掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

Google広告

2006年07月24日
ISO15489
ISO15489はレコードマネジメント関する国際標準。

レコードの「真正性」「信頼性」「完全性」「利便性」の確保についてのガイド
レコードの生成から処理(利用?)・保管・保存・廃棄までのライフサイクルの中での管理ガイド。要求規格ではない。文書管理に対する記録管理に近い概念か、トータルな文書管理に近い概念かは未確認。

マネジメントシステムの国際標準では文書管理・記録管理についての要求が含まれるのでその時のレベルとして求められる内容はこのISO15489を踏まえていることが一つの目処となるであろう。

2001年に制定されたものが現在改訂作業中の様子。2001年版のJIS化:JIS X
0902-1、-2は2005年に行われた。

今回のISO15489改訂でマネジメントシステム(ISO9000/14000/27000)との関連をどのように記載するかは関心の持たれる所です。
[ 投稿者:ISMSNEWS at 21:04 | (道草) | コメント(0) | トラックバック(0) ]