掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

Google広告

2015年02月07日
ベネッセの情報流出防止策にボディースキャナー?管理策がピンボケ?




ベネッセの情報流出防止策にボディースキャナー?管理策がピンボケ?



http://www.jiji.com/jc/zc?k=201502/2015020200437&g=eco

ベネッセ、最新のボディースキャナー導入=情報流出を防止

 ベネッセホールディングス(HD)は情報流出防止策の一環として、空港などに設置する最新型のボディースキャナーを導入する。納入する伊藤忠商事子会社の日本エアロスペース(東京)が2日、発表した。情報セキュリティー会社のラックと共同出資で設立した情報システム運用保守会社、ベネッセインフォシェルの岡山市の本社ビルに設置する。(2015/02/02-14:28)



運用センターにプラスティック爆弾が持ち込まれるのを防止するのかな?。データセンターならインフラの要だからこの管理策は当然必要。

しかし、情報漏えいの管理策としては歯がゆいくらいだ。目的と方向が逆でしょう。それに要点の押さえ方もずれているような。

見かけは大げさだから対外的なアピールにはなるが、肝心が抜けていないか、気になるところだ。



こんなものを入れたら別の問題が出そうだ。派遣社員を虐めたら一気にブラック企業行きだ。

[ 投稿者:ISMSNEWS at 20:46 | ISMS四方山話 | コメント(0) | トラックバック(0) ]