掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2004年09月21日
御用報道機関に成り下がったアメリカメディアとそれに追従する日本のマスコミ
21世紀最初の年を象徴する日付、それは紛れもなく9/11であろう。アメリカン・ライフのシンボルであったツインタワーの崩壊は、そのままアメリカというシステムの崩壊の兆しでもある。9.11以降、アメリカというシステムの没落を示すさまざまな出来事が起こっているが、その中でももっとも深刻な事態のひとつがジャーナリズムの「死」である。9.11以降のアメリカメディアは、政権内部に取り込まれたも同然の状態に堕し、国民が権力者たちを監視するために必要とする冷静な分析に基づいた情報を提供するという役割を完全に放棄した。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:empire at 15:14 | 政治とジャーナリズム | コメント(0) | トラックバック(0) ]

イスラエルの核兵器
以下の記事は、フランスの全国紙ル・モンドに掲載された記事の私訳である。現在の世界情勢を考える上で中東問題は最も深刻な問題であり、その中心にはイスラエルという国家を巡る問題がある。アメリカの内政及び外交政策にイスラエル・ロビーが強力な影響力を持っているということは、多少なりとも世界情勢に関心のある人間にとっては周知の事実である。ところが、この国では国際=アメリカで、アメリカ以外の国の情報はほとんどマスコミに取り上げられることがない。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:empire at 15:04 | 政治とジャーナリズム | コメント(0) | トラックバック(0) ]