]

第63回 ミルテの会 ヴォーカルコンサート
昨年に続いて今年もミルテの会 ヴォーカルコンサートを聴きました。
長野県の歌曲の好きな地元のピアニストたちのフランスとドイツの
歌曲のコンサートです。
この上田地区での演奏会は年に一回ですが、他の地域でも行なわれています。
昨年第58回ですから、どこかで4回のコンサートがあったようです。

P8305919ホールこだま
都会はいざ知らず、信州の片田舎で、生演奏の歌曲を聞く機会は滅多にありま
せん。このコンサートはそうした意味でも、私にとっては貴重です。
それなのに友人から、招待状を頂いて恐縮しています。

この会は合唱の友人や、何回もコンサートの録音を担当していますし、去年の、
コンサートのブロク見られた会員の方もいらっしゃるようです。
批判をする気はなかったのですが(誉めたつもりだったのですが、)一言多かっ
たみたいですね。
そんなわけで、恐くて個々の演奏は書けません。
といいながら、恐る恐る書いてしまいます。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:06 | 音楽 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2008年08月30日
散歩道の野の花4 水田雑草たち ミズオオバコ オモダカほか
P9214425

昭和天皇は「雑草と言う名前の草はない」といわれました。
確かにそのとおりです。しかし、農家などは、目の敵となる野草はたくさん
あります。我が家でも、見つけると直ぐ抜く、野草たちもたくさんあります。
稲作農家にとっては水田雑草たちは迷惑なものかもしれません。
もっとも、レンゲのように肥料になる草もあります。
そうした、区別のために、害草、強害草などという言い方もあります。


 ミズオオバコ(水大葉子  トチカガミ科ミズオオバコ属)
Pミズオオバコ4
田の水面に淡くピンクがかった3枚の花弁が顔を出していると、そこがなんと
無く華やいだ感じがして、なにか明るく見えます。
葉は道端のオオバコのような大きなものですが水底に沈んで、水中から顔を出
ミズオオバコは美人薄命で1日の命しかないのです。
田や池に布していますが、目に付きにくい場所のためになじみの少ない花です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:27 | 花 植物 | コメント(12) | トラックバック(0) ]

2008年08月29日
北国街道小諸宿 与良館と小諸城銭倉
P5120012与良館全景与良館
江戸からの中山道が追分宿で分かれて、北国街道の小諸宿に入ります。
昔は宿場の入口の木戸のあった与良町に入って、左側に今年、4月にオープン
した、与良館があります。
与良館は150年前に建てられた小諸宿にあった塩野入家の建物でした。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:05 | 北国街道 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2008年08月28日
欅によせて -生きることとは-
ケヤキ(欅  ニレ科ケヤキ属) 
1
小諸の健速神社の御神木の欅の木です。
しめ縄が巻かれ、紙垂(しで)が下げられ御神木として祀っています。
御神木はその神社に神が下りて来る目印で、境内の中でも特に目立つ大きな木が
選ばれます。木の種類は松・杉・クスノキ・欅など大きくなる木なら何でもいい
ようですが、佐久地方では欅が多いようです。
写真は健速神社の祇園祭りですが、神輿を御神木の周りを必ず、三度まわって
神社から街へ繰り出します。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 06:44 | 花 植物 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2008年08月27日
散歩道の野の花3  ツルフジバカマ ナンバンハコベほか
ツルフジバカマ(蔓藤袴  マメ科 ソラマメ属)
ツルフジバカマ6
春に紹介したクサフジとよく似ていています。
わたしも初めはよくわかりませんでした。春だから、クサフジで、秋だから
ツルフジバカマだろうと(笑)・・・・・

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:28 | 花 植物 | コメント(10) ]

2008年08月26日
ユウスゲ  立原道造とユウスゲ
ユウスゲ(夕菅  ユリ科ワスレグサ属)

1

ゆふすげびと          立原道造

かなしみではなかった日のながれる雲の下に
僕はあなたの口にする言葉をおぼえた、
それはひとつの花に名であった
それは黄いろの淡いあはい花だった、

僕はなんにも知ってはゐなかつた
なにか知りたく うつとりしてゐた、
そしてときどき思ふのだが 一体なにを
だれを待つてゐるのだろうかと。

昨日の風は鳴つてゐた、林を透いた青空に
かうばしい 光のまんなかに
あの叢に咲いてゐた さうしてけふもその花は  

思ひなしだが 悔ゐのやうにー。
しかし僕は老いすぎた 若い身空で
あなたを悔ゐなく去らせたほどに!


ユウスゲは軽井沢を愛した詩人立原道造が愛した花です。
彼の詩集「萱草(わすれぐさ)に寄す」の萱草はユウスゲです。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:22 | 花 植物 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2008年08月25日
散歩道の野の花2 キカラスウリ ツユクサほか
キカラスウリ(黄烏瓜  ウリ科 カラスウリ属)
キカラスウリ8
カラスウリに似て実が黄色だからキカラスウリです。
手背はカラスウリというと瓜みたいな実だけど役に立たないからカラスと、
烏には失礼な名前です。他には、カラスが実が好きだからというのですが、
昔は知りませんが、今のカラスは見向きもしません。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:21 | 花 植物 | コメント(18) ]

2008年08月24日
トンボたち 1  ノシメトンボ ミヤマアカネ モノサシトンボ
赤トンボが目立つようになりました。
赤トンボの、代表のひとつ、アキアカネはまだ山の上のようです。
ナツアカネも真っ赤になっていないようです。
二つの赤トンボを紹介する前に、近くで見かけたトンボたちの紹介です。

ノシメトンボ(熨斗目蜻蛉  トンボ科アカネ属)
Pノシメトンボ3オス
アカトンボの仲間では一番大きいトンボです。
そして、今、このあたりで一番多いトンボです。

ほんのり赤くなっていましたが、良くわかりませんね。まだ、
ノシメトンボはアカトンボなのですが、成熟して赤くなっても、黒い色が強く
それほど赤い色が目立ちません。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 05:23 | 蝶 トンボ 虫 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2008年08月23日
散歩道の野の花1  ガガイモ ヘクソカズラほか
ガガイモ(蘿藦、鏡芋、  ガガイモ科ガガイモ属)
ガガイモ6
派手さは全くない花ですが、私は密かに草原の星と呼んでいます。
でも、アップでみると、草原の星らしく、この毛むくじゃらさ加減は驚きです。
この花が咲くと、暑い夏ももう少しだなと思います。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:46 | 花 植物 | コメント(14) ]

2008年08月22日
龍岡城  小さな五稜郭
龍岡城は、前にも紹介しているのですが、もう一度紹介します。
五稜郭1
千曲川の支流、雨川を1.5キロほど遡ったあたりの山村に龍岡城があります。
入口のあたりは古くからの住宅がありますが、あとは田圃に囲まれています。
城下町とは思えない静かな、田園地帯です。
ここは、大手門のあったところです。
今は小学校の入口です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:20 | 佐久市 | コメント(10) ]

2008年08月21日
浅間山群の夏の花8  最終回
ノアザミ(野薊  キク科アザミ属)
ノアザミ8
野にあるアザミなので、ノアザミですが、アザミは野にあるの普通です。
ノアザミはアザミの中で、もっとも馴染みぶかいアザミです。
ではアザミの名はというと、綺麗な花と思わず触ると葉のトゲが刺さって
「欺かれた」というところから「アザムク」と名がつき、アザミとなったと
いわれます。
また、昔、アザミのこのトゲをアザといい、アザのある実でアザミという説
もあります。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:29 | 花 植物 | コメント(10) ]