掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (2月4日 信濃追分駅より)
P2010618
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習いの、にわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や-記事に関係のないコメントTBは、予告なく独断で削除させていただきます。

2007年10月31日
小諸 懐古園の秋 2007
10桜の紅葉
一気に寒さがまし、里も紅葉が始まりました。
懐古園に秋を訪ねてみました。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:42 | 小諸 風景 自然 | コメント(12) | トラックバック(0) ]

2007年10月30日
籠の登山の秋の植物たち
PA244390クロマメノキ
黒斑山と同じく咲いている花はもうほとんどありません。
会っても、写真を撮るのはかわいそうです。
葉を落としている灌木も目立ちます。
砂礫の斜面を赤く飾っているのはクロマメノキです。  


続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:41 | 花 植物 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2007年10月29日
籠の登山3 籠の登山から池の平
PA244614
籠の登山の山頂に別れを告げるために、周りを眺めて下りだしました。
手前の赤く紅葉しているのは、このあたりで浅間葡萄と呼ぶクロマメノキです。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:43 | 山 浅間山周辺 | コメント(10) ]

2007年10月28日
籠の登山2 水ノ塔山から籠の登山
PA244594
籠の登山からの太陽と蓼科山と八ヶ岳と雲海・・・
実際にはこのようには見えません。
きれいですが、カメラの悪戯です。
28mmの広角で撮影しました。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:08 | 山 浅間山周辺 | コメント(9) | トラックバック(0) ]

2007年10月27日
籠ノ登山1 水ノ塔山へ
1
先日の黒斑山は霧の山で、落葉松も少し早い感じでしたので、天気の良い日に
落葉松を楽しみに籠の登山(かごのとやま)に登ってきました。
落葉松と蓼科山です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:00 | 山 浅間山周辺 | コメント(16) ]

2007年10月26日
落葉松と岳樺
落葉松
107
落葉松は何度も紹介しています。
今回は、手抜きと言われても仕方がないのですが、北原白秋と野上彰の二人の詩人の手にゆだねます。

どちらも秋の落葉松をうたった詩なのですが、不思議と黄葉の黄金色には触れません。
詩人の感性は、わたしのように落葉松の輝かしさに目を奪われることも無く、やがて散って行くものへの哀愁の思いが込められているようです。
黄葉が輝かしいければ輝かしいほど、これは滅び行く美なのかもしれません。
もしかすると、詩人は落葉松に人生になぞらえて心の目で見ているのかもしれません。
             (撮影 10月24日 高峰高原 篭の登山 池の平高原)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 14:06 | 花 植物 | コメント(10) ]

蓼(たで)の仲間たち 2
イヌタデ(犬蓼)
4イヌタデ1
子供のままごとでは、この花穂を皿に器に盛って、赤飯としました。
年配の方には「アカマンマ」という名前が懐かしい名かも知れません。
道端によく、日本でもっと多い蓼です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:57 | 花 植物 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2007年10月25日
蓼(たで)の仲間たち 1
わが屋戸(やど)の 穂蓼古幹(ほたでふるから)採み生(おぼ)し
  実になるまでに 君をし待たむ  万葉集

私の庭にある蓼の穂のついた古い茎摘み、次の実がなるまであなたを待っています。
蓼は花穂を摘むと新しく芽を出して花をつけます。そうした、長い時間がかかってもあなたを待つという恋の歌です。
万葉の昔から親しまれた蓼の仲間たちの紹介です。

ミゾソバ(溝蕎麦)
P9260040

みぞそばの 水より道に はびこれる   立子

「蓼(たで)の仲間たち」で「ミゾソバ」とは・・・
ミゾソバはタデ科イヌタデ属でれっきとした「蓼の仲間たち」なのです。
よくにたママコノシリヌグイもタデ科イヌタデ属です。
蛇足ですがミズヒキはタデ科ミズヒキ属で近い仲間になります。
今回の花たちはイヌタデ属に属する花たちです。
金平糖に良く似た可愛らしい花です。
名前は葉がソバに似て溝に咲くところからつけられました。
別名は葉の形が牛の顔に似ているので「ウシノヒタイ」ともいわれます。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:24 | 花 植物 | コメント(16) | トラックバック(0) ]

2007年10月24日
菊花展と懐古園の秋 
1
懐古園園で毎年恒例の菊花展が始まりましたので行ってきました。
この菊は一本から350の花を咲かせます。
でも奥の菊は開いていません。
今年は菊の咲くのが遅いとか・・・
菊花展は11月4日まで・・・
それまでに開くのでしょうか。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:16 | 小諸 風景 自然 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2007年10月23日
黒斑山の植物たち
1
黒斑山の樹々は針葉樹のコメツガやシラビソです。
しかし、紅葉するのは広葉樹のダケカンバ、そしてカスミザクラでしょうか。
しかし主役は、やはりこの落葉松でしょう。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 00:00 | 花 植物 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2007年10月22日
秋の黒斑山2 中コース
黒斑山より湯の平637
素敵な展望の黒斑山も今日は霧の山でした。
時折、霧が薄くなっても、この程度で、下の湯の平の登山道は見えません。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:19 | 山 浅間山周辺 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2007年10月21日
秋の黒斑山1 表コース
車坂峠532
浅間山の初冠雪を見るために・・・
車坂峠でバスを降りた時に、もう浅間山を見るのは無理だとわかっていました。
霧の山歩きになるなと思いました。
それも、悪くないかとも・・・


続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 00:01 | 山 浅間山周辺 | コメント(10) | トラックバック(0) ]