掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (4月12日 東御市滋野駅付近より)
P2090509
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習いの、にわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や-記事に関係のないコメントTBは、予告なく独断で削除させていただきます。

2007年02月28日
アブトの道
0碓氷峠鉄道文化むら

信越本線の横川駅は国鉄・JRで最も急な碓氷峠の急勾配を登り下りするために機関車をを連結・解結する必要があり、全ての列車が横川駅に長時間停車し、また機関車の車庫や接続の広いスペースがありました。
そこに体験型鉄道テーマパークの碓氷峠鉄道文化むらがあります。碓氷峠の歴史や資料、碓氷峠で活躍した鉄道車両、国鉄時代の貴重な車両などを展示・公開しています。アプト式の列車の走ったところということもあり、子供だけでかく、鉄道マニアの聖地と言われるところになっています。
このオレンジ色の列車は、小海線で、私が通勤に使っていたのと同じです。
懐かしさが、こみ上げます。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:46 | 旅 (地域外) | コメント(12) | トラックバック(0) ]

2007年02月27日
美しい村  追分 文学散歩
その村の手製の地図を、彼女の前に、広げながら・・・    堀辰雄『美しい村』より

堀辰雄文学館記念館大和路

ここは軽井沢の追分にある堀辰雄文学記念館の門です。
この門は、中山道、追分宿の本陣の門を移築したものです。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 00:01 | 軽井沢・御代田 | コメント(12) | トラックバック(0) ]

2007年02月26日
探鳥会
小諸市の和田神社からの、昨日の朝九時の浅間山です。

1

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 00:00 | 野鳥 | コメント(14) | トラックバック(0) ]

2007年02月25日
シジュウカラ
今日はいい天気

シジュウカラは、全長15㎝でおおむねスズメ大の鳥です。
日本では、ほぼ全国で留鳥として、年間を通じて見ることができます。
数はスズメには、およびませんが、平地だけでなく、森林地帯にも生息していて、
スズメよりも幅広い範囲で見ることが出来ます。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:49 | 野鳥 | コメント(12) | トラックバック(0) ]

峠の向こうの花
まだ、梅は早いかなと思いながら、あちこちから、花の便りについふらふらと碓氷峠を越えて見ました。
出発の時の小諸は、風花が舞っていました。
風も強く、軽井沢は横殴りの風花?でした。

1

峠を越えた、横川は風が強く、妻は、寒いの連発・・・
久しぶりの冬らしい日でした。
横川では山茶花をたくさん見ました。でも、これは、春の花ではありませんね。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:48 | 花 植物 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2007年02月24日
北国街道 小諸宿 お人形さんめぐり
1

この雛人形は、昔、小諸宿、本陣を勤めたこともある、塩川家の雛です。
江戸中期に京都で作られ、各地に伝わった享保雛だそうです。
面長で、切れ長な目が特徴です。
衣装の染色は草木染めの落ち着いた、味わいは、なんともいえません。
女雛の赤い袴は絹ですが、中に綿を膨らませているのも享保雛の特徴です。

江戸時代は男雛、女雛は現在と左右逆で、この写真のように飾ったとのことです。
あるまちで、千個の雛人形を、ひとつの巨大な雛壇に飾ったそうです。
それを見るのと、この一組の雛のどちらを見たいかと問われれば、私は躊躇なく、
このお雛様を取ります。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:32 | 北国街道 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

お人形さんめぐり オープニング・コンサート
コカリナ1

小諸宿ほんまち お人形さんめぐりのオープニング・コンサートがありました。
まずは、コカリナの合奏でした。

着物姿で華やかでした。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:31 | 音楽 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2007年02月23日
宮沢 金毘羅神社  -小諸眺望百選29-
6.jpg

こんぴら船々 追風に帆かけて シュラシュシュシュ 
まわれば 四国は 讃州那珂の郡 象頭山 金毘羅大権現


有名な江戸時代の末期の歌です。
「金毘羅」は,元来は仏教の神で、鰐を意味します。
竜神信仰のひとつで、航海の神として、水とのつながりから、
農業神として信仰されています。
祭神の大物主命は三輪山の神で、『日本書紀』には蛇神となっていて
水に関連します。
ここは小諸の宮沢にある讃岐の金刀比羅宮(ことひらぐう)を末社の
関連の金毘羅神社です。
田舎の小さなお宮です。
松の間から見下ろす、素敵な千曲川も蛇行しています。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:48 | 小諸 眺望百選 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2007年02月22日
梅咲きぬ -小諸 懐古園-
P2224201.jpg

今朝、懐古園に梅を見てきました。
広い公園の片隅に、目立たないように、
ひっそりと、紅梅が咲いていました。
まだ、春は、浅いですよと・・・
いっているような、小さな花でした。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 11:30 | 花 植物 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

ヒメオドリコソウ(姫踊子草) 昨日の小諸(懐古園付近)
1.jpg

落し物 さがしに戻る 道すがら ヒメオドリコソウ 愛らしく咲く  鳥海昭子


北国・小諸も暖冬でヒメオドリコソウの花が咲いているはずと、懐古園あたり
に探しに、行ってみました。
オドリコソウは、日本に昔からありますが、ヒメオドリコソウはヨーロッパ原産の
帰化植物です。明治の中ごろには東京で確認されています。
和名はオドリコソウより小さいから、ヒメですね。
小さすぎて、目立たないのが、ちょっと、可愛そうです。
やや日影にあって、まだ陽を充分に浴びていないため、全体が緑色で、上の方だけ、
赤紫ですが、季節が進み、日照の強い所では全体が赤紫色になります

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:39 | 花 植物 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2007年02月21日
長野のまちかどで
善光寺の灯明まつりに行った時の長野の町の散歩です。

1水野美術館

「灯明まつり」と、「水野美術館」は今回の散歩のメーンテーマでした。
個人的には、初めての水野美術館に興味がありました。
水野美術館は、実業家 水野正幸の蒐集した水野コレクション絵画をもとに
平成14年に開館した日本画専門の美術館です。
橋本雅邦・横山大観・下村観山・菱田春草・加山又造・上村松園・
鏑木清方・伊東深水など約400点を収蔵しています。

http://w2.avis.ne.jp/~nihonga/schedule/schedule_now.html

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:45 | 長野市以北 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2007年02月20日
中棚温泉と水明楼
1.水明1.jpg

島崎藤村は明治32年4月から明治38年3月まで、旧師木村熊二の招きで、小諸義塾教師として、6年間小諸で過ごしています。
藤村も、よく来訪した、木村熊二の別荘「水明楼」は宿のすぐ上に現在もあります。
木村熊二は藤村や丸山晩霞、三宅克巳らの義塾の教師たちと、この水明楼で夜遅くまで語りあいました。
写真は、2階部分です。ここに、たたずんで藤村は景色を楽しんだそうです。
この山荘には木村熊二の友人の内村鑑三も訪れています。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:41 | 小諸 文学 | コメント(14) | トラックバック(0) ]