掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (2月4日 信濃追分駅より)
P2010618
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習いの、にわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や-記事に関係のないコメントTBは、予告なく独断で削除させていただきます。

2006年12月31日
北国街道 坂木宿4 村上義清
1.jpg

清和源氏の流れを組む村上氏は平安時代末に村上郷(旧上山田町、旧戸倉町)で
勢力を伸ばし、南北朝時代後期に坂木(坂城)に移りました。
そして、北信濃一帯に勢力伸ばし、統治した豪族でした。

写真は村上氏の本拠地、葛尾城(右)と城姫のあった山(左)です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:41 | 北国街道 | コメント(21) | トラックバック(0) ]

2006年12月30日
北国街道 坂木宿3 坂城の文化を訪ねて
1.jpg牧水碑

JR坂城駅前に牧水と虚子の碑がありました。

春あさき山のふもとの畑をうつ うらわかき友となにをかたりし 牧水
春雷や傘を借りたる野路の家   虚子

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:48 | 北国街道 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2006年12月29日
今日の佐久地方から
PC298342.jpg

      佐久市 龍岡城駅付近から 八ヶ岳遠望

私事ですが、今日は父の命日でした。
昨夜から雪が降り、朝も一時降りました。
佐久市田口まで、墓参りに行ってきました。
その、スナップです。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 17:36 | 佐久市 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

ジョウビタキと柿の鳥たち
ジョウビタキ

ジョウビタキ1.jpg

この「ジョウビタキ」という野鳥、とても馴れ馴れしくて、近づいても、
逃げずに、こちらを眺めたり、尾を振って見たり、人懐っこい面があり、
親しみやすい鳥です。
といっても、そうは近づけませんが・・・
鳴き声が「火打石」の「カチカチ」という音に似ていることから「火焚き(ヒタキ)」と
呼ばれています。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:37 | 野鳥 | コメント(12) | トラックバック(0) ]

2006年12月28日
北国街道 坂木宿2 陣屋周辺
1.jpg

坂木宿は北国街道の宿場町だけではなく、政治的にも北信濃を統治した村上一族の根拠地、越後高田藩領、坂木藩、幕府領時代の陣屋時代とこの地方の政治の中心でした。
ここは陣屋の稲荷があった跡です。陣屋は全て、壊され今は稲荷のあった跡に鳥居と灯篭があるだけです。
何故か猫が一匹、狐の親戚? そんなことはなですね。

ここでの陣屋は幕府直轄領の役人の詰め所で行政・司法をおこないました。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:45 | 北国街道 | コメント(14) | トラックバック(0) ]

2006年12月27日
北国街道 坂木宿1 宿場町周辺
坂木宿は北国街道が整備された江戸初期の慶長期から、宿場として整えその維持繁栄のために遊興の地としても栄えた町でした。

PC207194.jpg

坂城の町名は明治以降のものです。
北信濃としては温暖で、統治した松代藩が藩益として奨励した養蚕関係の売買や
絹製品の生産も盛んでした。

周囲には桑畑が一面に広がっていました。
ここは追分方から坂木宿の入口あたりで、宿場からは離れています。
大きな家ですが、家のつくりから見て、立派な養蚕農家だったようです。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:35 | 北国街道 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2006年12月26日
ツグミ(鶫)
ツグミ(鶫)

1ツグミ1.jpg

ツグミは冬鳥としてシベリア方面から全国に渡来してきます。
地面を飛び跳ねて歩く姿を、馬が跳ねるようだと「鳥馬(ちょうま)」と呼び、
「ツグミ」は、口を「つぐむ」に由来しています。
渡ってきた直後は静かにしているとか、渡ってくる前に急に静かになるとか、
いくつかの説があるようです。
低山や畑などで木の実や昆虫を食べます。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:45 | 野鳥 | コメント(16) | トラックバック(0) ]

2006年12月25日
坂城町 初冬 2 植物を中心に
PC207072.jpg

後の実は収穫したのでしょう。
この部分だけ、柿の実が残っています。
鳥への贈り物、優しさを感じます。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:00 | 千曲市・坂城 | コメント(14) | トラックバック(0) ]

2006年12月24日
メリー・クリスマス
1.jpg

きれいなイルミネーションも豪華なクリスマスツリーも苦手なんです。
坂城の町で見つけた、生のツリーです。
フェンスと電信柱に挟まれて、窮屈そうに生きている木ですね。
飾りがないほうが絵になりそうです。
このツリーは貧弱ですね。それがいいんです。
でも、人に強要する気はありません。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:48 | その他 | コメント(18) | トラックバック(0) ]

2006年12月23日
坂城町初冬 1 風景
PC207042.jpg

坂城町にいってきました。
小諸と長野の中間で千曲川沿いの町です。
何回かに分けて紹介しますが、まず、初冬らしい風景を拾ってみました。
まずは光る千曲川・・・

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:52 | 千曲市・坂城 | コメント(16) | トラックバック(0) ]

2006年12月22日
笛吹川 西沢渓谷  その2
200.jpg

最後の不動の滝です。
この少し上で西沢は京ノ沢と名前を変えて
穏やかな流れとなって、
奥秩父の国師岳から流れてきます。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 00:06 | 山 (地域外) | コメント(16) | トラックバック(0) ]

2006年12月21日
笛吹川 西沢渓谷  その1
今年の写真整理の中から今年一番印象に残った旅を拾ってみました。
季節は春で時期外れですが・・・
五月下旬の奥秩父 笛吹川 西沢渓谷です。
ひとつくらい、季節外れなブロクがあっても・・・
何と言おうと・・・ 言訳ですね。
せめてスタートは地味に行きます。

P5220140.jpg

西沢渓谷の入口に奥秩父を愛した登山家で英文学者の田部重冶の文学碑があります。私の持っている岩波文庫の「ワーズワース詩集」は田部重冶の訳です。
流れをさかのぼってはじめて山の個性が見えてくるという彼の持論は、この笛吹川の遡行から生まれています。
碑文は「日本アルプスと秩父巡礼」の中の一編で笛吹川東沢の紀行です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:40 | 山 (地域外) | コメント(18) | トラックバック(1) ]