掲示板お問い合わせランダムジャンプ

Google広告

2013年04月22日
BYODが日本で普及できない訳



BYODが日本で普及できない訳



個人の私物を業務使うことは、デバイスを支給出来ない貧乏会社では昔から普通にやっていた。BYODは普及済みだった訳だ。



金持ち会社は業務効率のために個人用デバイスを支給するのは当然のことだった。BYODなど不要のことだ。余計なリスクを背負う必要はない。



ただし、



BYODのためのソフトウエア環境を整備するベンダーにはビジネスチャンスはある。社員の公私混同への対応としてセキュリティソフトをインストールすることは歓迎される。嫌、それが支給・貸与の条件にされるだろう。



.*.
[ 投稿者:ISMSNEWS at 09:17 | ISMS四方山話 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/88.86/a14050/0000414327.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/88.86/archives/0000414327.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 5 x 4 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら