掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (5月7日 信濃追分駅より)
P2120860 ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2007年11月30日
砥石城付近の秋の草木
0風景
砥石城のある東太郎山の山麓の紅葉です。
秋らしく・・・
そして、寂しく・・・

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:04 | 北国街道 | コメント(14) | トラックバック(0) ]

水の表情  千古滝にて
 S 1/100 F5
千古滝の右側の滝の落口です。
水の姿は自由自在さに憧れます。
勝手な入れ込みですが、良かったらお付き合いください。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:01 | 上田市・小県郡 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2007年11月29日
砥石城 3 金剛寺峠から千古滝
松代街道1松代街道を行きます。
上田宿から戸石城の南西の金剛寺集落から金剛寺峠を越え傍陽に出て新地蔵峠を越え、松代に抜ける34キロの江戸時代の街道でした。
伊勢山地区は鳥居峠を越えて上州へ向かう上州街道や、菅平から須坂への道など、東信濃と北信濃、上州を結ぶ重要な街道が集まっていて、軍事的に重要な位置にあり、そうした街道を見守る為にも戸石城は必要だったともいえます。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:38 | 上田市・小県郡 | コメント(14) | トラックバック(0) ]

2007年11月28日
砥石城 2 砥石城、本城、桝形城
PB247455
ややこしいのですが、ここは総称としての砥石城の中の砥石城部分です。
こちらが砥石城跡です。20メートル四方くらいの広場です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:55 | 上田市・小県郡 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2007年11月27日
上田 砥石城1 米山城から砥石城へ
1
上田市の北東部の東太郎山が神川に落ち込む尾根は最後に盛り上がり
小さな山となっています。
下の部落からは高さ150から200メートルほどのこの山に戦国時代に
砥石(といし)城がありました。
総称を砥石城と呼ぶこの城は本城を中心に北に桝形城、南に砥石城、
西南に米山(こめやま)城をと並んだ連郭式山城という形式の堅固な山城でした。

この写真の左の山が米山城、右の山が砥石城です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 00:15 | 上田市・小県郡 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2007年11月26日
妙義 4 中間道_(続き)
100
この写真は山登りを終えた「もみじの湯」付近からの白雲山です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:39 | 山 (地域外) | コメント(12) | トラックバック(0) ]

2007年11月25日
妙義 3 中間道1  妙義中間道(関東ふれあいの道)
ここからの妙義山中間道は岩峰の中腹を歩きます。
「関東ふれあいの道」にも指定されています。
1
妙義山の金洞山を見上げています。
ここに登るのは、熟達者向きです。
今では、鎖や梯子がついて、優しくなったと聞いていますが、
穂高の一般ルートのどのルートより難しいのではないでしょうか。
遭難して死者を良く出しているルートです。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:02 | 山 (地域外) | コメント(12) | トラックバック(0) ]

2007年11月24日
一日の終わり
PB247794
今日の散歩、上田の郊外でした。
今は陽が落ちるのが早いですね。
きれいな一日の終わりでした。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 18:46 | 上田市・小県郡 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

野沢菜
今日妻の実家で野沢菜をつけるのを手伝ってきました。
妙義はもう一日先に延ばします。

1畑の野沢菜
野沢菜とはどんな菜なのか・・・
京菜・聖護院大根・九条ねぎ・千匡(みぶ)菜・すぐき菜・天王寺蕪
京野菜たちですね。
京野菜は定評がありますね。
その一つ「天王寺蕪」が信州の気候で変化したのが野沢菜だそうです。
言い伝えでは、宝暦6年(1756)、野沢温泉、健命寺の住職晃天瑞和尚は
京都に遊学し、天王寺蕪の種子を手に入れ、野沢温泉に持ち帰って育てた
ところ、葉柄、茎丈の大きい天王寺蕪と違った野菜となりました。
温暖な西国の天王寺蕪が野沢温泉は標高600mの高寒冷地気候や風土で、
野沢菜変わってしまったそうです。
佐久地方では葉が大きいことから野沢菜漬を「お葉漬(おはづけ)」といって
野菜の乏しい冬の漬物の代表として親しみました。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:53 | その他 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2007年11月23日
晩秋の歌  (浅間山麓散歩)
妙義はまだ続くのですが、今日は昨日の散歩から・・・
妙義の原稿まだ出来ていなかったりして(笑)

1たんぽぽの綿毛
綿毛は風を待つ
もうどのくらいの時が流れたか!
仲間はみんな、未知へと旅立った
違う世界が恐いわけではない
遠くへ!
そう!
はるか彼方への風を待ち焦がれる

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:40 | 佐久地方全般 | コメント(10) ]

2007年11月22日
妙義 2 第四石門
PB176630

妙義最大の石門の第四石門につきました。急な山道から開放されてホッとするところです。
妙義神社や中之岳神社からの道も合わさり大勢の人が憩っていました。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:37 | 山 (地域外) | コメント(14) | トラックバック(0) ]

2007年11月21日
妙義 1 第一、二石門
1
妙義山は、大分の耶馬溪(やばけい)、小豆島の寒霞渓(かんかけい)とともに
日本三大奇勝の一つです。
今回は、一番人気のある「スリルと冒険の石門めぐり」をたどります。
見上げる岩壁は、高く、どこを行くのかと・・・
真ん中の岩山の下に第一石門の穴が開いているのがみえます。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:39 | 山 (地域外) | コメント(12) | トラックバック(0) ]