掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年09月19日
相変わらずのあれ
数日前の、起きている状態がやっとという醜態から、なんとか体制を持ち直し、ここ数日は順調に制作を進めております。いや、気分の波という物は、なかなかに厄介なものです。
しかし、未だ外に出ることは億劫で、ご無沙汰をしておる次第であります。
なんと言いますか、僕の矮小な心の内を明かしますと、辛いのです。頑張っている人、力強く生きている人、そういった人を見ると、自身が酷く惨めな存在に思えてくるのです。
嫉妬という感情ではなく、只々、自分がちっぽけな人間であると感じられるのです。
故に、作家として、人と関わることが、恐ろしいのです。
啄木が、こんな歌を詠んでいましたね。
「わがこころ
けふもひそかに泣かむとす
友みな己が道をあゆめり」
まあ、正に、そういった心持な訳でありまして。
少し前までは、寧ろ自分に自信を持てていたと思うのですが…。それが虚勢であれなんであれ、自身の芸術を語れていたのです。例え、この脳が薬に侵され、回転力が低下していたとしても、それでも、自身の言葉で芸術を語れていた様に思います。
恐らく、自信をなくしてしまったのでしょう。
自分という物が希薄になっている。我を通し、我を求め、結果、我が何か解らなくなってしまいました。
歳を取り、心が老い、弱ってしまっただけかもしれませんが。
しかし、これは、この道は、自身の芸術を追求するならば通らねばならぬ道なのでしょう。殊、芸術の為の芸術とやらの真髄を見極めようとするのであれば。
遺書である「或阿呆の一生」の最後の章を「敗北」と題し、芥川は、こう締めくくっています。
「彼はペンを執る手も震へ出した。のみならず涎さへ流れ出した。彼の頭は〇・八のヴエロナアルを用ひて覚めた後の外は一度もはつきりしたことはなかつた。しかもはつきりしてゐるのはやつと半時間か一時間だつた。彼は唯薄暗い中にその日暮らしの生活をしてゐた。言はば刃のこぼれてしまつた、細い剣を杖にしながら。」
彼の悲哀に比べれば、僕の杞憂等、大したものではないでしょうが、それでもやはり、堂々と作家として立ち振舞える程、僕は強くはないようです。
申し訳ない限りであります。
強くなれずとも、強く在りたいものです。
[ 投稿者:Rock at 22:00 | ぼやき ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/89.28/archives/0000540016.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら