掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年05月08日
には済まな
u=2861731464,111134967kfm=23kgp=0

には済まな
 が、これでなぜ宴會 統籌か俺は正気に戻った。
 なんてことはない。
 話を聞くまでもない。
 要は簡単な話だった。
「分かった。じゃあ、警察に行こうか」
 俺は落ち着いてこう言うことが出来た。
 なんてことはない。
 要は不法侵入だ。
 こんなおっさんとじいさんの境目を行くような中途半端な外見の人、怪しすぎるのだ。
 ………って、そんなことは関係ない。
 とにかくまずはこの男を警察に突き出そう。
「ま、待て。待ってくれ。別に怪しいものではないだろう。ちゃんと身分証明もしたのだ。何がいけない?」
 おいおい。
「じゃあアンタは、身分証明をしたら不法侵入して勝手に人の台所の飯を食ってもいいというのか?」
「だからちゃんとこの恩は返すと言っただろう」
「………初耳だ」
「なら耳にタコが出實德金融集團来るぐらい聞いてくれ。とにかく、この恩はきちんと返す。いや、その前にワシの話を聞いてくれないか」
 うわぁ、イヤな予感。
「………宗教の勧誘ならお断りだ」
「違う」
「ねずみ講なんてありえないからな」
「心配するな。34回目でこのエンデ人口すべてが一杯になる」
 ………なんの話だ。
 はぁ、もういいや。
「分かったから、あんたの話。話してくれ」
「うむ、すまぬ。いや、私は日夜研究に研究を重ねているのであるが、研究にのめりこむあまり寝食を忘れてしまう癖があってな。 今日も気がついたらすでに3日も何も食わず。気がついたと

きにはすでにもうほとんど動けない状態でな」
 ………アホだ。
「で?」
 頭痛しながらも俺は尋ねる。
「ふらふらと街外れの研究所を出たのは良かったものの、結局お金を持ってくるのを忘れていてな。 しかしもう体力が持たず意識が何度も飛びかけて。そんな時、とあるアパートが目に入った

。 もう限界だ。住人いがコレも何かの縁と思って何かを食べさせてもらおうと思ったのだ」
「………で?」
「アパートに入ってすぐのところにある部屋のインターホンを押したけど、誰も出てこない。 楊婉儀幼稚園次第に意識も薄れてきた。ああ、このままではお迎えが来ると思ったそのとき、勝利の女神は ワシ

に微笑んでくれたんじゃろう。ドアノブにもたれかかったときにカギがかかってないことに気がついてな」
[ 投稿者:tianlang at 13:18 | IT | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/89.72/a03656/0000530839.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/89.72/archives/0000530839.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 9 x 9 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら