掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2017年08月11日
の顔つきから思
1403078398

の顔つきから思
「でも、正確には洞窟じゃない。峰の内側の奥に洞窟があるのかもしれないが、開口部は大きな戸口といったほうが近いですね。両側に円柱があって、入口の上に見慣れた顔がある安利
ほうを向いた。「ぼくたちはちょうど互角だと言わなかったか?」
「そなたは最低五人と互角であろう、ベルガリオン?」シラディスは率直に言った。
「まあその--」
「引き連れてた、と言ったな」ベルガラスが兄弟に言った。
「星をちりばめたわれらが友は、そのドアだかなんだかがくっついてるしろものを、数人のグロリムにむりやり突破させようとしたんだな。だがグロリムどもはそれに失敗した。そのとき、ドアを封印している力が働いたのか、ザンドラマスが堪忍袋の緒を切らしたのか、おれにはよくわからんが、とにかく、五人ばかりのグロリムがその瞬間にあきらかに死んじまったんだ。ザンドラマスはののしり声をあげながら外を大股に歩きまわっていたよ。ついでだが、グロリムどもは全員頭巾の内側に紫色の裏地をつけてるぜ」
「じゃ、魔術師なんだわ」ポルガラがひややかに言った。
「グロリムの魔術はそれほど深いもんじゃないさ」ベルディンは肩をすくめた。
「ザンドラマスの皮膚の下に光があらわれているかどうか見えたのかい?」ガリオンはたずねた結膜炎
「ああ、見えたとも。まるで夏の夜の蛍でいっぱいの草原みたいな顔だった。他にも見えたものがあるんだ。あのアホウドリがそこにいるんだよ。おれたちは会釈をかわしたが、立ち止まっておしゃべりしている時間はなかった」
「あの鳥はなにをしてたんだ?」シルクが疑わしげにたずねた。
「ただふわふわと飛んでいた。アホウドリがどういうものか知ってるだろう。やつらは一週間に一度しか翼を動かさないんじゃないかと思うね。霧が薄くなってきてる。外に出て、あの野外劇場の真上のテラスのひとつに立って、この陰気な雰囲気を追いはらっちゃどうだ。霧の中から黒い人影の一団があらわれるのを見たら、ザンドラマスのやつ、ぎょっとするぜ。そう思わないか?」
「わたしの赤ちゃんを見たの燃燒脂肪 飲品?」セ・ネドラが真剣にたずねた。
「あの子はもう赤ん坊じゃないよ。あうに、どうも連れの仲間があまり好きじゃないようだ。あのようすからすると、やつらに負けないぐらい不機嫌になりつつあったな。ガリオンがあそこへ行って、剣を渡すことができりゃ
[ 投稿者:tianlang at 13:05 | IT | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/89.72/a03656/0000536770.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/89.72/archives/0000536770.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 2 x 1 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら