掲示板お問い合わせランダムジャンプ

Google広告

2013年04月14日
BSIジャパンでは良い審査が出来ない理由



BSIジャパンでは良い審査が出来ない理由



「BSIジャパンでは良い審査が出来ない訳ない理由」とも読める?。最低と最高が同居するのがこの審査機関だろう。良し悪しは審査員によるということだ。他所の審査機関も基本的には同じだね。一人でも馬鹿が居れば審査機関の評判が落ちる。他の連中が頑張って支えているわけだが、支えきれるわけない。しかも上出来の審査員は既に老人。



契約審査員の中には有能な人がまだ残っているが、社員の審査員は年々駄目になってきた。ある意味では無理が無い。実務経験の無い若手が中核になってくのだから、発揮できるパフォーマンスもクライアントが期待するものからずれていく。



加えて下手な改善活動が事態を更に悪くする。一つの要因は審査チームリーダーに過渡の負担が強いられていること。スーパーマンで無い人にスーパーマンのように振舞うことを要求している。スーパーマンどころかIT業務経験の殆ど無い人が審査をしている始末だ。共感のないままの表層的な審査になるのも無理からぬことだ。



クライアントとしては頓珍漢な質問でも聞かれたら応えるしかない。具合の悪いことに自分はスーパーマンと勘違いしている審査員まで登場。若いのに頭の中は体育会系のカチンカチンで柔軟性ゼロ。ついには一目千里まで言い出す不遜の輩まで出現している。ある輩は、この一つの質問で規格のこれからこれ、これとこれのチェックが一気に出来ると胸を張っていた(どういうことだろう?規格も正しく理解していない?直球ど真ん中の質問は?)。



審査員も以前は玉石混合だった。今は玉の影が薄くなってきた。目立つのは詰まらない石ばかりが目立つ感じだ。



IT実務も改善実務も知らない、しかし自己主張は怠らない、そういう連中が幅を利かせ始めたであろうBSIジャパンはこれからが正念場だ。



.*.



世代交代と審査の連続性:



他の審査機関も世代交代は始まっているが根本的な違いがある。国内企業との互恵関係のある古い付き合いの審査機関とでは人材採用の中身がまるで違っている。基本は教育訓練が終わった人を採用している。



新規の審査ビジネスとして始めたところは未経験者も採用するかもしれない。安い早いを武器に既存の他社のクライアントの取り込みに積極的だ。しかし将来的にはBSIジャパンのようなジレンマを抱えることになるだろう。



緩い審査で始めれば緩い審査を続けるしかない。



実務経験の少ない後継者は文字通り緩いだけの審査になる。口頭の部分が消えてしまうからますます怖い。
[ 投稿者:ISMSNEWS at 09:08 | ISMS四方山話 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/88.86/a14050/0000414321.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/88.86/archives/0000414321.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 3 x 8 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら