掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (9月25日 東小諸より)
P1860895
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習いの、にわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や-記事に関係のないコメントTBは、予告なく独断で削除させていただきます。

熊本地震による被災者の方々には、謹んでお見舞い申し上げますとともに、被災地の一日も早い復旧を心より祈念いたします。 復興には時間がかかることと思いますが、一刻も早い復興を心から願っています。 

2016年09月28日
塩田平へ 雨のドライブ
1
少し前の雨の日・・・

義父の誕生祝に別所温泉で昼食会をすることになりました。

9月は次男、長男の嫁(姪でもあります)、孫と誕生月の身内がいます。

11月は亡くなった父母、そして妻とその弟の誕生月です。なぜこう重なるのかなと・・・
そういえば今日は次男の誕生日、何もしませんが、元気かなと・・・

台風が次々と来て、9月は天気が悪く、佐久市の千曲川もあるはずの河原が消滅して川幅いっぱいに流れていました。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:50 | その他 | コメント(0) ]

近所の花2 ヒヨドリバナとアザミたち
ヒヨドリバナ(鵯花  キク科フジバカマ属)
1ヒヨドリバナ (1)
ヒヨドリは冬になると我が家の撒くパン屑を食べにやってきます。

今は碑一年中見かけますが、ヒヨドリバナは「ひよどり(鵯)の鳴く夏ごろに咲く」からヒヨドリバナと名がついたと言われます。

しかし、ヒヨドリは山の鳥で、昔は、秋10月ころ町にやってきて、冬を越し、春には山に帰って繁殖する鳥でした。しかし、最近は「俺たちャ町には住めないからに・・・」(若い人はこの歌を知らないかも・・・)と今は一年中、町のほうが住み心地が良い、都会に一年中の鳥というような顔をしている鳥が多く、我家のあたりでも、この真夏でもヒヨドリが「ピーピー」と元気です。

もっとも北海道のヒヨドリは冬の北海道は嫌だと津軽海峡を往復する健気なヒヨドリが多いそうです。

ヒヨドリの話ではないですよね。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:42 | 花 植物 | コメント(0) ]

2016年09月27日
ある晴れた秋の日に・・・
0
快晴にはほど遠いですが、半月ぶりの晴れ・・・

青空っていいですね。

午前中は庭木の剪定・・・
梅の木に、花の終わった百日紅など・・・

それからスーパーに妻と買い物・・
米とか重いものがありましたので・・・

午後になって、妻は掃除・・・
その間に散歩に行くことにしました。
でも街中は殺風景なので、サイクリングにしました。
40分くらいの軽いサイクリングですが・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:49 | 小諸 風景 自然 | コメント(2) ]

2016年09月26日
龍岡城あたり 彼岸の墓参りの帰り道 佐久市
17
小海線の龍岡城駅あたりの彼岸花・・・

季節がピッタリですね。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:48 | 佐久市 | コメント(2) ]

2016年09月25日
彼岸の墓参り 十二社と河原宿(佐久市田口)
十二社 (0)
昨日は彼岸の墓参りに佐久市田口地区の先祖の墓地に妻と行ってきました。

このところ天気が悪いですね。
田口地区は群馬県へ越えていく田口峠の街道沿いにあります。
その群馬への山奥は雲に包まれていました。

今日は、晴れ間が見えて青空を久しぶりに見ました。
いい天気になるといいですね。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:51 | 佐久市 | コメント(2) ]

近所の花1・・・  ワレモコウ マルバハギなど
ワレモコウ(吾亦紅  バラ科ワレモコウ属)
0ワレモコウ (1)
われもこうは地味ですね。この蕾のような、実のような花は小さな花の集まりです。
もっともこの姿は、もう花は終わって花弁の落ちた花の咲き終わった集団です。
花の時期はわりと早く、大体、夏以降に見るのはこの姿です。

でも花が地味ですが、秋の遅くまでこのような姿ですので、実際には花は終わっているのに咲いているように見えます。

人は「われもこうが咲いている。秋らしいわね」と言います・




続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:49 | 花 植物 | コメント(2) ]

2016年09月24日
小諸宿本陣を少し・・・
1
江戸時代、小諸は小諸藩の城下町とともに北国街道の宿場町でもありました。金沢の前田百万石のはじめ北陸や越後、北信濃の殿さまが参勤交代をしました。松代の真田家も使いました。その数は十数家だったようです。
その殿さまが泊まった「本陣主屋」です。

小諸宿は追分宿で中山道と分かれた北国街道の最初の宿場町で幕府公認の宿駅、旅籠はもちろん本陣もありました。

ここは小諸駅に隣接する大手門公園内のせせらぎの丘にあります。江戸時代は小諸城内の根津曲輪のあったあたりです。本陣は城内にあるわけはないですね。
この本陣主屋は明治維新後に廃業となり、明治11年(1878)年に佐久市鳴瀬の桃源院に移築され本堂と庫裡となっていましたが、平成7年に桃源院から小諸市に寄贈され、元の場所に近い、小諸駅との間に移築し歴史資料館として開館しました。しかし、来館者が少なく、平成17年より休館、平成24年より春から秋の観光シーズンに手仕事などの展示ともに公開されています。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:10 | 小諸 町 祭り | コメント(2) ]

2016年09月23日
一昨日の懐古園  小諸城跡の小さな秋・・・
1
動物園から小諸城跡の本丸へ・・・
ポツンぽつんと小さな秋見つけた・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:26 | 小諸 風景 自然 | コメント(2) ]

2016年09月22日
昨日の懐古園  動物園にて
1
台風が去って、台風一過を期待したのですが、昨日も今日も雨模様・・・
遠出は無理のようです。

そういえば母親の逝去、初盆、そして相続などせわしくて、3ヶ月ほど懐古園に行っていないので、行ってきました。時折、時雨れる感じでしたが、傘をさすほどではなく1時間ほどの散歩を楽しんできました。

まずは懐古園の入口の小諸城三の門・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:29 | 小諸 風景 自然 | コメント(2) ]

2016年09月21日
彼岸花など  彼岸について
ヒガンバナ(彼岸花  ヒガンバナ科ヒガンバナ属)
1ヒガンバナ (1)
明日はお彼岸の中日なので、墓参りに行く予定です。
今回は花をいくつか紹介しますが、彼岸についての話になりそうです。

白秋には彼岸花の別名の「曼珠沙華」という詩があります。山田耕筰が作曲した歌曲でもよく知られています。この詩に関しては亡き子を偲ぶ詩など、解釈はいくつかあるようですが、白秋らしい、不気味な感じの詩です。

ただ、曼珠沙華は天上の花という意味だそうです。彼岸花は彼岸の頃に咲く花という意味で、季節を間違えないで、時を告げる花です。どちらの名前も不気味な意味合いはないようです、



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:51 | 花 植物 | コメント(2) ]

2016年09月20日
身近な蝶たち たまには蝶たちも キアゲハ アカタテハ ミドリヒョウモンなど
キアゲハ(黄揚羽アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
1キアゲハ (1)
このキアゲハは、小諸郊外の飯綱山公園の山頂近くで撮影しました。

郷でも見かけることの多い蝶ですが、山の頂でよく見かけます。山頂にいるのはオスで山頂占有性と、呼ばれます。やがて来る雌を待ち伏せ交尾することです。他の蝶が来ると追い払います。

じっと「来るはず」と頂きを守る・・・
飯綱山公園の山頂は富士見城という城のあったところ、今は富士見城の城主なのかもしれません。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 12:18 | 蝶 トンボ 虫 | コメント(2) ]

2016年09月19日
飯綱山公園から湧く水の里へ
1
女心と秋の空・・・

この日は朝のうちはご機嫌が世の無かったようですが、昼頃から良くなったようです。

「男心と秋の空」という言葉もありますね。意味合いは違うようですが。人の心は変わりやすいということのようですね。

秋の雲も、色々と変わっていきます。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 08:04 | 小諸 風景 自然 | コメント(6) ]