掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年12月07日
米国の住宅産業界の人々の創意工夫
ニューアーバニズムのコンセプトに基づくTNDを中心とした先端的な開発では、地域の歴史や文化に根づいて耐久性が高く、より高品質のデザインを求める傾向が強い。 そして、特に高密度開発地区においては、デベロッパーがデザインしたものを、購入者に選ばせる方法が一般的で、どれだけ自分のライフスタイルや好みにあった住宅に設計したいという消費者の要望に沿えるかが、ハウスメーカーや工務店の重要な訴求事項になっている日本とは大いに事情を異にする。 (2)土地の価格が、安定的に維持されなければならない。 ①米国の場合は、毎年すべての州で人口増加が見られ、常に量的な需要圧力があり、基礎的な住宅不動産評価価格の下支え効果を及ぼしている。
[ 投稿者:サンコン at 16:18 | 暮らし | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/88.96/a03176/0000565102.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/88.96/archives/0000565102.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 8 x 4 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら